僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【分人騒動が一段落】戯れ言――キズナアイ2号と3号、無事に新ボディをゲットするについて【バーチャルYouTuber】

【分人騒動が一段落】キズナアイ2号と3号、無事に新ボディをゲットするについて【バーチャルYouTuber】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200615094959j:plain

LOVEちゃんとあいぴー、新生する

新キズナアイ2号(LOVEちゃん)と新キズナアイ3号(あいぴー)が、それぞれ新しい身体を手に入れて、2人の新しいYouTubeチャンネルを開設(今年5月スタート)している。

サクッと紹介していく。

 

love-pii channel

love-pii channel - YouTube

 2019年6月から新たな人格をインストールしてキズナアイ(loveちゃん)、キズナアイ (あいぴー)として活動してきた私たちですが、2020年5月より独立してチャンネルを立ち上げました!
そして今日! 新しい姿で初のLIVE配信をします!

f:id:ayafumi-rennzaki:20200615100810j:plain

www.youtube.com

 

早くも登録者数2.3万人だ。

例の騒動のおかげで盛大に自爆した割には、なかなかの数字であろう。

忌まわしき分人なる自爆

キズナアイの回転率を上げる目的で、運営がキズナアイの声によく似た人を集めてキズナアイ2号、キズナアイ3号を誕生させる。なんとガワ(2Dと3Dのモデル)を1号(元祖)と使いまわして、声だけ変える(というか増やす)という発想だ。

さらには4号(中国版)のキズナアイ(通称、チャイナアイ)まで生まれる始末。

どうなったかというと――

 

ファンの反応は辛辣を通り越して拒絶反応で炎上しまくった。

 

 

当たり前であるが、ファンビジネスにおいて「これだけは絶対にやってはいけない悪手」と周知されている筈なのに、キズナアイの運営はこの悪手を行った。

結果、キズナアイというコンテンツ自体が、一気にオワコンする羽目に。

ファンあってのビジネスなのにそのファンに喧嘩を売った――という大失態に、キズナアイの運営は気が付いていなかった。運営がキズナアイブランドを破壊してしまう。

 

元のファン「運営がキズナアイというキャラクターに愛情を持っているとは思えない」

◆合わせて読みたい◆

騒動の末、2号と3号は独立

元祖⇒そのまま

2号⇒LOVEちゃん

3号⇒あいぴー

4号⇒中国独自路線

 

YouTubeは元祖がそのまま、2号&3号で新チャンネル、4号で独自チャンネル。

これで落ち着いた。なお、4号のチャンネルは。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200615104533j:plain

 

登録者数が約2万人で、3日前にアップしたアーカイブ動画の再生数は3千以下か。

ファンにそっぽを向かれている。

後発の『love-pii channel』にあっという間に抜き去られてしまったというか、このチャイナアイが、他ならぬ中国のファンの怒りを買ったんだよなぁ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

もの凄いシビアに断ずると「結局はキズナアイというフォーマットの純粋な人気じゃなくて、中の人である春日望の人気(が大半)だった」という事だろう。だからといって、春日望が全く新しいVTuberを立ち上げても、キズナアイと同じ結果が出るほど甘くはないと思うけれど。

春日望が演じるからこそファンが求めるキズナアイが成立する――というファンの認識が証明された。

 

運営としては、キズナアイというコンテンツを「キズナアイは中の人の替えが効くまモン的な売り出し方」として扱いたかったが、「キズナアイ=魂(春日望)+ガワ(2Dと3Dのモデル)」という現実を思い知らされた格好だろう。

上にとってキズナアイは権利等を保持している自分たち(経営陣、出資者)の物であり、決して春日望の物ではない、と思いたかったし、その様に扱いたかったが、実際は春日望が抜けたガワ(見た目)は「キズナアイではなかった」という事だ。権利者が「自分たちが認めるこれこそがキズナアイだ」と声高に主張しても、ファンに「これはキズナアイではない」と否定されれば、少なくとも売り物にはならない。

よくある話ではある。上(経営陣)は末端(現場)は替えがきくと誤解しがちであるが、イザその末端を変更してみると、取り返しのつかない状態になってしまうケース。

 

それに2号と3号の中の人にしても、オリジナル(元祖、1号)のガワと知名度を借りて活動しても、本音を言えば面白くなかったと思うし。加えて「偽物呼ばわり」だった。

新会社「キズナアイ株式会社」設立

運営体制が見直される事となった模様。

今年4月末の話題だ。

で、翌月に『love-pii channel』を立ち上げ、6月にLOVEちゃんとあいぴーの新ボディのお披露目だから、フットワークは軽い。少なくとも安倍政権よりは。

 

 バーチャルタレント事業を手掛けるActiv8(アクティベート、東京都渋谷区)は4月24日、バーチャルYouTuber「Kizuna AI」(キズナアイ)を運営する新会社「Kizuna AI」を設立すると発表した。キズナアイの初期ボイスを担当しているとうわさされていた声優の春日望さんがアドバイザーに就任する。

新会社の社長にはActiv8の松本恵利子さんが就任し、「独立性をもってキズナアイを支援していくために経営体制とチームを一新した」としている。

Activ8の大坂武史CEOは、新会社設立の理由について「Kizuna AIのミッションである『みんなとつながりたい』を実現するために、Kizuna AIを構成する全員で判断した」と自身のTwitterアカウントに投稿。また、「これまで長く運営をしてきた中、キズナアイを応援し続けてくださる皆さんに失望の念やご不安をおかけしたこともありました。それらは全て私の責任です。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

キズナアイを巡っては、2019年5月から8月にかけて“分裂騒動”が発生。春日望さんが声を担当する「1号」の他に、声の異なる3人のキズナアイが生まれ、1号の動画投稿頻度が減ったことで、「このまま1号が消えてしまうのではないか」とファンから不安の声が上がった。8月にActiv8と1号がそれぞれの声明で、1号が消えることを否定した。12月には2号と3号に「#」と「*」の髪飾りと愛称を付け、1号との差別化を図った(4号はもともと見た目が異なる中国向けのキズナアイ)。

引用:ITmedia NEWS

 

普通に考えて『にじさんじ』や『ホロライブ』みたいに、 キズナアイをエースにして、彼女を軸に他のVTuberを展開していくのが王道だ。

運営体制を刷新するに当たり、キズナアイの復調およびLOVEちゃんとあいぴーの売出しが成功するか否か。そもそも箱として頭数が足りていないのだ。

ぶっちゃけ、『にじさんじ』や『ホロライブ』に後塵を拝しているのが現状なので、ここから巻き返しをはかりたい。

本日(6月15日)、新生での初配信

まずは初陣だ。

LIVE配信は21時から。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

登録者数も1日で2.44万人に増えていた。

真っ当にやれば50万人は目指せると思う。

今のところ2Dモデルのみみたいだが、3Dモデルの方も発注している筈だ。そちらの方は、作成に時間がかかるからお披露目はまだ先だろう。リンクを貼った「歌ってみた」の映像からしても、急ピッチで各種の素材を作っているのが伺える。

キズナアイとは売り出し方が別路線というか、『にじさんじ』『ホロライブ』を追い掛ける為にも、この両名は生配信をメインに活動していく路線を取ると思う。

 

キズナアイのPVも紹介

www.youtube.com

www.youtube.com

 

人気の深夜アニメが目白押し

牛丼1杯の節約で1ヵ月アニメ三昧。

知らないと損します。

興味がある方は参考情報:dアニメストア