僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【キセノン休場(窮状)/引退できず】戯れ言――史上最弱横綱・稀勢の里について【金星配給マシーン】

【キセノン休場(窮状)/引退できず】戯れ言――史上最弱横綱・稀勢の里について【金星配給マシーン】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181115101132j:plain

 

いや、その、なんだ。

仮にご本人が目の前にいたとして、掛ける言葉が見つからないのだが。

あまりにも悲惨すぎる。

 

盛り上がってはいた。

某掲示板の実況もキセノンの取り組みの時は、勢いが凄かった。

フォローに腐心する解説が哀愁を漂わせていた。

まず1勝ってさ。

「頑張って褒められる」「前向きで褒められる」

初めて平幕に上がった力士への言葉みたいである。

 

ここまで同情されるって。

 

もうさ、横綱昇進後の休場率とか勝率とか、それに相撲内容そのものからして、疑いようがないレベルで歴代最弱である。

スィーツ親方こと元大乃国も弱かったけれど、ちゃんと引退できたしなぁ。

 

キセノンの悲劇は、周囲に引退させてもらえない事、その一点に尽きるだろう。

 

ほら、唯一の日本人横綱だからさ。

ドルジ(朝青龍)なんて、追い出される様に引退だったのに。引退後のドルジを見ていると、ヤンチャには違いないけど、人のしての品格は普通にあったんじゃないのかな?

 

横綱の品格は――強く、負けない事。

 

この大前提を横審はねじ曲げてしまい、あげくキセノンを晒し者にし続けている。

負けても責められず、同情される客寄せパンダ。

そのパンダっぷりはハンカチ王子こと斎藤佑樹など比較にならない残酷さだ。

 

今のキセノン――

取り組み前の自信のなさ。

負けた後の虚ろな目。

覇気のない、というか精神的に病んでそうな顔。

気力も体力もとっくに限界。

 

キセノンを守るべき父親ですら「もう息子を解放してやってくれ。親としてボロボロの息子を救いたいんだ」と世間に訴えられない始末だ。

おい、息子を守る為にマスコミに訴えろよ。アンタの息子だろ!

このままだと、本気で精神壊れて、最悪で自殺いきだ。

相撲が大好きだったキセノンは、もう相撲が嫌いになっているかもしれない。

晒し者として土俵に上がるのなんて、嫌だろうに。

 

まさか、このまま東京オリンピックの2020年まで引っ張るつもりか。

 

この状況で辞めたくない――筈がないというか、だったらもっと不貞不貞しいだろう。

心がボロボロでも無様な晒し者になり続けている――というのは、残酷だがそういう事に他ならない。キセノンの周囲はキセノンが引退したら困るのだ。

引退勧告が出ない点で、もう不自然に過ぎている。

 

そりゃ、キセノンと当たる平幕力士は嬉しいだろう。

景気よく金星を配給してくれるから。引退まで金星1つで年収24万円アップだ。

平幕からすれば、史上最高の横綱に違いない。

 

5日目から、すでに恒例となりつつある休場だ。

 

休場が多くても、出場した場所で責務を果たしてくれれば、まだマシなんだが。

ここまで衰えて弱くなってしまっては。

本来ならば、長く大関のポジションで活躍するタイプだった。

 

日本人横綱――という看板の為に、横審はキセノンの相撲人生を台無しにした。

 

キセノンは相撲協会と横審による被害者で犠牲者だ。

過剰な贔屓が、かえってキセノンを苦しめた。

すでにマスコミや世論でさえ、もう横綱云々でキセノンを責める者は皆無だろう。

だからさ、相撲協会に横審、そして親方よ。

人の心があるのならば、お願いだ。

 

本場所終了後に、キセノンの心を救って(引退させて)やってくれ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村