僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   

【ファイルーズあい】戯れ言――珍しい名前の声優さんについて【ブリドカットセーラ恵美】

【ファイルーズあい】戯れ言――珍しい名前の声優さんについて【ブリドカットセーラ恵美】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190715051347j:plain

 

TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?(原作:サンドロビッチ・ヤバ子/作画:MAAM、シルバーマンジム )』の主演にて、実力派な新人が颯爽と登場し、アニメファンおよび原作ファンの注目を集めている。ファンにとっては嬉しい誤算で、製作者側にとっては、とっておきの隠し玉。そんな彼女の名は。

 

主人公、紗倉ひびき役――ファイルーズあいだ。

 

2018年活動開始。所属(預かりで)はプロ・フィット。

ちょい役ばかりだったので、実質的には紗倉ひびき役がデビューといえるだろう。

2020年放映予定の『推しが武道館いってくれたら死ぬ(原作:平尾アウリ)』でも、主演が決定しており、これからが期待されるホープだ。

というか、名前が凄い

芸名というか実は芸名も兼ねた本名で、ハーフだからこの名である。

何となくリングネームっぽい感じだ。ファイティング原田、セレス小林、ロイヤル小林、レパード玉熊、ガッツ石松――そんな歴代の日本人世界王者を思い浮かべてしまう。

とにかくだ。

せっかくだし、これを機に「珍しい名前」の声優さんを挙げていこう。

 

スポンサーリンク

 

 

ファイルーズあい

切り口として紹介した人。

父親はエジプト人で母親が日本人というハーフ。

美人さんだが、筋トレが趣味なだけあり、体格が良い。特技は父親の影響で習得したアラビア語(日常会話レベル)との事。という事は、おそらく日本語がメインというか、エジプト人の血が入っているだけの日本人と思われる。

代表役は、前途した紗倉ひびき(ダンベル何キロ持てる?)だ。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726022222j:plain

引用元――ダンベル何キロ持てる?

ブリドカットセーラ恵美

この人もその名から有名になった。

所属はプロダクション・エースである。2011年から活動している。よってキャリアは8年近くだ。『ハルチカ(原作:初野晴、ハルチカ製作委員会)』にて、主演を務めている。

父親がオーストラリア人で母親が日本人。

ブリドカット=ラストネーム(姓)

セーラ=ファーストネーム

恵美=ミドルネーム――という組み合わせである。

どうやら出産当初は恵美がファーストネームで、セーラがミドルネームのつもりだった様だが、出生届を提出する際、母親がミスって記載して、こうなったらしい。

つまり「ブリドカット恵美セーラ」が最初の意図だった。

確かにこれならば、ハーフっぽくて格好良いと思う。古い話だが、白鳳院綾乃エリザベス(宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ)を思い出す。

だが、「ブリドカット恵美セーラ」だったら、インパクトは薄かった。また「ブリドカット・セーラ・恵美」でも同様だろう。

しかし意図せず、ブリドカットセーラと繋げてしまったが為に、やたらと印象に残る(やや珍妙な)名前になってしまった。ちなみにご本人、セーラというファーストネームに名前負けしていない美女だ。いわば結果オーライだろう。

代表役は夕張(艦隊これくしょん -艦これ-)か。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726024655j:plain

引用元――艦隊これくしょん -艦これ-

武田羅梨沙多胡

ある意味、「ファイルーズあい」「ブリドカットセーラ恵美」より凄い。

どんな意図があってこんな芸名にしたのか――と思ったら、なんと本名だ。そもそも何と読むのかコレ。正解は「武田 羅梨沙 多胡(たけだ、らりさ、たご)」だ。

父親が日系ブラジル人の三世なのでこうなる。

ブラジル名だと「個人の名+母方の姓+父方の姓」=「Larissa Takeda Tago」なのだが、なまじ漢字で表現してしまうが故に「羅梨沙武田多胡」となり、ちょっと難解になる。

それで配列を変えて、日本風にした結果が武田羅梨沙多胡との事。

羅梨沙をひらがなかカタカナにしていれば、また印象は違ったかも。

アイムエンタープライズ所属で、TVアニメは2017年から活動を始めている。

代表役は喜多見柚(アイドルマスター シンデレラガールズ劇場)か。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726030609j:plain

引用元――アイドルマスター シンデレラガールズ劇場

鷲見友美ジェナ

これも初見で戸惑う名前だ。読みは「すみ、ともみじぇな」。

父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフ。

姓が鷲見なのはともかく、名前が友美ジェナは変わっている。学生時代は友美と呼ばれていたが、現在、ファンやグループメンバーからはジェナと愛称されている。

MIT所属で2017年からの活動だ。

代表役はりな(ケムリクサ)である。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726032626j:plain

引用元――ケムリクサ

 

スポンサーリンク

 

 

生天目仁美

声優ファン、アニメファンならば知らない者はいないだろう。

生天目(なばため)という姓は、非常に珍しい。

2003年から活動している超一線級で、代表役・人気キャラも数知れず。

あえて挙げるのならば、関羽雲長(一騎当千)か。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726033302j:plain

引用元――一騎当千

鶏冠井美智子

鶏冠井(かいでん)という姓は、この人で知った。

所属は賢プロダクション。

2012年からTVアニメに出演しているが、まだメイン級の配役はゲットしていない。これからの活躍に期待といったところか。

貴家堂子

さすが、たかこ――と読む。

実は国民的アニメ『サザエさん』のフグ田タラオ(タラちゃん)な人。

他には『天才バカボン』のハジメちゃんも。

f:id:ayafumi-rennzaki:20190726034255j:plain

引用元――サザエさん

他に珍しい読みは――

豊崎愛生で、愛生と書いて「あき」

大橋歩夕で、歩夕と書いて「あゆる」

「ナンジョルノ」こと南條愛乃(よしの)

「まれいたそ」こと内田真礼(まあや)

本名が芸名っぽいパターン

悠木碧の本名――八武崎 碧

何ていうか、強そうである。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆