僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【総菜とんかつを利用】戯れ言――自宅でカツ丼に挑戦してみた件について【すき焼きのタレ】

【総菜とんかつを利用】自宅でカツ丼に挑戦してみた件について【すき焼きのタレ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809213653j:plain

半額の総菜とんかつ大好き

僕は弁当にせよ総菜にせよ刺身にせよ、半額シールが貼られた物に目がない。

自称・半額シールハンターだ。

健康に悪いと承知しつつ、思わず半額から揚げに手が伸びてしまう。そして、缶チューハイのお供にしてしまうのだ。健康診断での尿酸値が心配になる。平均値から上限値までを定期的に行ったり来たりしているのだ。

で、半額のとんかつをゲットした場合、僕はそのほとんどを以下の様にして食す。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809214124j:plain

 

そう。カツカレーである。

 

これがベストだと思っていたし、他には思い付かなかった。疑う余地なんてなかった。これ以上に美味しく総菜とんかつ(半額)を食べる方法など、この世には存在しない。ずっとずっとそう信じていた。自宅でとんかつ定食はやらない主義だし。

 

カツ丼という選択肢。

 

僕はタマネギが嫌い(よってカレーとシチューはペースト状まで炒める)なので、ソースカツ丼しか食べた事がない。

参考までにソースカツ丼とは以下の丼ぶり飯だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809215143j:plain

 

再確認するが、世間一般として「カツ丼」に認知されているのは以下である。

味噌カツ丼については割愛させてもらおう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809215302j:plain

 

最近、原作小説が完結した『はたらく魔王さま!』のアニメでも、「カツドゥーン」として登場している。アニメ放映当時は視聴者に受けた。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200810053815j:plain

 

このカツ丼――子供の頃にタマネギを我慢して食べた記憶はあるが、大人どころか高校生くらいから1度も食べていないのだ。チェーン店で「すいません、カツ丼でタマネギを抜いてもらえますか?」と頼む勇気を持てないまま、ズルズルと今まで来ていた。牛丼には「ネギ抜き」があるのに、どうしてカツ丼には「ネギ抜き」がないのだ。

ぶっちゃけ、どんな味なのかも覚えていないという。想像はできるが。

 

ふと閃いた。

自宅でならば「タマネギを抜いた」カツ丼を作れるのではないかと。

 

スポンサーリンク

 

総菜とんかつでカツ丼

理想は自分でかつを揚げる事であるが、それは流石に御免被りたい。

そんな手間をかけるくらいならば、大人しく和幸に行ってとんかつ定食を頼む。

利用するとんかつはこれだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809215814j:plain

 

左のパックだけで足りるだろう。

ひれかつ6切れだ。

 

タマネギの代わりはこれを使う。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809215955j:plain

 

ローソンストア100で買った白菜である。

代用品としては最適だと判断した。

ツユは「すき焼きのたれ」でイケる筈だ。

料理スタート

冷蔵庫に保管して、すっかり冷たくなってしまったカツをどうにかする。

電子レンジだと衣が「ベチャッ」となってしまうので工夫が必要だ。テフロンが効いているフライパンで熱しても衣はカリカリになる――が、 フライパンは別に使うので、オーブントースターで温める。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809220706j:plain

 

グラタン用の耐熱皿に入れてトースターにイン。

トースターの写真は撮り忘れた。

初めてのチャレンジで緊張しているのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809220838j:plain

 

フライパンで「すき焼きのたれ」を火にかける。

本みりんを加えるつもりが、間違って白だしを入れてしまう。やっちまったものは仕方がない。仕上がりに大差はないだろう。そうに違いない、きっと、たぶん。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809221007j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809221024j:plain

 

白菜のざく切りを炒めていく。

しんなりするまで根気よくだ。

シャキシャキでも問題ないが、それだと食感的にタマネギの代わりにはならないだろう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223016j:plain

 

加熱し終えたとんかつを合流させる。

衣がすぐに汁を吸っていくなぁ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223134j:plain

 

ご飯もスタンバイOKだ。

もちろんパックご飯を器に移しただけである。

300gだから割と多め。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223247j:plain

 

卵は2個にした。

大雑把に溶いて、ゆっくりと回しかける。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223338j:plain

 

あれれ? 火が強過ぎるのかな。

蓋をするまでもない感じが。

というか、カツの衣がすき焼きのたれを吸って、ドス黒くなってしまった。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223509j:plain

 

見た目がグロい。

これで完成とするしかないだろう。

ご飯に乗せる。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200809223609j:plain

 

食欲が湧かないビジュアルである。

視覚に加えて嗅覚――匂いもだ。

なんていうか黒い。ちょっと待て、こ、こんなに黒い筈は。イメージでは色鮮やかな黄色だったのだが。

食べる前から激しく後悔した。

実食した感想

本みりんではなく白だしを入れてしまった影響で、とにかくショッパイ!

それからタレも濃かった。

水で薄めるべきだったと痛感する。

 

いや、手抜きして「すき焼きのたれ」なんて使わずに、ちゃんとレシピを調べるべきだったのだ。甘みが皆無の上に塩気が強過ぎて、完食を断念する。

肉と白菜はともかく、たれが不味くて。たれを吸った衣は迷わず全て剥がす。

それから溶き卵も美味しくないときた。

食っていて辛いと感じたのはいつ以来だろう。無念だが残すしかなかった。

 

結論――大失敗だ。

 

素直にソースカツ丼にしておけば。

気が向いたらリベンジしたいと決意した。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆