僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【牛丼チェーン】戯れ言――吉野家のセルフサービス化について【トレイ返却口】

【牛丼チェーン】戯れ言――吉野家のセルフサービス化について【トレイ返却口】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190106193730j:plain

 

僕は吉野家の豚丼が割と好物である。

 

コストパフォーマンスに優れているし、豚肉なのでビタミン的に健康にも良さそうだ。丼物なので糖質はそれなりだが。

しかし、僕が利用する吉野家は近所の一件のみだった。

遠出した時まで、外食で吉野家を選びたくない。

吉野家というか牛丼チェーン店の利用者は、大半はそう考えているのではないだろうか。

 

同様に、日高屋も同じである。

食べたくなったら常に同じ店舗に行き、W餃子定食だ。オマケは唐揚げで。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190106194207j:plain

 

 

すき家も、以下同文。

ちなみにすき家で頼む時は、卵かけご飯定食のみである。

ご近所よりも出勤前に決まった店に入るのだ。

 

その反面、近所には松屋や長崎ちゃんぽんリンガーハットがない。

松屋のカレーとリンガーハットの餃子定食が好きなので、遠出した際にこの2店舗を見かけると、衝動的に入る事がある。他にも天丼てんやなんかも。やよい軒が近場にあれば嬉しいのだが。やよい軒は卵焼きが大好きなのだ。

 

要約すると、近場のチェーン店は吉野家と日高屋というだけなのだが、僕は記事タイトルにある件について、非常に大きなショックに遭遇した。

 

仕事の都合で、昼食を軽く済ませる必要性に迫られた。

あまり時間に余裕がない中、並ばずに食えそうなのが吉野家のみである。ほぼ満席だったが、待ち列はできていない。

割と真新しい店舗だ。外からでも綺麗なのが分かった。

僕が馴染みとしている(古い)店よりも、倍近いフロアスペースである。

もういいや、吉野家の豚丼で。そう思った僕は入店する。

 

あれ? ぐるっと半楕円形に囲っている例のカウンター席がない。

 

イメージとしては、座って食うタイプのえきめんやだ。

どうなっている。牛丼チェーン店のレイアウトとは思えない。

希にすき家だと、こういったタイプの広い間取りの店舗があるが、店員さんがカウンターを離れて注文を取りに行ったり、トレイを運んだり回収したりと、実に大変そうであった。

でも、吉野家でこのタイプとは。

 

入店した僕に、出入口に併設されているレジから声が掛かった。

店員さん(若い男性)である。アルバイトだろう。

東洋系だが、明らかに日本語の発音が微妙であった。別に気にしないが。

 

「店内ですか? お持ち帰りですか?」

 

んんン? 満員でもないのに席に着く前に訊かれちゃったよ。

「店内ですけど」

「ご注文は?」

 

着席前にレジで注文するシステムになっているではないか!

僕の知っている吉野家ではない。いや、別に不快になったわけではないので誤解せぬよう。

 

豚丼を頼む。

 

客単価が安いので、僕は吉野家にとって上客とはいえないだろう。

会計は先払いだった。

マジか。

食券システムを導入していないのに、先払いとは。

強盗や食い逃げのリスクを思えば、多少採算が悪くなっても、僕は食券システムの方がいいと思うが。僕は350円を先払いする。

 

すると。

お呼びだし端末(震動呼び出し器)――ほら、あれだ、デパートやスーパーの地下にある飲食店で会計した後に渡される、手のひらサイズのアレである。

それを差し出されて、僕は受け取った。

むろん、此処はスーパーの地下に出店している吉野家、というオチではないと断っておく。

 

「できたらコレでお知らせしますので」

「分かりました」

 

豚丼を受け取りに行かなければならない様だ。

箸、紅ショウガ、お冷やにお茶。

全てセルフサービスになっている。

その横には、トレイの返却口もだ。

 

これが最先端の吉野家!

 

う~~ん、吉野家も人手不足に対応する為に工夫しているのだな。

僕はそう感心した。

席を選びスマホを弄って待っている中、呼び出し端末がバイブレーションして、僕はレジに行く。トレイに乗った豚丼を渡された。それを持ち運んで自席に戻るのだが、途中のセルフコーナーで普段よりも多めに紅ショウガをトッピングだ。ついでにお茶も。

そして食す。

 

うん、いつもの豚丼であった。

 

トレイを返却口に戻す時――、ちょっぴり誇らしげな気分になれた。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村