僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
MENU

【レトルトカレー】戯れ言――新宿中村屋インドカリーについて【スパイシーチキン】

【レトルトカレー】戯れ言――新宿中村屋インドカリーについて【スパイシーチキン】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212070723j:plain

 

僕はカレーライスが好物といえば、好物だ。

ただ、それ以上に物臭な性格なので、好物であっても手軽に食べられる方を選んでしまう。だから特に冒険する事もなく、外食であればチェーン店の『松屋』とか『かつや』のカレーで済ませてしまう事が多いし、おおよそ満足できる。

 

インドカリーの専門店も関東住まいなので特に珍しくはなく、極たまに入ったりもする。その時はライスではなくナンを選ぶ。生活リズム的にランチメニューがほとんどだ。

 

――で、家(アパート)でのカレーといえば、スーパーで半額になっている総菜カレーか、レトルトの4個入りパックがメインとなっている。

これ()ね。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212072241j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212072252j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212072303j:plain

 

だいたい1パックで100円計算になる。

パックご飯も1パック100円程度で買えるので、手軽に1食200円だ。

1食当たりの値段を抑えようと思ったら、その分の手間暇が掛かってしまうので、料理が趣味(苦にならない)とか、基本的に暇な人間以外は、1食200円は及第点である。

400円弁当が半額で200円。

具無しの蕎麦やうどんを自分で作ると、1食100円。

 

うん、コストの事ばかり考えると、人生が虚しくなってくるな。

 

話をカレーに戻そう。

上記に挙げたレトルトパックだが、値段が値段だけに、ハッキリいって値段相応の味しかしない。美味い事は美味いが、ぶっちゃけ今ではコンビニで売っているカレー弁当の方が格上の味だ。まあ、コンビニカレーは400円~600円の値段帯なので、レトルト以下の味だったら、それはそれで大問題だが。

 

じゃあ、満足できるレトルトを探してみよう。

そう思い立ち、僕はスーパーの陳列棚を物色した。

そして選んだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212073747j:plain

 

期間限定2袋入りお徳用。

あめ色玉ねぎでより味わい深く。

 

この2つの文句に引かれた。値段は無粋なので書かない。

僕にとってカレーといえばインドカリーというのもある。

とにかく実食してみようではないか。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212074024j:plain

 

新宿中村屋のロゴが高級感を醸し出している。

レトルトパウチなのに、どこか本格風な佇まいだ。 

では、沸騰しているお湯で温めて――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212082133j:plain

 

不味そうな写真を撮る天才かもしれないな、僕は(滝汗 

 

本当は新宿中村屋のHPにある様なプロ風の写真を撮りたい。

こんな風に美味しそうなやつを。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212082505j:plain

 

まあ、写真とのギャップはとにかく、食ってみよう。

香りはなかなかだ。

 

――う、うん! 美味いッッ!!

 

専門店に近い味がする!

というか、専門店でこれを出されたらレトルトパウチと気が付かない。

マジで本格的な味である。

 

特に玉ねぎの甘さが、スパイスと絶妙にハーモニーだ。

あっという間に、2皿を平らげてしまった。

 

これはカレー好きにはお勧めできる。

逆に言えばカレー好きではない方には、合わないかも。

このインドカリー(レトルト)のラインナップは以下となっている。

 

是非とも、ご購入あれ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181212083301j:plain

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆