僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【SHAMAN KING】戯れ言――シャーマンキング、新作アニメ化について【2021年春、完全リメイク】

【SHAMAN KING】シャーマンキング、新作アニメ化について【2021年春、完全リメイク】

区切り線

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200614054228j:plain

引用元――シャーマンキング(原作:武井宏之、テレビ東京/NAS/XEBEC)より抜粋】

よみがぁえぇれぇぇぇ~~

『マンキン』21年ぶりの再アニメ化 

足跡を追う。かつて少年ジャンプ(集英社)で連載され、打ち切り⇒完全版⇒続編『シャーマンキングFLOWERS』中断⇒講談へ移籍⇒新章『SHAMAN KING THE SUPER STAR』開始⇒KCで無印の完結版発売。う~~ん、流浪しているなぁ。

見も蓋もない形容をすると集英社が放棄した『マンキン』の権利を講談社がサルベージして、再建(復活)させた。このまま安住してくれればと願う。

SHAMAN KING

ザッと概要を説明しよう。引用だけど。

 武井宏之による日本の漫画、またそれを原作としたアニメ。

霊能力者(シャーマン)の少年、麻倉葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。 

単行本の累計売り上げ部数は3,500万部。2001年(平成13年)にテレビ東京系列にてアニメ化、約1年(全64話)ほど放送された。アニメで放送されなかった「恐山ル・ヴォワール」にあたるストーリーは、アニメ版キャストでドラマCD化されている。

引用:Wikipedia

www.youtube.com

TVアニメ『シャーマンキング』公式サイト

shamanking-project.com

林原めぐみ全盛期の作品

全64話というロング放映ながら、アニメ版は後半からオリジナル展開になっていた。

しかし今回の2021年版は原作(無印)をラストまでやる事が決定している。

楽曲を担当し、ヒロインであるアンナを演じた林原めぐみといえば、今でも活躍している現役だが、2000年版の『シャーマンキング』が放映されていた当時は、まさに比類なき声優でありアーティストであった。今の水樹奈々に比肩する程の存在だったのだ。

この頃、林原めぐみが手掛けていたアニメOPソングは、どれも神憑っていた。

 

20年経って、集英社と講談社の間で揺れていた権利関係がクリアできたのかな? あるいは『マンキン』を拾った講談社が、以前に企画された再アニメ化に難渋を示していた武井先生を説得できたのか。

旧アニメ版で映像的には完成されていたイメージなので、これが現在のアニメ技術でどこまで今風に進化して表現されるのか、ティザーPV公開が楽しみである。

 

公式より『フル☆アニメTV』と『ボンボンTV』(共にYouTubeチャンネル)にて、2000年版が期間限定(リメイク版の放映開始前の2021年3月31まで)で配信されているので、是非とも未視聴の方は試してみて欲しい。

挿入歌とED1のMVがYouTubeライセンス取得にてアップされているので、そちらを。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

まあ、やっぱり『マンキン』を象徴する歌といえば『over soul』だと思う。

ってなわけで、こっちも「公式が黙認してくれている限り」リンクしておく。もしも公式が削除依頼してリンク切れになったら、リンクを消すのでご承知おきを。

 

www.youtube.com

 

ちなみに2000年版キャスト

麻倉葉:佐藤ゆうこ
恐山アンナ: 林原めぐみ
小山田まん太: 犬山犬子
阿弥陀丸:小西克幸
道蓮:朴ロ美
馬孫: 辻親八
木刀の竜:田中正彦
蜥蜴郎:高木渉
ホロホロ:上田祐司
葉王:高山みなみ

 

ダイの大冒険と違って、ほとんど続投でいけそうだ。 

それから主題歌は2000年版のリミックスでお願いしたい。

ほとんど詳細な情報が解禁されていないので現状、語れるのは、これくらいだ。

続報を待て!

というか、続報を追記しますので。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆