僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【三者三葉】戯れ言――まんがタイムきらら 15周年について【けいおん!Shuffle】

【三者三葉】まんがタイムきらら 15周年について【けいおん!Shuffle】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

きらら独立創刊15周年記念号

今月号の『まんがタイムきらら』は独立創刊15周年記念号だ。

記念すべき、その表紙をご覧あれ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181118175658j:plain

 

表紙を飾るキャラは6名である。

 

左上から右へ『うらら迷路帖』『けいおん!Shuffle』『ゆゆ式』。

左下から右へ『三者三葉』『スロウスタート』『あっちこっち』。

付属の1つ、クリアしおりもこの面子。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181118180535j:plain

 

特別小冊子には、懐かしの連載陣がしばしの復活を。

今とは明らかに路線が異なっている。

萌え4コマ――なるジャンルを開拓し、確立させるまでの試行錯誤の歴史だ。

 

そんな中、来月号でついに『三者三葉』が完結する。

『三者三葉』完結

f:id:ayafumi-rennzaki:20181118180953j:plain

 

この扱いだから、打ち切りではないだろう。

中央は葉子様になっているね。

 

このロングラン作品が幕を閉じる。当然ながら部数減少は必至だ。

『けいおん!』を復活させたのは『三者三葉』の完結もあったのだろう。

◆合わせて読みたい◆

これからの「きらら」について

今のきらら本誌だが、月刊誌なのにゲストが多すぎだ。

3巻を超えて生き残った『こはる日和。』が毎月連載に復帰したが、『にーにといっしょ!』は何時になったら復帰するのか不明である。

 

今のきらら本誌は、とにかく層が薄い。

新顔の中で人気だった『にーにといっしょ!』は下手をすると、このままフェードアウト(編集とのトラブルらしい)だし、その他で掲載順から察するに、人気があるのが『佐藤さんはPJK』と『奥様は新妻ちゃん』である。

 

両者ともに画力は高い。

画力はね。

 

4コマ漫画として読み比べると、『けいおん!Shuffle』がちゃんとレベルが高いのが分かってしまう、そんな出来だ。

それでも、まだ読める方で、だから読んではいる。

 

『けいおん!Shuffle』は別格として、PJKと新妻ちゃんが人気上位って――

色々とヤバいでしょ、今のきらら本誌。

 

スポンサーリンク

 

つい色々と心配してしまう

 理想は、新世代の戦力が次々と台頭して、『三者三葉』はもうお役御免でお疲れ様でした――の筈だ。それがこのザマである。敗者には厳しいきらら界にあって、最終回に表紙&巻頭カラーで最後の一稼ぎだ。台所事情が苦しすぎ。

 

湖西晶の新連載もダメっぽい。今一だ。

この人、メッセージ性とかストーリー的な方面は無理だよ。描きたいのはソッチ方面なのは分かるが、明らかに向いていないと思う。

今のところ長期の中堅以上を期待できるのが『がんくつ荘~』くらいか。

 

こうして記事にしているからには、 『三者三葉』が終わっても一応は買い続ける。

単行本は完結14巻から逆に1巻に向けて買い直そう。

ぶっちゃけ『けいおん!Shuffle』がコケたら、もう買わなくなると思うので、そうなりそうならば、 『三者三葉』の続編でも連載してくれれば。

基本、シェアワールド的なチェリー作品群にあって、ベースは『三者三葉』だし。

マンネリで描くのが辛くなったのならば、娘世代にシフトすればよろしい。

葉子様と山路の娘、双葉と一芽の娘、光の娘(照は独身だろう)で、新しい三人娘で問題ないと思う。

 

とにかく、アホみたいなゲスト数をなんとかしよう、編集部。

今月も6だ。連載内定しているのなら、最初から連載にしてくれ。

極一部の主力長期連載&短期打ち切り作品の二極化と、中堅層が貧弱過ぎる。

このまま凋落していくのをみるのは購読者として忍びない。

 

20周年まで頑張っておくれ、まんがタイムきらら。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆