僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【市販品で簡単】戯れ言――チキンレッグのクリームソースについて【作り方】

【市販品で簡単】戯れ言――チキンレッグのクリームソースについて【作り方】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203155453j:plain

 

今回は「骨付き鶏もも肉」の自宅手作り料理を紹介しようと思う。

例によって男の独り暮らしメニューなので、手抜き感満載であるが、それゆえに誰でも気軽に作れるので、興味が湧いたら是非ともチャレンジしてみて欲しい。

 

なぜ「骨付き鶏もも肉」かというと、特売だったからで、つい予定外に買ってしまった。100グラム116円なので格安だ。鶏の照焼ソースで味付けすれば良いと思ったのだが、肝心の照焼ソースが切れていた。なんてこった。それで「有り合わせ」の材料を使ってこのメニューに挑戦、という経緯だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160115j:plain

 

これがその鶏肉。5本パックだ。

冷静に考えなくても5本は多すぎである。どうして衝動買いしてしまったのか。

充分に室温に馴染ませてから、フィークでプスプスと穴開けして下拵え。

下味とか凝ったことは一切しない。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160321j:plain

 

通常のフライパンではなく、これを使う。

何となくであり、深い意図はなかったりする。実に1年以上、放置していた。

溝があるので後始末(洗い)が大変だった。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160508j:plain

 

残っていた材料。

この他に少量のバターを使った。

では、料理スタート!

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160656j:plain

 

当たり前だが、最初は焼いていく。

使うのは3本というか、3本しか入らないし。

火が通るまでひたすらひっくり返す。

根気との勝負だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160759j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160830j:plain

 

もっと焦げ目がつくまで焼きたいところだ。

しかし我慢できなくなってしまう。

思い付きで、牛乳少量とバターを投下。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203160957j:plain

 

これが意味を成す行為なのかは不明だ。

焼きは続行である。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161107j:plain

 

いい感じに火が通った。ここまで長かった。

牛乳をぶっ込んだ為に皮に焦げ目がついていない。

やはり失敗だったか。

まあ、結果に大差はないだろう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161225j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161251j:plain

 

余り物であった冷凍野菜を入れた。

すぐに野菜は解凍される。

これで下準備はオーケーだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161358j:plain

 

牛乳と市販品のシチュールーを投下。

水は使わない。あくまで牛乳メインである。

濃厚に仕上げていく。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161504j:plain

 

非常によい感じだ。

匂いが素晴らしい。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161605j:plain

 

別の冷凍野菜も加える事に。

見た目、シチューっぽくなってきた。

シチューより濃厚であるが。

さらに煮ていく。沸騰はさせない。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161734j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161756j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161818j:plain

 

最後に強火でひと煮立ち。これで完成とした。

終わりどころに迷ったが、まあ、この辺でいいだろうと適当に判断。

凝りたい人ならば、塩コショウおよびコンソメで味を整えれば良いと思う。

さあ、お皿に盛りつけるぞ!

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191203161949j:plain

 

フォークではなく箸なのはご容赦いただきたい。

実食した感想を。

味について評すれば、チキンレッグ自体は実に普通な味であった。そりゃそうだ。格安の特売品なのだから、肉そのものの質はお察しである。

しかしクリームソースは絶品だった。

う~~~~ん、まいるど!

もっとも、このソースをシチューとして食したいかと問われると、当然だがノーサンキューであるが。あくまで肉を彩るソースとしての味だ。

 

自己採点で80点は付けられる。

けれど、最後に問題が――

残りの2本、どうしようかなぁ(汗

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆