ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【はてなブログからのアクセス】戯れ言――独自ドメインのPV増の時期について【僅か計4%しかないよ】

【はてなブログからのアクセス】戯れ言――独自ドメインのPV増の時期について【僅か計4%しかないよ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180923134753j:plain

 

今回はブログについて語ろうと思う。

まだまだコンテンツ(記事)を溜めていく時期なので、あまり話題もないのだけど。

 

正直、PVについてはかなりモチベーションを削がれている。

理屈では分かっていても、読まれていない記事を更新し続けるのは精神的にキツイ。

 

僕と同じく『はてなブログ』かつ『独自ドメイン』でスタートした方は、どれくらいいるのだろうか?

そしてPVの推移は?

有名なブロガーでもない限り、新規にアップした記事が世間に浸透するまで3ヶ月のタイムラグがあると覚悟した方が良い。一部の例外を除き、開始半年は真っ当な検索からのPVは無しなのだ。イメージとしては、アップして3ヶ月経過した記事からトコロテン方式に読まれはじめていく――という感じだ。

 

だが『独自ドメイン』でなく、かつ『はてなブログ』を利用していると、『はてなブログ』のドメインパワーの恩恵+『はてなブログ』コミュニティーから読者を『早期の段階から』獲得できるブロガーもいる。

 

なんて羨ましい!!

 

そう思っている零細『はてなブロガー』は僕だけではあるまい。

せめて、せめて『はてな』に記事新着欄があれば。

このサブブログに関しては、ようやく開始から3ヶ月が経過したので、これから少しずつ最初の記事から読まれはじめていく筈だ。

 

僕と同じくPVがサッパリな零細ブロガーさんは、どんな胸の内なのだろうか。

一応、メインブログの方はPVが増え始めてきた。

それも昨日からだ。

最近は20から50くらいだったのが、唐突に192にまで伸びた。

翌日(今日)も昼頃ですでに54ある。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180923140456j:plain

※)9月23日12時台(昼頃)のスクリーンショット

 

 

記事やツイートがバズったとか、そういうのは一切なし。

そもそもブログの更新すらしていない。

どこかで話題(言及された)になったという通知もない。

土日という事が影響している可能性もあるけれど。これに関しては、次の月曜(振替休日ではあるが)にどれだけ勢いが落ちるのか観察する必要があるだろう。

 

約4ヶ月半で39記事。

 

僕の場合は、これくらいでドメインパワーがついてきたと思われる。

3ヶ月で100記事更新をしていない割には、早い。

しかも小細工なしのビッグワードで真っ向勝負しているのも付け加えておく。

早くても8ヶ月、または1年以上の停滞は覚悟していた。

 

アクセスは唐突に、かつ二次関数的に上昇していく――のが定説だ。

※)真っ当な運営方法に限る

 

バズらず、連続更新せず、宣伝せず、で『唐突に』上昇するのは本当だった。こうして自分で体験するまで「本当かよ?」と疑い始めていたけど(苦笑

けれど、記事数が50にすら満たない状態(明らかにコンテンツ量不足)なので、ここから二次関数的に上昇していくとは考え難い。また停滞するだろう。記事数が150~200でこの現象が起これば、そこから一気に軌道に乗ると思うが。もう一段階ドメインパワーが上がる時まで、果たしてどこまで記事を上乗せできているのか。

 

断っておくが、はてなブログのアクセス数=PVは、少し異なっている。

直帰(1アクセス=1PV)率が高い人は、ほぼアクセス数=PVで近似されてしまうが、僕のメインブログは直帰率3割を切っている上に、平均滞在時間が8分近いので、はてなブログのアクセス数よりGoogleアナリティクスのPVが多くなっている。

アルファポリスの24時間ポイント(外部登録)が、ほぼユニークアクセスに近似されており、その数字がはてなブログのアクセス数に近い事からも、『僕は』そう推察している。それ以前に、根本的にはてなブログのアクセス解析は不正確らしいけど。はてなブログの運営もそれは言及しており、正確なデータはGoogleアナリティクスを利用してくれとの事だ。

すなわち、はてなの解析機能は、雑破なユニアクの把握程度と考えている。

まあ、直帰率7割を超えており、平均滞在時間が2分を割っているサイトだと、はてなブログのアクセス数=GoogleアナリティクスのPVに近似するかもしれない。

直帰率8割(平均滞在時間1分台)とかだと、僕ならサイトをリニューアルするだろう。直帰率5割台以下、平均滞在時間3分台以上――くらいはないと、サイトの成長性を加味すると運営継続は少々厳しいか。サイト設計とか運営計画とか関係ないであろう日記ブログとかなら、別にそんな指標はどうでもいいと思うが。

 

Googleアナリティクスによる詳細な分析は、1日の平均ユニークアクセスが500を超えてからでもいいだろう。というわけで、Googleアナリティクスはほぼ見ていない。

毎月のレポートがGoogleからメールされてきているので、それでユーザーの伸びを確認して、今は終わりだ。もっともユーザーの伸びよりも直帰率と平均滞在時間の方が気になるが。1番直帰率が低かった月は2割ちょいだった。平均滞在時間のベストは約10分だ。

 

 ――で、現状、PVの流入先はこうなっている。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180923144056j:plain

 

 

Googleとヤフーの検索を合計すると――82%。

もちろんGoogleのみで80%を超えなければならない(理想は90%超え)のは分かっている。それでもヤフーとの合計ではあるが、とりあえず最低限といえ8割ラインを超えてきている。

ドメインパワーのみならず、検索エンジンからのサイトの評価(パワー)が増してきている証左だろう。これがブログ運営の醍醐味か、と少々感動を味わっている。

 

その反面――

 

はてなブログ関連の流入が合計4%しかないのだが。

 

これには参った。

こんな状態じゃ、『はてな』Proに金出している意味が(苦笑

最終的にはワードプレスに移行する予定とはいえ、ここまで『はてな』からのPVが来ないと分かっていたら、最初からワードプレスの方が良かった。

 

ブログそのものがダメ。

記事が読めた代物じゃない。

それなら、まあ、『はてな』で読まれなくとも道理なのだが。

なにしろ普通に検索エンジンから読まれている。

 

う~~~~~~~ん。

 

『はてな』にせよ『ブログ村』にせよ、営業上手じゃないとやっていけないのかなぁ。

参考になったり、個人的に面白いと思ったブログは読者登録しているし、☆やコメントもしているが、営業ではやっていない。

 

というかさ。

営業やってスタートダッシュで読者数、☆やコメントを稼いでも、長期的にみると、

 

読者登録数>>>>1日のユニークアクセス数

 

という悲惨な結果になるとしか思えないのだが。

真っ当に運営していれば、1日のユニークアクセス数>読者登録数、になる筈だし。

言わんとしている事は理解できると思う。

要は、ユニークアクセスが読者登録数より少ないという事は、本当の読者ではない読者登録がそれだけ多いという意味だから。

 

難しい問題だ。

PV欲しい気持ちは分かるから、営業しまくってでも、というもの分かるし。

だけどブログが詰まらなかったら、いずれは読者登録数以下のユニアクになるよ?

それでもいいかもしれないけど。

 

僕と同じ様に、せっかく『はてな』で始めたのに、『はてな』で読まれないという現実に直面している人も多いだろう。

長い目でみればブログが面白ければ、検索流入メインでPVは安定し、ドメインパワーの増加に比例して底上げされてはいく。面白ければ、ね。そういう仕組みになっているから。

 

ただ、やはり『はてな』ブログで始めた以上、ある程度は『はてな』でも読まれて欲しいというか、そのチャンスがあればな、と希望する。

具体的には記事の新着欄とか、もっと新人にスポットを当てる工夫があれば。 

 

そうしないと、僕以外にも最後はワードプレスに、と計画する人が増えるだろう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村