僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
MENU

【ハウスの名作】戯れ言――バーモントカレーについて【アレンジレシピ】

【ハウスの名作】戯れ言――バーモントカレーについて【アレンジレシピ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180702150110j:plain

 

ハウスのバーモントカレーといえば、日本人で知らない人はいないだろう。

CMでも、めっちゃやっている。

リンゴとハチミツでお馴染みなアレだ。

日本人なら誰だって1度は食している、そんな超メジャーなブランドである。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180622214023j:plain

 

特に香りが独特だ。

僕はあの香りが大好きなのである。

粉末スパイスと固形ルーの両方があるが、やはり粉末より固形ルーを使用した手作り(各家庭での味)の方がバーモントカレーって感じがする。反対に、レトルトといえばククレカレーというイメージだ。大塚食品のボンカレーシリーズの世話にもなっているが。

 

夕暮れ時。 

なにげなく道を歩いていると、居並ぶ家屋の換気扇から、ふとバーモントカレーの香りが漂ってきたりして、非常に食欲を刺激されるものだ。皆さんも、きっと1度は経験されているのではないだろうか?

 

これはレトルトでは味わえない妙である。

しかし僕は独り暮らし故に、カレーライスを自宅アパートで食す時は、もっぱらレトルトのお世話になっていた。保存性と1袋1皿分という便利さ。そういう観点ではレトルトパックは最強だろう。

 

そんな僕であるが、ふとバーモントカレーを作ってみようと思い立った。

 

カレーはカレーでも、ピンポイントにバーモントカレーを。

昔、実家で母親が作っていたのが、バーモントカレーだったのだ。

そんなワケで、翌日、僕はバーモントカレーの固形ルーを購入した。

他の食材も一緒に。

チキンカレーにしようと鶏肉と野菜、そして隠し味用のヨーグルトを買った。

 

ここまでは間違いではなかったと思う。

 

そう。

結論から述べると僕は失敗した。

 

実家で父親が趣味で作っていたカレーまで思い出してしまったのだ。

父は玉葱をペースト状になるまで弱火で炒め、複数の固形ルーと複数のカレー粉およびスパイスを調合していたと記憶している。

とにかく本格的で美味かった。

 

――で、僕はジャワカレーの固形ルーと玉葱のみじん切りパックを追加購入したのだ。レシピをアレンジする為に。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180622214123j:plain

 

そうして玉葱ペーストの作成から入った。

超美味いバーモントカレーを作るつもりで。

まあ、美味い事は美味いカレー(写真は酷いが)にはなった。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180709054102j:plain

 

けれど香りからして、すでにバーモントカレーとは定義できない代物だった。

致命的な事に、あの独特の香りが消えていた。

本末転倒とはまさにこの事だ。

 

途中で過ちに気が付き、バーモントカレーの固形ルーを追加したがダメであった。出来上がったルーの量がとんでもなくカサ増しされてしまった。そのまま食せるシチューとは違い、この量のルーはヤバイ。これでは冷凍保存するしかない。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180623060347j:plain

 

僕は痛感した。

本物のバーモントカレーとは、バーモントカレーのみで完結している、いわばひとつの世界なのだと。

元々からして、そういう風に開発されているし。

素人の魔改造は想定されていないだろう。

僕はハウスの食品開発部の方々を軽んじていたのかもしれない。

 

次はパッケージの裏に書かれている作り方に、素直に従おうと思う。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆