僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【自意識過剰系残念美少女】戯れ言――死なないで!明日川さんについて【感想/単行本】

【自意識過剰系残念美少女】戯れ言――死なないで!明日川さんについて【感想/単行本】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920033824j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】 

週刊少年マガジンで連載中

是非とも強くお勧め、かつ打ち切りを避けて長期連載、あわよくばアニメ化を期待している作品なので、臆面もなくダイレクトマーケティングする所存となった。

キャッチコピーは「青春は、死にたくなるほど恥ずかしい!」

本誌巻頭カラーかつ一挙2話連載、というプッシュぷりでスタートしたものの、まだ作品のWikipedia単独ページがない事に、ちょっと不安を覚えている。「いや、だったらお前が作れよ」というツッコミは勘弁。忙しいのである、色々と。

コミックスは現在2巻まで発売中。

3巻は11月予定だから、いい刊行ペースである。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920034534j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920034552j:plain

 

萌え系とは少し違う絵柄である。

美少女絵師として通用するかは疑問なレベルであるが、ギャグ系漫画としてキチンと美少女なキャラを外連味なく表現できていると思う。デォルメやコミカルな表現が上手い。

何よりも「正統派な黒髪ロング」として、明日川玲は綺麗にキャラデザされているのが、読んでいて心地よいのだ。

個人的には幼い感じよりも、凛々しい風に描かれた明日川さんが好みだ。

さあ、みんな! 単行本を購入してくれ。

主に作者の高畑先生よりも、この作品を気に入っている僕の為に。

明日川 玲とは?

高校1年生のJKであるが、コミュ障だ。

察するに成績は上位(でなければ完璧扱いされない)かつ、運動神経と身体能力も高い(バッセン通いが趣味)のと、何よりも清楚で眉目秀麗なルックスの影響が大きく、周囲に過大評価というか、めっさ誤解されている子だ。

完璧でスマートな美少女、明日川玲と。

実相は周囲の反応(ありもしない自分への陰口)に怯える自意識過剰な子である。

そして本人、ぼっちである事を知られてしまうのを極度に恐れているのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920040042j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920040056j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920043939j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

自意識過剰から被害妄想に憑りつかれ、斜め下をいく「誤魔化し」で窮地を切り抜けた(つもり)でいる本人を、周囲が誤解して更に持ち上げる、という勘違い系のテンプレともいえるが、とにかく明日川さんというキャラが際立っている。

明日川さん可愛いよ明日川さん

ラブレターを貰った事により緊張してしまう明日川さん。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920040521j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

実は高校入学以来7人目だ。彼女にラブレターを送ったのは。

もっとも斜め下に曲解する明日川さんは、強引に「ラブレターを装った殺害予告だ」と解釈し、待ち合わせの場所に行かず、あえなく7人目のチャレンジャーも不発に終わってしまうのだが。良かった、明日川さんがフリーのままで。

見栄を張るからだよ、明日川さん

ぼっちである事を周囲に隠す為、明日川さんは毎度毎度、苦し紛れな機転でその場を凌ぐというか、やり過ごす。これは第1話での場面だ。

ぼっち飯を見苦しくも誤魔化そうと画策、最後は屋上に辿り着くも、他に人目(クラスメート)がやってきてしまう。こんな場所にまで、と絶望する明日川さん。

彼女的に絶体絶命のピンチである。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920041052j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920040955j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

勝手に追い詰められたと思った明日川さんは、逃避の為に自殺を考える。

次いで、連鎖的に自殺後のワイドショーを妄想するのだ。

そのワイドショーの名物コメンテーター、石瓦さんのアレな反応にツッコミを入れたところで「やはり自殺はできない」と、己に(基本的に明後日の方向でダメに)向き合う――までが、流れとしてのお約束となる。

前振り(様式美)が終わった後、オチが炸裂。

屋上でぼっちではないとアピールする為、やってもいないし興味すらない為替取引をしている風に誤魔化してしまう。そんな明日川さんを「株やってるんだ、やっぱり明日川さんは凄い」と周囲は持ち上げるのであった。

うぅ~~~~ん、このッ!

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920043804j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920044117j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

プラスにもマイナスにも正しく自業自得。

こんな誤魔化しの繰り返しが積み重なり、明日川さんは美化されていく——

僕達はそんな彼女を生暖かく見守ろう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Cカップは立派だよ、明日川さん

自意識過剰な彼女は男子が話す胸のサイズにまで、その意識を及ぼしてしまう。

なぜか貧乳と蔑まれたと誤解するのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920042543j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

だが、「貧乳ではない。Cカップはあるのだ」と己に言い聞かせる彼女。

バストを強調する為に、新しいアンダーを買いに行く。母親が(子供の為に)買った物ではなく、初めて自分(の小遣い)で買った物(オシャレ=自意識)だ。まあ、自立への第一歩といえば、一応はそうなのだが(汗

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920042845j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920042914j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

いやいやいやいや。違うよ、明日川さん。

Cカップは爆乳じゃねえよ。

認める認めないという問題でもないし。

いつも通りの勘違いを発動させた明日川さんであるが、やっぱりオチが付く。そんでもって彼女は(母親手製の)カレーが好物だと判明するのであった。

君は魅力的だよ、明日川さん

割と共感できる面もある彼女の一面をご覧あれ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920043509j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920043535j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920044508j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

本当に完璧美少女だったら嫌味だよね。

こういった「いかにも」な人間味が彼女の魅力だ。

親友1人と友人も追加されるよ

るなちゃんについては、正直いって後付けっぽい。

ここから先、ストーリーを広げる意味での大英断だったのだろう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920045612j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

同系統の「誤解され」キャラとして千雨も登場。

単行本派の為に、詳しくは第3巻(既刊と合わせて)を購入ねがいます。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190920050107j:plain

引用元――死なないで!明日川さん(漫画:高畑 弓、講談社)より抜粋】

 

——とまあ、ざっくばらんに宣伝してみた。

 

 

さあ、君も明日川さんの虜になろうッ!

【在庫あり/即出荷可】【新品】死なないで!明日川さん(1-3巻 全巻) 全巻セット

価格:1,485円
(2019/11/20 05:47時点)

 

興味を持ってくれたのならば少年マガジン本誌で読んでみて欲しい。そして気に入ったのならば、迷わず単行本を購入だ。

僕と一緒に、明日川さん(の青春)を応援してくれると嬉しく思う。

追記:
【悲報】3巻打ち切りに

哀しいけれど、これって現実なのよね。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191119060034j:plain

 

ネタ切れ感が激しかったからなぁ(泣

演劇が最後の花火だったか。残念だ。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆