僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
淡雪のマジカルくっきんぐ
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【タマネギ嫌い】戯れ言――自宅で至高のカツ丼を作る事に成功について【YouTube動画】

【タマネギ嫌い】自宅で至高のカツ丼を作る事に成功について【YouTube動画】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、今日も戯れ言 記事 ゴト を始めますからね

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423055507j:plain

チキンversionから進化してしまう

前回の記事で「カツ丼」はもう書かないと決めていた――つもりだった。

「自宅でカツ丼&親子丼」編は完結としていた。

ちなみに過去記事は以下から辿って欲しい。

◆合わせて読みたい◆

 

自宅でカツ丼を作る事はあっても、もう写真を撮らないだろうと思っていた。似た様な記事をアップしても、いわゆる「同系統の記事におけるカニバリズム」が発生してしまい、ブログ全体のGoogleへの評価はマイナスになるし。

 

だが、事情が少々変わってしまう。

 

ぶっちゃけるとYouTubeチャンネルだ。

 

「料理レシピのイラスト解説」「実食リポート」の2本柱でやっていく予定だったが、「イラスト解説」の方は手間暇が掛かるのにPVが伸びる気配がない。というか、撮影した実写の方が視聴者に受けそうだ。

ってなわけで、チャンネルが成長するまでイラスト解説は封印する事に。

 

まあ、動画編集には慣れても、まだまだ撮影自体は不慣れでノウハウがないので、とにかく撮影ノウハウを溜めるというのが先になる。実践していかなければ、分かっているつもりでいても、実は分かっていない点すら気が付けないんだよ、マジで。

今回は分量を正確に守った

玉ねぎの代わりに白菜を。

そのコンセプトは同じである。そして、チキンカツから王道のトンカツを使う。

前回との最大の違いは、YouTubeチャンネルに動画アップする為に「分量を守った正確なレシピ」という点だった。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061022j:plain

 

上はたれの材料だ。

配分の方は、後にアップするYouTubeチャンネルの方を参考にして欲しい。

動画編集は時間を食うので後になる。

以下、ダイジェストでお送りしよう。

料理スタート

写真ではなく動画の切り抜きだ。

動画素材のリサイクルだがご容赦を。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061226j:plain

 

前回と同じく白菜(カット野菜)を炒めていく。

事前にサラダ油をひいてある。

ちょっと解像度が足りないな。トリミングする事も考慮して、次からはもっと高い解像度で撮影しなければ。カメラ(iPhone)の位置を近づけないと。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061501j:plain

 

たれを投入して更に炒める。

というか、煮る。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061546j:plain

 

オーブントースターで加熱した総菜トンカツを投入。

あらかじめ切られている物を買った。

なお、卵2個分の卵液とたれはすでに作ってある。ボウルで混ぜるだけだし。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061714j:plain

 

ざっくりと溶いた卵液の2/3を、上からぐるっと回しながら入れる。

実際はあまり回せなかったが(苦笑

なかなか良さげな感じ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061830j:plain

 

蓋をして、弱火で30秒。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423061908j:plain

 

そして仕上げに、残りの卵液を。

スキレットを使っているので、余熱を利用する為に火を止めてしまう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210423062017j:plain

 

丼ぶりに盛り付けて、完成!

 

写真からも分かるだろうけれど、出来栄えはまさに完璧の一言だ。

味も最高である。

詳しくは、動画の方を視聴してくれればと宣伝しておこう。リンクは貼っておかない。サイドバー(PC画面ならば、すぐ右にある)の方からYouTubeチャンネルに飛べるので。

これからもYouTube動画で料理を作ったら、ブログに記事をアップしたい。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆