僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【献立】戯れ言――焼そばについて【具材】

【献立】戯れ言――焼そばについて【具材】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

焼そばだけは手作りが圧倒的にコストパフォーマンスが良い。

 

意外と思うかもしれないが、1番割高なのが、実はカップ焼そばだ。

値段のみならず油揚げ麺なので、実はカロリーも凄まじかったりする。カップ麺とはカロリーがまるで違うのだ。

 

次はインスタント焼そば。

これはスーパーの5袋セットを特売で購入すれば、1食100円以下に抑えられるだろう。とはいっても、一皿では量的に物足りないし、アレを二皿では大概の人は飽きるに違いない。

 

また、インスタント焼そばは、アレンジし放題なインスタントラーメンとは異なり、下手にトッピングなどの工夫をすると完成度が落ちてしまう。

ベビースターラーメンと同じく、麺のみが最も適した食べ方なのだ。

主食というより、間食やオヤツに近い特殊な位置付けになると僕は思う。あくまでも僕の意見であるが。

 

冷凍食品でも一皿100円のがあるが、野菜入りという点でお勧めだ。

ただし、シッカリと電子レンジで温めないと、野菜が冷たいままであるが。逆に電子レンジをかけ過ぎると、麺が固くなってしまう。その辺の加減が難しい。

 

そして――この記事の本命、手作り焼そばにいく。

 

まず麺。

3玉100円(粉ソース付き)で購入可能だ。つまり1食33円。

 

次に、野菜。

焼そば(野菜炒め)用のカット野菜が、1袋100円から200円で購入できる。むろん1食に1袋丸々など使用しない。4分の1くらいだろう。

つまり1食25円から50円だ。

 

豚肉を入れたければ入れるがいい。

量的に50グラム。余り物や冷凍保存物で充分だ。

青のりも同様である。

 

要約すると1食100円程度、かつフライパンのみで手軽に作れてしまうのだ。

 

味も問題ない。

焼そばを不味く作れたら、それはそれである種の才能といえよう。

 

ただ、致命的ともいえる難点がある。

 

カット野菜は冷凍するワケにもいかず、日持ちがしない為に、短いサイクルで三皿作って食わねばならないという事だ。

三人家族ならば良いが、僕は独身の一人暮らしである。

余程の焼そば好きでもない限り、短期間で3食はキツイ。前途したインスタントならば食べられるという皮肉だ。

 

かといって、カット野菜だけを炒め物や煮物に入れて処分しても、後になって残るのは、食べ忘れで冷蔵庫で固くなっている消費期限切れの麺2玉というオチなのだった。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆