僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
 — 最 新 記 事 —

【感想・レビュー】戯れ言――2024年放映のアニメ、個人的ランキングを作成してみた

【感想・レビュー】2024年放映のアニメ、個人的ランキングを作成してみた

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、今日も戯れ言 記事 ゴト を始めますからね

 

この記事は2024年04月02日が初アップだ

注記)当記事は、最終的に年の終わりである2024年の秋アニメまで、データを追記していく方式を採っておりますので、どうかご承知おきください。

2023年度の個人的ベスト10


www.youtube.com

2023年:個人的ベスト10

全291作品

第10位『お兄ちゃんはおしまい!』

第9位『BanG Dream! It's MyGO!!!!!』

第8位『16bitセンセーション ANOTHER LAYER』

第7位『SPY×FAMILY Season2』

第6位『薬屋のひとりごと』

第5位『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』

第4位『わたしの幸せな結婚』

第3位『呪術廻戦 (第2期)』

第2位『【推しの子】』

第1位『葬送のフリーレン』

◆合わせて読みたい◆

冬期:1月~3月放映作品

メインブログ【アニメを斬る!】の記事で「視聴した作品をメインとして」会話形式で語っているので、できればそちらの記事を先に参照ねがいます。

www.animewokill.com


www.youtube.com

クソアニメ枠について語る

強いて挙げるのならば「原作の良さが活かされていない」と批判された『スナックバス江』だろうか。個人的には『ぶっちぎり?!』も、なかなかに酷かった気もする。クソアニメっていうよりも、視聴者がレアな超低空駄目「空気」アニメって感じだが。

そして、この記事は少しずつ書き足しているのだが、放映10話までは覇権候補だった『ブレイバーン』であるが、まさかの事態、第11話で垂直落下してクソアニメ化した。うぅ~~ん、こんなケースは自分的には初めてなので、戸惑いと失望とが入り混じっている。最終12話で持ち直して大団円だったが。まあ、最終回後の円盤予約状況が爆上げだったので、内容はクソアニメ寄りでもエンタメとしては大勝利、だろうか。

簡単に感想とか評判を述べていく

続編・2期以降の作品について――

『青の祓魔師 島根啓明結社篇』『うる星やつら 第2期』『カードファイト!! ヴァンガード Divinez』『キングダム 第5シリーズ』『弱キャラ友崎くん 2nd STAGE』『SYNDUALITY Noir 第2クール』『月が導く異世界道中 第二幕』『HIGH CARD season2』『BASTARD!! -暗黒の破壊神-地獄の鎮魂歌編』『火狩りの王 第2シーズン』『僕の心のヤバイやつ 第2期』『マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編』『闇芝居 十二期』『ようこそ実力至上主義の教室へ 3rd Season』『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd』

 

マッシュルのOPがバズった。その効果で、2期目だというのに1期目より本編の方も注目を集めるという好循環。その他は、まあ、空気作(うる星はぶっちゃけ大失敗の類だろう)はあっても悪い意味で目立ったり叩かれたり、批判された作品はなかった様に思える。

『よう実3期』『僕ヤバ2期』は好評だった。特に『僕ヤバ』は1期よりも更に人気を上げて、今期の四天王評価だと思う。共に原作が大人気だけある。

 

初登場:オリジナルアニメついて――

『GREAT PRETENDER razbliuto』『月刊モー想科学』『超普通県チバ伝説』『ぶっちぎり?!』『ぽんのみち』『明治撃剣-1874-』『メタリックルージュ』『勇気爆発バーンブレイバーン』

 

期待していた『メタリックルージュ』は本当に映像美だけ。それだけでも個人的には満足だったけれど。期待していなかった『ぶっちぎり?!』はとにかく古臭く、そして主人公が受け付けなかった。クソアニメ以下の空気作という評価だろうか。

内容の無さから駄作認定されているっぽい『ぽんのみち』は、想定内の美少女動物園。頭空っぽで楽しめた。ノンストレスはありがたい。結局、個人的にトータル評価で1番よかったのがコレ。スポンサーが力入れているのも納得だ。

ダークホースだったのが『ブレイバーン』である。第10話までは今期の覇権評価だ。少なくとも個人的には。悲しい事に支離滅裂な11話でクソアニメ化してしまったが。ラストは良い意味でお祭り的な大団円だから、その11話以外を見れば良いと思う。ホント、それくらいピンポイントで擁護できない回だったなぁ。

 

初登場:なろう系の作品について――

『悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~』『異修羅』『異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。』『俺だけレベルアップな件』『外科医エリーゼ』『最強タンクの迷宮攻略~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~』『最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。』『佐々木とピーちゃん』『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』『治癒魔法の間違った使い方』『名湯『異世界の湯』開拓記 ~アラフォー温泉マニアの転生先は、のんびり温泉天国でした~』『ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する』

 

『異修羅』は思いの外、低空飛行な印象かな。dアニメで未配信なのが痛かったか。海外で大人気の『俺だけレベルアップ』は、日本での受けは今一つ。原作が反日の韓国産ってのを慮外すると、なろう系であっても工夫がみえて個人的な評価は高い。海外で人気が高いのも納得である。主人公のイキリっぷりは嫌いじゃない。

個人的に高評価な面子は『悪役令嬢レベル99』『即死チート』の2作であった。

『佐々木と~』は、話の主軸がとっ散らかっている感じで、かつ作画がボロボロになっていたのがマイナスポイントだ。それにメインヒロインが誰だか分からないのも、視聴していて「う~~ん」って感じ。『ループ7回』も悪くない評判だが『レベル99』があるので、個人的には悪役令嬢枠として今期2番手という位置づけだと思う。

『治癒魔法』は平均的に評価が高かったのでは?

 

恋愛・ラブコメ系の作品について――

『愚かな天使は悪魔と踊る』『結婚指輪物語』『百千さん家のあやかし王子』『道産子ギャルはなまらめんこい』『ゆびさきと恋々』

 

『道産子』がラブコメ枠の覇権だろう。というか、他の4作が空気に過ぎる。

しかし個人的には『結婚指輪』については、それなりに楽しめた。メインヒロインの体形がエロかったし。主人公は凡百な反面、不快感がゼロというのも良かった。ストーリーも意外性がない(そもそも原作付き)が、王道でストレスなしだった。構成として分割2クールなので、最後まで視聴したい。

 

その他、全ての作品について――

1月時点、海外はともかく国内の話題は『ブレイバーン』がかっさらっていった上に、劇場版ガンダムSEEDの大成功もあって、このクールって前途した作品以外は(3月に入るまで)話題というか記憶に残らなかった。

 

覇権候補と目していた『異修羅』は、うん、あかんかった(笑

アニメに向いた原作ではなかった様である。原作から付いているファン以外には空気で、止まれない2クール目があるけれど。新規ファン獲得は厳しいか。

 

『まほあこ』は原作付きなのにアニメ化で一気にブレークした。

面白かった。主人公のキャラが良かったと思う。

予想外のヒットだった様で、2クール目の制作発表はなし。『ぼざろ』『リコリコ』と同じケースだ。予算は充分でも今からスタッフのスケジュール確保だ。

 

『姫様拷問』も受けていたし、自分も面白いとは思うのだが、やっぱり単調というかワンパターンな部分が視聴後半につれて飽きる。これも2クール目があるが。

四天王は固いと予想していた『ダンジョン飯』は、絶賛する視聴者も多かったが、自分は海外の反応寄りの感想で「期待ほどではなかった」という評価。魔物を材料にした架空の料理を見せられても、これなら『とんスキ』ムコーダのリアル飯の方が美味しそうに見える。それでも75点くらいの総合点は付けられるけれど。

ちなみに連続2クール以上の放映で、どうやら原作ラストまでやる模様。

 

『スレイブ』は同じ原作者の作品からしても想定内の出来。こんなもんだろう、と。しかし原作を読もうとまでは思えなかった。これも分割2クールだ。ってか、ここ最近は分割2クールが多いなぁ、ホント。

『休日のわるものさん』は面白かった模様。

『邪神ちゃんドロップキック【世紀末編】』は観たが、1話ぽっきりの(内輪受けに特化した)特別編だったしなぁ。『ポケモン』新シリーズも(ファンおよび製作側としては)期待外れな結果っぽい。

 

『戦国妖狐』はアニメの質が高い原作付きで、おまけに原作完結済みであるが、予想以上に話題にならなかった。主人公交代の2部構成で原作ラストまでやる予定とのことだが、今の時代は昔の作品のアニメ化で注目を集めるのは難しいのだろう。

 

今年のプリキュアは『わんだふるぷりきゅあ!』であるが、魔法使いシーズン2と思っていたから意外だった。これ斬新だけれど迷走している設定に思えるが。

四天王および個人的ランキング

◆四天王

〇魔法少女にあこがれて

〇勇気爆発バーンブレイバーン

〇僕の心のヤバイやつ 第2期

〇俺だけレベルアップな件

 

◆「個人的」優秀作品

〇悪役令嬢レベル99

 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~

〇休日のわるものさん

〇佐々木とピーちゃん

〇治癒魔法の間違った使い方

〇望まぬ不死の転生者

〇即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

〇ダンジョン飯

〇戦国妖狐

〇道産子ギャルはなまらめんこい

〇HIGH CARD season2

〇姫様“拷問”の時間です

〇ぽんのみち

〇魔都精兵のスレイブ

〇メタリックルージュ

〇結婚指輪物語

〇ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

春期:4月~6月放映作品

メインブログ【アニメを斬る!】の記事で「視聴した作品をメインとして」会話形式で語っているので、できればそちらの記事を先に参照ねがいます。

www.animewokill.com


www.youtube.com

クソアニメ枠について語る

『HIGHSPEED Étoile』『出来損ない~』『神は遊戯に~』の3作が、このクールのワースト争いというか、クソアニメ三銃士である。これに信者からすら不評の『ブルアカ』を加えると、クソアニメ四天王が完成だ。

『ハイスピ』は良い面も多かったのだが、ダメな面がそれ以上に目に付いた。というか、レースモノは鬼門といって良い。面白くするのが難しいジャンルだ。個人的には好きだったのだが、まあ、5話以降はかなり持ち直した印象であるが、総合的にはワーストではないがクソアニメ評価は免れてない出来だ。もっとレース回があれば。

『出来損ない~』は、とにかく低予算。なにもかもが誤魔化しな上に、原作力もなかったので、本当にどうしようもなかった。制作陣は頑張ったと言えよう。

そしてキング・オブ・ワーストは『神は遊戯に~』で決まりだと思う。視聴者の評価が『ライアー・ライアー』以下である。辛辣な話、凡百のラノベアニメの最下層だ。

内容は古臭い凡アニメでしかなかったが、最終回前の11話でアパートが巨大ロボに変形&公式が「覇権を狙っていたけどダメでした(意訳」ポストで「空気作から」一瞬だけ話題になった『アストロ』は、うん、爪痕残したかな?

簡単に感想とか評判を述べていく

続編・2期以降の作品について――

『アイドルマスター シャイニーカラーズ』『あんさんぶるスターズ!!追憶セレクション「チェックメイト」』『鬼滅の刃 柱稽古編』『黒執事 寄宿学校編』『この素晴らしい世界に祝福を!3』『時光代理人 -LINK CLICK-Ⅱ』『死神坊ちゃんと黒メイド 第3期』『シャドウバース F アーク編』『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac バトル・サンクチュアリ Part2』『デート・ア・ライブⅤ』『転生したらスライムだった件 第3期』『刀剣乱舞 廻 -虚伝 燃ゆる本能寺-』『にじよん あにめーしょん 2』『響け!ユーフォニアム3』『僕のヒーローアカデミア(7期)』『魔法科高校の劣等生 第3シーズン』『無職転生 Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~ 第2クール』『ゆるキャン△ SEASON3』『魔王学院の不適合者 Ⅱ ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ 第2クール』

 

『シャニカラ』『転スラ3』は、ぶっちゃけ不評だった。特に前者は虚無アニメ、ワーストレベル評価の虚無、後者は会議アニメと揶揄されてしまう。

逆に好評だったのが『このすば3』だろう。4期もほぼ確定っぽいので気長に待ちたいと思う。対して『ゆるキャン3』は放映前の期待感はどこへやら、3期目にして大きく失速してしまっていた。『無職~』『にじよん』も残念ながら失速気味だったかな?

他の続編は、既存ファンの期待を裏切る程に酷かったという作品はなかったかと。そして国民的ヒット作である『鬼滅の刃』は、なんだかんだで強かった。

海外だと『時光代理人』が人気だったのに、2期で右肩しそうな評価だ。

賛否両論だったのが『ユーフォ3期』のアニオリ展開。個人的には改悪ではなく、素晴らしい改変――っていうか、展開的に自然な方向かつ作品テーマに沿っていたかな、と。驚いたのが、ストーリー展開や整合性よりも「主人公がソリで演奏して欲しかったし、見たかった」という1点主張の視聴者が多かった事。そりゃ腐女子がキャラ本来の人格を無視して、強引にホモ二次創作に走るわなっていう。

 

初登場:オリジナルアニメついて――

『ARNOLD & PUPPETS』『アストロノオト』『ガールズバンドクライ』『グリム組曲』『じゃんたま カン!!』『終末トレインどこへいく?』『HIGHSPEED Étoile』『夜のクラゲは泳げない』『リンカイ!』『ひみつのアイプリ』『ブルーアーカイブ The Animation』『シンカリオン チェンジ ザ ワールド』

 

『ガルクラ』と『ヨルクラ』のデッドヒート(序盤~中盤)が凄かった。

クラクラ戦争とも呼ばれていたが軍配は『ガルクラ』に挙がる。とはいっても、綺麗に畳んだ『ヨルクラ』の評価も悪くない。脚本の人が本職で執筆したラノベ版を読めば、映像だけでは解像度が低かった正解(主にキャラ心理)が理解できるだろう。

クール覇権というか、おそらく年間覇権であろう『ガルクラ』は別格。

東映が本気を出した一大プロジェクトだけあり、ちょっと他の作品とは明らかに「モノが違う」という感じであった。特に構成と脚本、シナリオが素晴らしかった。

水島努の『終末トレイン』も賛否両論あったが、これはこれで佳作だったと思う。テーマが一環しており、なんでもありの不思議世界におけるロードムービー系の味付けで、確固たる作家性を表現できていた。『リンカイ』は空気作ではあったがシナリオ的には及第点以上の出来だろう。如何せん低予算丸出しに加えて、登場人物のキャラ立てが平凡に過ぎていたのが致命傷だったか。

クソアニメ枠で扱ったので『ハイスピ』『ブルアカ』の2作はここでは割愛する。でも『ハイスピ』は愛すべきクソアニメで、個人的にはかなり好きだった。なんだかんだで、最終レースは盛り上がった部類だし、ラストCパートでタイトル回収は良かった。

そして序盤こそ面白かった『シンカリオン』だが、2クール放映で色々と掘り下げたストーリーを期待していたのに、まさの『オトナプリキュア』だった(涙――と思ったら第2クールへ続くパターンだったので、おそらく連続4クール。良かった良かった。

同じく序盤はキャラデザを差し引いても「期待してなかったのに、案外、面白いぞ?」で視聴継続していた『アストロ』もクソアニメの方で述べているので、以下略。

 

初登場:なろう系の作品について――

『出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにした』『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる』『転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます』『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』『Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ』『THE NEW GATE』『Re:Monster』

 

くぎゅぅぅぅが歌うOPで話題を集めた『Lv2からチート』であったが、アニメ本編は普通という評価しかできない。

『THE NEW GATE』『Re:Monster』はファン以外には不評というか低評価。特に『リモンスター』は倫理的にかなり際どいというのもあった。

好評だったのが『転生貴族』『第七王子』の2作である。で、スポンサーと製作側も自信があったのか分割2クール放映であった。

 

恋愛・ラブコメ系の作品について――

『Unnamed Memory』『ヴァンパイア男子寮』『ささやくように恋を唄う』『花野井くんと恋の病』『ワンルーム、日当たり普通、天使つき。』『当て馬キャラのくせして、スパダリ王子に寵愛されています。』『まぁるい彼女と残念な彼氏』

 

一部から覇権候補と声が挙がっていた『ささ恋』は無残に作画崩壊した挙句、万策尽きた件が話題になるという悲劇。内容自体も百合豚に向けた作品でそこまで?だ。

『ヴァンパイア』『花野井くん』は、うん、ダメだったね。

『Unnamed Memory』はとにかくダイジェスト。原作をカットしまくりだった。しかし、これも分割2クールだと判明。だったら端折らなけらばいいのに。

この恋愛・ラブコメ系で唯一といっていい好評作は『ワンルーム天使』である。

 

その他、全ての作品について――

原作アンチと海外ファンの間で、評価が真っ二つという感じの『怪獣8号』であるが、個人的には設定の矛盾とチグハグさが気になって仕方がなかった。

原作も確認したのだが、最終決戦付近の筈なのにダラダラしているなぁ、確かに。そして、色々な漫画のパッチワークというのも隠せていない。

 

『WIND BREAKER』は海外受けは良かった。まあ、国内評価とすれば、マガジン系の不良マンガにムリヤリな正当性を持たせたって感じだけれど。円盤の売上は予想以上に好調だった。そして分割2クール。でも思ったより腐女子受けはしていない?

 

『烏は主を選ばない』は視聴した人には凄く好評だった。

 

『オーイ!とんぼ』は視聴したが、思わず原作を追ってしまった。大長編だがゴルフ漫画というか、本当に本格スポーツものである。2期も決定したので、低予算制作ながらもロングランでアニメ化を続けていくのかも。

で、同じスポーツ系である『忘却バッテリー』は自分は合わなかった。しかし世間的な反応はかなり良好だったのでは?

 

『怪異と乙女と神隠し』はファイさんが演じた年増女が良かった。

ミステリ怪異ものとしては、そこまで凄いってわけでもなかったけれど。そしてラストは2期へ続くではなく、原作とは違うアニオリ展開で完全にアニメは1期で畳んでしまう。2期はなし、だ。

 

『喧嘩独学』も面白かった。韓国産なので、色々と日本的には不自然なのはお約束だったけれど。そして海外産といえば『龍族 -The Blazing Dawn-』は中国文化が楽しめた。異能バトル系としては凡百以下だとは思う。

 

原作読んでいた『じいさんばあさん』は、可もなく不可もなし。ただしアニメと原作を同時に終わらせたのは凄いと唸った。オチはありきたりだったが。

『ファブル』は低予算ながら、原作愛が感じられて良作だと思った。

 

『夜桜さんちの大作戦』は、これぞジャンプって感じの内容だった。原作を確認したら、なんか5年後とかになって双子の子供がいるのは笑った。そこまで追えない。

 

『変人のサラダボウル』は、う~~ん、とっ散らかっているって評価。そして作者がX(旧Twitter)で不評を唱える視聴者に喧嘩を売っていた(苦笑

『となりの妖怪さん』『バーテンダー』は凡作という個人的な感想にしておく。

 

『声優ラジオのウラオモテ』の途中で視聴を切った。うん、個人的には駄目だったな。

同じく原作で挫折した『戦隊大失格』も個人的には視聴断念である。

 

結局、進むにつれて『ガルクラ』一色になっていったという感じのクールだ。

最後の最後で『ユーフォ3期』が特大の炎上をかましたが(笑

そしてオリジナルアニメがここまで豊作というのも、珍しい。『ガルクラ』『ヨルクラ』『終末トレイン』『ハイスピ』と、話題に挙がった作品が多かった。個人的にはこの4作に加えて『リンカイ』『アストロ』も視聴完走したし。

四天王および個人的ランキング

◆四天王

〇ガールズバンドクライ

〇夜のクラゲは泳げない

〇この素晴らしい世界に祝福を!3

〇鬼滅の刃 柱稽古編

 

◆「個人的」優秀作品

〇オーイ!とんぼ

〇狼と香辛料

  MERCHANT MEETS THE WISE WOLF

〇怪異と乙女と神隠し

〇アストロノオト

〇烏は主を選ばない

〇終末トレインどこへいく?

〇喧嘩独学

〇ザ・ファブル

〇じいさんばあさん若返る

〇シンカリオン チェンジ ザ ワールド

〇転生貴族、鑑定スキルで成り上がる

〇転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます

〇にじよん あにめーしょん 2

〇響け!ユーフォニアム3

〇リンカイ!

〇HIGHSPEED Étoile

夏期:7月~9月放映作品


www.youtube.com

クソアニメ枠について語る

第1話放映直後から、いきなり特大のクソアニメ認定される強者が。その名も『多数欠』である。OPから主人公の謎空手の型をはじめとした乾いた笑い&シュールさを披露。専門学校生の卒業記念作品みたい、とクール総合スレと作品単独スレにてボロクソな評価であった。しかも連続2クール。唯一の長所はメインヒロインが可愛いところか。でも、ヒロインらしいキャラって、僅か3人くらいしかいないけど(苦笑

簡単に感想とか評判を述べていく

続編・2期以降の作品について――

『伊藤潤二『マニアック』』『【推しの子】第2期』『カードファイト!! ヴァンガード Divinez Season2』『神之塔 -Tower of God- 王子の帰還』『君に届け 3RD SEASON』『ケンガンアシュラ Season2 Part2』『SHY 東京奪還編』『戦国妖狐 千魔混沌編』『貼りまわれ!こいぬ 第2期』『女神のカフェテラス 第2期』『闇芝居 第十三期』『NieR:Automata Ver1.1a 第2クール』

 

初登場:オリジナルアニメついて――

『ATRI -My Dear Moments-』『異世界スーサイド・スクワッド』『デリコズ・ナーサリー』『天穂のサクナヒメ』『菜なれ花なれ』『NINJA KAMUI』『真夜中ぱんチ』

 

 

初登場:なろう系の作品について――

『異世界失格』『異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~』『俺は全てを【パリイ】する~逆勘違いの世界最強は冒険者になりたい~』『新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。』『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』『魔王軍最強の魔術師は人間だった』『魔導具師ダリヤはうつむかない』『未来の黒幕系悪役令嬢モリアーティーの異世界完全犯罪白書』『モブから始まる探索英雄譚』

 

 

恋愛・ラブコメ系の作品について――

『疑似ハーレム』『義妹生活』『恋は双子で割り切れない』『下の階には澪がいる』『先輩はおとこのこ』『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』『2.5次元の誘惑』『僕の妻は感情がない』『負けヒロインが多すぎる!』

 

 

その他、全ての作品について――

『しかのこ』はTV放映前から、OPのサビを使ったMADを公式がバズらせるという先行逃げ切り戦法を選んだ。『ブレイバーン』的な出オチですらない。そして第1話放映と同時に公開されたフルOPは、流行ったサビ以外は割と普通だったという。

四天王および個人的ランキング

◆四天王

 

◆「個人的」優秀作品

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆