僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【書くのが遅い】戯れ言――ブログを執筆する時間について【スピードとコツ】

【書くのが遅い】ブログを執筆する時間について【スピードとコツ】

区切り線

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

ブログの記事を執筆する様子

毎日更新は重要か否か

初心者ブロガー(特に社畜な社会人)にとっては、記事の更新頻度と1記事当たりの作成時間は非常に悩ましい問題だと思う。

特に「毎日更新するのが重要」という情報を鵜呑みにしてしまっている人には。

実際、2018年までは毎日更新して記事数を積み上げていくブログ運営スタイルは、それなりに有効(今も決して無意味ではない)だった。僕のメインブログも2018年から2019年前半までは、記事数の増加に比例してPVも伸びていた。とにかく更新を最優先できたのだ。

しかし「更新頻度=PVの増加」という図式が露骨に崩れる。

そう、2019年に繰り返されたGoogle検索エンジンのコアアップデートによって。

コアアップデート2019年版の衝撃

個人によるアフィリエイトやブログ運営は、年々厳しくなっていると云われている。

2018年の段階で先行きは懸念されていた。それが顕在化したのが去年――2019年である。4度、行われたコアアップデートによって多くのブロガーとアフィリエイターが挫折し、去っていく。

検索順位の大変動に巻き込まれる事を俗に「被弾」と形容(隠語)するのだが、サイトによってはこの被弾によりキラーページを検索圏外に飛ばされて、アクセスが10分の1以下になったりしていた。当然ながら、そうなると収益も壊滅的に激減だ。それが多くのサイト運営者の心を容赦なくヘシ折った。ジェノサイドに近い感覚。

ブラックハットなる手法は本当に時代遅れの過去の産物へと。

諦観すると、当たり前といえば当たり前の検索結果へと近づいているだけだ。

  • 個人サイトよりも公式サイトが有利に
  • 個人サイトよりも企業サイトが有利に
  • 発信者の知名度や権威が重要視
  • 文字媒体よりも動画媒体をアピール
  • 検索結果の表示方式の最適化

ブログは継続する事が何よりも重要――

というのは依然として変わりはないのだが、従来と同じやり方を漫然と続ける、ではPVを伸ばしていくのが難しくなっているのは確実だろう。

途中まで記事数の増加=PVの増加、でブログ運営できていた僕も、コアアップデートに被弾する事により、単なる記事数の追加ではダメだと思い知った。あの頃は楽だったし、楽しかったなぁ(遠い目

1記事当たりの作成時間

記事数から1記事に視点を変えよう。

SEO的には「質の高い記事」「検索需要のあるキーワードで構成された記事」を積み重ねていくのが大切なのは改めて主張するまでもない。というか、ホワイトハットという観点からはそれ「のみ」になった。

反面、質の低い記事をブログに追加していくと、トータルで見るとサイト全体の(Googleからの)評価を下げかねないのが今のブログ運営の常識だ。

ここで云う質の低い記事とは――

  • 文字数が極端に少ない
  • 画像が必要なのに文字のみ
  • 滞在時間が短い
  • 記事の途中で離脱される
  • 検索流入が少ない

ザッと、こんなところか。

当然ながら、質の低い記事が多いとサイトの平均滞在時間および直帰率に悪影響が出る。それだけでも質の低い記事の存在がSEOとして足枷なのが分かるだろう。

 

で、毎日更新をすると仮定して記事作成に費やせる時間を考える。

フルタイムで働く社会人だとすると、超ホワイト企業に勤めて定時上がりがデフォルトでもない限り、1日で2時間が限界ではなかろうか。なお、睡眠時間を削ってブログ運営に充てるのはお勧めできない。健康に悪影響が出るし、その様なやり方はバーンアウトを招きかねないからだ。

通勤電車や仕事の休み時間に下調べ&(スマホやポメラで)下書きすれば、作成時間は短縮できるし効率化していける。だが、そうやってアップする記事は「機械的&作業的」なフォーマットに陥りやすいというリスクも孕む。自分にとって書き易い(専門的な)内容ならば、それで充分かもしれない。しかし、そういった記事オンリーというわけにはいかないだろう。特に検索上位を狙った記事だとすると。

僕の感覚では、凝った記事になるとトータルで最低4時間、多ければ5時間以上は費やしてしまうので、専業ブロガーかニートにでもならない限り「質と多様性をキープした記事」を毎日更新は、ハッキリいって現実的ではない。

前途した様に睡眠時間を削って無理をしても、長期間の継続は無理である。

専業orニートなら毎日更新すべし

少し寄り道に逸れる。

今は文字媒体のブログよりも映像媒体のYouTuberの方が広告収入を得られる時代だ。

日本のプロブロガーの推定収入(ブログのみ)および専業アフィリエイターの収益と、トップ層の人気YouTuberの広告収入を比較すれば、桁が1つ違ってくる。

月に1000万円クラスで稼いでいるアフィリエイターは業界トップレベルであるが、YouTuberで月1000万円レベルはトップ層から1段階か2段階も下のグループだ。

そんなわけで「だったらYouTuberを目指した方が良いのでは」と安易に考える人は、ぶっちゃけ浅はかと断じよう。

YouTuberの最初は毎日更新が基本

ブログよりもYouTuberの更新頻度はシビアだ。

チャンネル開設してから軌道に乗るまでは毎日更新は必須となっている。収益化のハードルとして1年間の総再生時間4000時間超え&登録者数1000人をクリアする為には、どうしても更新頻度と動画本数が必要になるからだ。あ、有名人は別枠で。

逆に言えば、ある一定数以上の再生時間の動画を毎日上げていれば、登録者数1000人と4000時間視聴はクリア可能な数字なのだが、問題はその動画を作る時間的コスト(努力や研究はして当然)にある。

著名人ならば視聴者を集める事が可能かもしれない「ノー編集」かそれに近い動画だと、そんなに時間は食わない。著名人というか芸能人は事務所やスタッフによる分業制が基本になっているのが現状であるけれど。

しかし、低品質(というか短時間執筆)の記事量産型のブログがGoogleのAIからの評価を得にくくなっているのと同様、将来的には「ノー編集」系の動画の量産は評価に繋がらなくなる可能性(リスク)が懸念される。

 

じゃあ、真っ当に編集した動画の作成時間は?

ヒカキンを例に挙げるまでもなく、10分の動画を仕上げるのに早くて3時間、凝った動画ならば倍の6時間は掛かるとみてよい。

これを毎日こなす必要があるYouTuberは、僕には無理だ。

いや、あくまで収益化を前提とした話であり、趣味で動画をアップするのならば、凝った動画でなくても良いし、更新頻度も関係ないのだが。けれど、YouTubeは無料で動画をアップできる反面、運営に対して利益を生み出さないユーザーや動画は、運営側の匙加減一つで、いつアカウントが停止されてもおかしくはないのだ。サーバーの維持コストだけでも相当な規模なのは、想像に難くないし。YouTubeもボランティアで運営されているのではない。営利目的のビジネスだ。

ブロガーとYouTuberの決定的な違い

YouTubeのチャンネル開設は無料。では話題を戻してブログの方は?

無料ブログの無料会員は論外として、独自ドメイン代金とサーバーのレンタル料、もしくは有料ユーザー代金を支払っているのがブロガーだ。

世の中、無料(タダ)ほどリスクが高い代物はないと断言できる。

本来ならば自分が背負うコスト(リスク)を他者に肩代わりしてもらっているのだ。YouTuberに喩えると「あなたの動画は(無料で維持するのは)コスト的に見合わないから、運営側にアカウント料金を支払ってください」ならば、まだマシである。「あなたの動画はコスト的に見合わないから、アカウントを凍結します」と出られたら目も当てられない。残酷な話、無料サービスには常にこの手のリスクは付いて回る。

こういったリスクを回避する為にも、必要なコスト(出費)は可能な限り惜しまない方が良いのだ。そうすればブログというメディアを、運営ではなく「自分の資産」として扱う事、守る事ができる。

 

あ、はてなブログProは良いと思う。これもはてなだけどオススメだ。サーバーが強いしセキュリティも運営任せにできるし、年々改良されているので。まだまだ欠点も多い(克服されていくはず)が、WordPressはハッキングの危険性がついて回る。カスタマイズ性もかなりマシになっているし。

毎日更新できるブログは強い

とまあ、YouTuberの更新頻度の必要性とYouTubeとブログの違い、さらにはコアアップデートの影響について述べてきたが、ブログも「毎日更新可能な時間を確保できる」のならば、確保して更新頻度を上げた方が良い結果には繋がる。

しかし前途した様に、社会人には困難だろう。

高校生や大学生でも、基本的に時間を持て余している系でなければハードルは高い。

だが専業ブロガーやニートに類される人達は、充分な時間の確保が可能である環境だろうから、頑張って毎日更新を目指すべきだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

僕の時間の捻出方法

今まで概要的な話から出る事はなかった。

では具体的には?

人それぞれのコツや方法があるのだが、もっとも具体的に提示できる僕本人のケースを紹介してみようではないか。

僕がブログ記事作成に費やす時間

メインブログとサブブログで時間は異なる。

平均的に時間を食うのが、メインブログ『アニメを斬る!』の方だ。正確に測っているわけでないが、番組レビュー記事だと合計で15時間以上は掛かっている。PVとの兼ね合いを考えると明らかに割りが合っていない。ただし手を抜くと資産化できない代物になるので、自分の記録(メモリー)として続けたいとは思っている。実際に検索上位にきてPVを稼いでいるのは、他の企画記事であるが。

サブブログは記事の内容による。

最初の頃は1記事2時間以内で書いていた。当然、内容は相応だ。

今では「最低限の質は確保したい」という思いから、4時間から多い時には10時間は掛けている。メインブログとは異なり、あえて短く切り上げない様に注意した結果だ。

どう転がっても毎日更新は(働きながらでは)無理な作業時間となっている。

作成時間短縮はあまり意識していない。

ならば少しでも使える時間、集中可能な時間を捻出するという方向性だ。

劇的に時間を確保できる術

チマチマと隙間時間に作業を挟み込んでも、余計なストレスを抱えるだけ。

それに、そういったやり方では集中力も分散してしまいがちだ。

そこで僕は最近、劇的に作業時間を生み出せる方法を開発することに成功する。

ズバリ、シンプルに――

 

晩御飯(夕食)を省いて作業時間に充てる。

 

おいおいおいおい、と思う人もいるだろう。

成長期にある十代後半までの方には、あまりお勧めできない。逆に言えば成長期を終えた人には健康面からもお勧めできる。

夜にハードトレーニング⇒補給としての食事、という人は例外として、ディナーを豪華にという3食スタイルは、あまり理にかなっていないのは周知の通りだ。

晩飯カットのメリットを挙げよう。

  • 余計なカロリーを就寝前にカット可能
  • ゆえに肥満&糖尿病の予防になる
  • 空腹状態で寝ると内臓が休まる
  • というか飯食って寝ると起きた時に辛い
  • 朝飯が超美味くなる
  • 疲労が抜けて体調が抜群に
  • 昼飯に金を掛けられる様になる

当たり前だが晩飯を抜くという事は、それだけ朝食をしっかり食べて、かつ昼飯も充分に摂取する必要がある。

そして「晩飯というイベントをカット」でブログに注げる時間増は――

  • 買い出し&調理時間(約1時間)
  • 飯食う時間(30分くらい)
  • 食後休憩と片付け(30分以上)

まるまる2時間は浮く。

というか、晩飯を食って腹一杯&酒を飲んでしまうと、そこからはブログ作業どころではなくなってしまう。まあ、晩飯を豪華に主義はストレス解消には有効だが、夕方に適量ならばともかく、20時以降に満腹になるまで食うのは、どう考えても健康に良くない。胃腸も悲鳴をあげるだろう。

スピードアップとかコツというよりも、めっちゃ力業だが最高に有効だ。軽い空腹状態の方が作業は捗るし、糖分不足を感じたのならば飲むヨーグルトか野菜ジュースで補給すればいいだろう。晩飯抜いて腹が空っぽなので、生活習慣からくる糖尿病の心配は要らない筈だ。

 

とはいっても、僕も毎日実践できてはいないが。

ストレスから晩飯を食ってしまう事もしばしば。

だが、長らくかかったブログの全記事チェックを終えた今、更新頻度を戻していく為にも、晩飯カット生活を習慣化させたい所存だ。この記事で1月はたったの6記事目、う~~ん、不甲斐ない。来月からは本当にブログ、頑張ろう。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆