僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【ファーウェイ製】戯れ言――502HWのバッテリー寿命について【ポケットWi-Fi】

【ファーウェイ製】戯れ言――502HWのバッテリー寿命について【ポケットWi-Fi】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915121025j:plain

 

それは9月4日の事であった。

ふと、僕は気が付いてしまったのである。

 

ポケットWi-Fi(502HW)の裏蓋が、盛り上がっていると。

 

そう。ついにやってきたのだ。

バッテリーの寿命ってやつが。

それまでの僕の使用方法

スマホはdocomo

Wi-Fiは、今はなきワイモバイル⇒SoftBank

キャリアを分けている。これには理由があって、1本化した方が料金はお得になる反面、そのキャリアが通信不能になるとスマホ&Wi-Fiが共倒れしてしまうからだ。日本国内3大手であるdocomoとSoftBankが同時に深刻な通信障害、という可能性はかなり低いだろう。

つまりキャリアを分けていれば、最悪でもどちらかは使える。

今回、痛恨なトラブルに見舞われたのは、Wi-Fiの方であった。

 

僕は家(アパート)でのネット環境を、この502HWに依存している。

プランは「使い放題」で契約だ。

とはいっても、そんなに動画は観ないし、オンラインゲームやっている時間もないので、そこまでの容量は使えていない。料金を気にするストレスは嫌なので「使い放題」プランで満足している。

どんぶり勘定バンザイな僕は、docomoもパケット使い放題で契約していた。ただし、こちらの使い放題は使用量に応じて段階的に速度制限が掛かってしまう。よって、速度制限を避ける為に、スマホも502HWでWi-Fi通信していた。

それで個人的に不満はなかった――のだが。

 

ある日、docomoから電話がくる。

要約すると「使い放題だけど、月に1Gすら使っていないので、段階的に料金が上がっていくプラン(Gライト)に変更してくれないか」という打診だった。昨今、ケータイ関係での料金に政府が口出ししているので、無駄に料金を支払っているユーザーに過払いさせるのはリスク、と判断したのだろう。

僕は快諾した。別にいいですよ、と。

 

その後に起こる悲劇を知る由もなく。

 

502HWは3年近く使っているのだが、不調になった事はなく、外出時はポケットWi-Fiの名の通りに衣服の中へ、家ではアダプターに接続しっ放しにしていた。据え置きのノートPCもアダプターに繋ぎっ放しで問題ないので、Wi-Fiルーターも同じ(大丈夫)だと思っていたのだ。PCのバッテリーとは違い、モバイル用バッテリーだけあり、割と熱を持っているなとは気が付いていたのだが。

それでも不具合は起こらなかったのである。

バッテリーが膨張してしまう

裏蓋が弧を描いていた。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915145201j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915145225j:plain

 

使い方が使い方(褒められた使用法ではない)だったので、不良品だとは思わない。3年近くも保ったのだ。むしろ長く頑張った方だと感心すらした。

振り返れば、予兆はあったのだ。

ここ最近、ポケットに入れていても発熱っぷりが半端ではなかった。外気が暑いからそう感じるのかも、とか思っていたが、普通にバッテリーの劣化であった。その2~3日前から、やけに通信速度が不安定だったのもバッテリー劣化が原因か。

とにかく、膨張に気が付いたからには対処せねば。

正規店で想定外の塩対応

当然、僕はSoftBankのスマホ店に駆けつける。

新品のバッテリーを購入して入れ替えれば、それで済む話だ。無料とか無償とか、そいういう発想はない。数千円を支払って早く回復させたかった。

 

僕氏「これのバッテリーありませんか」

店員「まずは、こちらの用紙にご記入ください」

僕氏「え? ひょっとして在庫ないんですか?」

 

この時点で僕は少しばかり驚く。

在庫がゼロってどういう事やねん! 大きくて嵩張る物ならば理解できるが、掌サイズのバッテリーである。現役機種なのだから10個くらいは常備しているのかと思っていた。

 

僕氏(まさかの在庫なしか。ま、すぐに取り寄せ可能なのだろう)

 

今時は1~2日で品物が郵送可能だ。それならば無駄な在庫はゼロでも、理論的にはおかしくない。だが、即日対応を考えれば在庫ゼロはいかんだろ、在庫ゼロは。

 

店員「今から発注になります」

僕氏(消耗品なのに受注生産みたいな言い方だな)

店員「届くのは約1週間後ですが、よろしいでしょうか」

僕氏「い、1週間!? えぇ?」

 

どうなっているのだろうか? 取り寄せに1週間かかるのならば、なぜ店舗に在庫を確保しておかない。店舗毎が無理ならば地域で。教えてくれないだろうか、孫正義(敬称略、よ。

 

僕氏「分かりました」

書類に色々と書かされてしまう。バッテリー注文するのに、アンケートめいた内容だ。2~3日で取り寄せならばともかく、1週間かかるのにだ。

しかし、である。

ちょっと膨らんでいる程度だから、騙し騙し使えば、7日くらいは保つだろう。

 

店員「故障の原因になるので、Wi-Fiの使用は控えて下さい」

僕氏「だったら有料でいいから、代替機を貸して欲しいのですが」

店員「代替機はありません」

 

じゃあ、1週間もネットできないじゃないかよ。その間の料金を払い戻ししてくれるわけでもないのに。ふざけんな。説明してくれないだろうか、孫正義(敬称略、よ。

 

なお、新機種に乗り換えようとするものの、ローンが1ヶ月分残っている事が判明。36ヶ月が経過しないと解約料(約1万円)が発生してしまう。しかも、新機種はデカくなっていた。通信速度が増してもポケットに入らないサイズは遠慮したかった。

1週間である。

余裕をみている筈だから5日くらいで届くだろう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

バッテリーがお亡くなりに

きっりち約束の1週間が経った9月11日の夜。

誤魔化しながら使っていたバッテリーに限界がきてしまう。

突如として通信速度が激遅に。訝しんでルーターを確認すると、おお、これは――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915144920j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915144956j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915145022j:plain

 

さすがに危険だ。

こんな状態だと基板に悪影響――ってか、最悪で発火である。

慌てて本体からバッテリーを取り外す。

これにてPCでのネット環境が断たれてしまう。

ブログの更新ができなくなった。

それにスマホのネット通信料が。使い放題でなくなった途端にコレである。

店からは品物到着の報せ(電話)は、まだ来ない。

ググって知った驚愕の事実

どうして7日を経過しても届かないのだろうか?

HWって、ぶっちゃけファーウェイだ。中国から取り寄せているのだろう。

ググる。[ 中国 郵送 日数 ]で。

バッテリーに限らず、中国からの郵送だと約7日は要すると分かった。7日で届かなければ10日とか。場合によっては1ヶ月とか。なんてこった。あの店員が言った1週間って、この数字だったとは。教育がなっていない。これがアンタの企業の店舗の従業員レベルなのだが、孫正義(敬称略、よ。

 

ググる。[ 502HW バッテリー 在庫 ]

うぅ~~ん、「在庫あり」がなく「取り寄せ」のオンパレードだ。ってか[ 502HW バッテリー ]と打ち込むと次候補(サジェスト)に[ 膨らむ ]が出るのだが(汗

中華製だからというわけではなかろうが、バッテリー不良は多いみたいで、寿命は2年くらいとの事。35ヶ月も耐えた僕のバッテリーは優秀だった。

Amazonに発注してみる

できるだけ正規店で――と思っていたし、正規店の方がサービスが良いとの判断で、ネットでの注文は控えていた。

だが、どう考えてもAmazonの方が早そうである。

純正品ではなく互換品ならば、なおさら。

僕は純正品をAmazonに注文する。

 

――ってか、代替機はないわ7日はオーバーするわ、こんなザマだったら「Amazonか楽天の方が早いですよ」と教えてくれよ、店員さん。不親切にも程がある。

このサービスの悪さを経営者としてどう思うのだ、孫正義(敬称略、よ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915150740j:plain

 

Amazonだと2日で届くという(苦笑

ほぼ同時に、店舗にも届いたのだが。

値段はAmazonの方が安かった。別にAmazonが割高でも構わない。早く到着してくれるのならば、ね。たった数百円の差額だ。けれど、在庫なし・値段高い・届くの遅い――の三拍子が揃ったSoftBank正規店とは、いったい何の為の存在なのだろう? AmazonとSoftBankの差を見つめ直してくれないだろうか、孫正義(敬称略、よ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190915151346j:plain

 

予備バッテリーを確保できて安心だ。

今後はアダプターに繋ぎっ放し(過充電)は控えようと思う。バッテリー1個、約4000円であるが、半年くらい保ってくれれば充分である。

ファーウェイのポケットWi-Fiを使っているユーザーに忠告だ。発注から到着までのタイムラグを考えれば、予備バッテリーは確保しておいた方が賢明だろう。故障してから発注では明らかに遅い。

 

 

 さあ、すぐに予備を確保するのだ!

【あす楽】【ポイント2倍】ワイモバイル Pocket WiFi 502HW 対応 純正電池パック HWBBK1 【502HW Pocket WiFi ポケットワイファイ Y!mobile イーモバイル 充電バッテリー 電池パック】【RCP】

価格:3,240円
(2019/9/15 15:34時点)

 

バッテリーの寿命がくる前に、気軽にネットでポチっておこう。

正規店とは違い、余計なアンケートを取られる事もないし(苦笑

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆