僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【正当続編で復活】戯れ言――3×3EYES(サザンアイズ)について【TVアニメ化希望】

【正当続編で復活】戯れ言――3×3EYES(サザンアイズ)について【TVアニメ化希望】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221205015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221210924j:plain

引用元――3×3EYES(漫画:高田裕三、講談社)より抜粋】

 

今回は、往年の名作・傑作――『3×3EYES(サザンアイズ)』を語ろう。

昔、単行本を全巻もっていた。嵩張るから処分しちゃったけれど。仮に全巻を買い戻すのならば、やっぱりスペース的に電子書籍になるか。

 

一応だが簡単な説明を。 

物語の大枠は《三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)》という三つ目の妖魔であるヒロイン――パイ(パールバティ)と、彼女に命を取り込まれる事により不死人の守護者《无(ウー)》となった少年――藤井八雲が織り成す、壮大な冒険譚だ。登場する妖魔や術式の設定が、中国文化やインド神話を中心としたモチーフとなっているのが特徴。

 

第1巻の表紙はこれだ。今見ると本当に懐かしい。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221205552j:plain

 

で、最終の40巻(完結)の表紙がこれ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190221205839j:plain

 

連載期間に比例して画力は上がり、絵柄は完成されているけれど、連載開始当初の若さ溢れた荒々しさも、こうして見ると伝奇異能バトルとしては魅力的だと再認できる。

 

 

【在庫あり/即出荷可】【新品】3×3EYES サザンアイズ[文庫版] (1-24巻 全巻)

価格:17,945円
(2019/8/30 19:27時点)

 

そして、今なお『3×3EYES(サザンアイズ)』は現役だったりするのだ。

 

古き名作から、復活した人気作。

この作品の現状を形容するのならば、そんなところか。続編の誕生により定義としては無印となった(完結済みの)本編は四部構成となっている。その後、幾つかの外伝が発表され、そして正当な続編がスタートしており、現在は順調に2シリーズ目だ。

ザッと流れを追っていくと――

 

無印(本編)
第一部 聖魔妖撃編
第二部 聖魔伝説編
第三部 聖魔世紀編
第四部 聖魔創世編

 

外伝(短編7話)

   ※)前後編が一つあり

 

続編
第1シリーズ
  幻獣の森の遭難者
第2シリーズ
  鬼籍の闇の契約者

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190223122243j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190223122334j:plain

 

 

【取寄せ品 代引き/カード支払いのみ】【コミック】3×3EYES サザンアイズ 幻獣の森の遭難者 新品 1-4巻 全巻セット【1万円以上の御注文で送料無料】【ラッピング対応不可】

価格:2,600円
(2019/8/30 19:26時点)

 

なかなかの壮観。流石に作者の高田裕三先生の最大ヒットシリーズだ。

連載開始から30周年だし。
氏のアニメ化作品としては以下がある。

 

毎日が日曜日
万能文化猫娘
BLUE SEED(碧奇魂ブルーシード)
3×3EYES(サザンアイズ)

 

う~~ん、見事に初期の作品に集中している。『猫娘(鬼太郎の方じゃなく)』はアニオタならば知っている人は多いのではなかろうか。アニメは未視聴だが『毎日が日曜日』は読んだ記憶がある。 

ちなみに『3×3EYES(サザンアイズ)』のアニメはOVAだ。

第一部と第二部が2シリーズに分けて映像化されている。

 

酷な言い方をしてしまえば、『3×3EYES(サザンアイズ)』を完結後、氏は同等以上のヒット作には恵まれなかった。

『3×3EYES(サザンアイズ)』と同じ伝奇路線の2作――『幻蔵人形鬼話』および『九十九眠るしずめ』は長期連載とはならず、他は別路線である『リトル・ジャンパー(全7巻)』、『CAPTAINアリス(全10巻)』、しかもウルトラマンのコミカライズ(全3巻)までやっている。

 

絵柄の問題も大きかったと個人的には思った。

画力自体は向上していっても、氏の絵柄はバトル系以外ではあまり映えないイメージだ。もっと言ってしまえば、メカニカルな質感やSF的な演出も不得手に思える。

伝奇異能バトルで勝負しないと、今の売れっ子一線級達(原作付きで作画のスペシャリストも多い時代)の絵には、正直いって総合的な意味では太刀打ちできないだろう。

このままでは、過去の漫画家の仲間入りは避けられない運命だ。

 

――で、『3×3EYES(サザンアイズ)』を本格的に再始動となる。

 

完全新作(後述するが、実は月刊シリウスで開始予定)が『3×3EYES(サザンアイズ)』と同等のヒットになる確率よりも、『3×3EYES(サザンアイズ)』でもう一山、の方が遙かに分が良い勝負だと僕は思う。

なにより起爆剤の最終兵器ともいえるTVアニメ化がまだだし。

そう、このシリーズは切り札を使っていないのだ。

かつて『3×3EYES(サザンアイズ)』が全盛期だった頃と比較して、今のアニメ技術は比較にならない次元で進化を果たしている。現在のアニメ技術で過去に輝いた名作のアニメ化を、と思ったのならば『3×3EYES(サザンアイズ)』がベストだろう。

 

氏の最高傑作は、僕個人としては本編第二部、聖魔伝説である。

 

続編シリーズがそれなりに成功すれば、『3×3EYES(サザンアイズ)』TVアニメ化は充分にチャンスがある筈だ。今はアニメ化する原作が枯渇に近い状況で、過去の名作がリメイクされまくっている。第一部から第三部までを2クールで完璧に再現(時代設定は今に合わせる、もしくは続編も視野に入れ、当時のまま)すれば、ある程度以上のヒットは堅いと思うのだが。

 

ただし、この『3×3EYES(サザンアイズ)』という作品は本編第四部がネックだ。

引き延ばし感たっぷりで、単行本全40巻の内、なんと28巻を占めている。無駄なく纏まっていた第三部までと比べると、確実に見劣りする。逆に言ってしまえば、この第四部をアニメ化によってシャープかつコンパクトにリビルドできれば、なんて想像してしまう。可能ならば、分割しての劇場版で。

 

全盛期に様々なメディアミックスをみせて成功した作品だ。

ちなみにセガのメガCDやスーパーファミコン(聖魔降臨伝、獣魔奉還)でゲーム化されているが、スーファミ版(特に聖魔降臨伝の方)の評価は低い(苦笑

逆に、それより前から発売されていたPCゲーム(三部作、①〜三只眼變成〜 ②〜吸精公主〜 ③〜転輪王幻夢〜)は評価が高い。

2016年にパチスロ化(~聖魔覚醒~)もしており、今なお強い求心力を誇る。

TVアニメ化という起爆剤で、続編シリーズも含めて再爆発(ブレーク)させる事はそう難しくはない筈。八雲とパイの設定は、オリジナルストーリーでも活かし易いので、ソシャゲにも向いていると思うのだが。

 

eヤングマガジンで配信していた続編であるが、この度、月刊ヤングマガジンの紙面に移籍する事も決まった。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190223125427j:plain

 

また、この単行本の巻末にて「2019年5月以降から『月刊シリウス』で少年マンガの連載を開始する」と告知された。

高田裕三の再度の大ブレイクを願いつつ、この記事を書き終わろうと思う。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆