ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【包丁要らず】戯れ言――手作りシチューについて【超簡単レシピ】

【包丁要らず】戯れ言――手作りシチューについて【超簡単レシピ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815130626j:plain

 

今回はタイトルにある通り、シチューはシチューでも、家庭における『手作り』シチューについて述べたいと思う。 

 

シチューやカレーといったメニューは、大家族であっても単身者であっても、非常に便利なメニューといえよう。

大家族ならば一気に量が作れてしまい、単身者であれば余った分を冷凍保存できる。

しかも、だ。

コロッケの中身やグラタンへ転身させるといった(高度な)技も可能である。

 

この記事は、これからの独り暮らしを検討している単身者へ贈ろう。

遠慮せずに受け取って欲しい。

 

正直いえば、クックパッドに『自慢げ』に載っているご立派な代物と比較すると、味は落ちる気がする。というか、あんな風に洒落た感じでは紹介できない。

コストパフォーマンス的にも、そんなに優れていないだろう。

 

それでも、あえて僕は『お手軽』なレシピとして公開する。

大丈夫、この程度であっても独り暮らしは可能なのだと。

 

まずは材料からだ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815131417j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815131546j:plain

 

 

ご覧の通り、全てカット済みである。この手軽さにお金を払っているのだ。

包丁は本当に一切使わない。故に生ゴミも出さないのである。

定番の玉葱も嫌いなので使わない。皆さんは普通に使うべきだろう。

グラタンでもないのにペンネがあるが、単に好きなので加える様にしている。皆さんは使わなくても結構だ。とろけるスライスチーズも仕上げに入れるが、これも割愛可だ。

 

肉が半額品なのが、密やかにコストパフォーマンスをアピールしているが、冷凍野菜が割高なので、トータルでは決して安上がりとはいえないだろう。

 

それでは料理――という程には凝っていないが、とにかくスタートだ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815132044j:plain

 

 

最初に鶏肉を焼く。いきなり煮ない。

冷凍保存してあったので、軽く火を通しておきたいからだ。

油は引かなくても大丈夫である。僕は写真にあったマーガリンを軽く伸ばすけれど。

火加減は一貫して中火で。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815132231j:plain

 

 

こんな感じで、適当に。

そうしたら次に冷凍野菜を投入だ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815132412j:plain

 

 

もの凄い見た目であるが、解凍されてくるので大丈夫だ。

こんな具合になるまで火を入れ続けよう。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815132853j:plain

 

 

ここまできたら一旦、火を止める。

そして水を入れるのだ。量は目分量、適当でオーケーだ。

固形ルーと牛乳で後の微調整が利くから心配無用である。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815133025j:plain

 

 

ここから弱火で煮込んでいく。

焼いて火は通っているので、材料を煮るのではなく、材料から出汁(エキス)を抽出してスープを作る感覚で。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815133235j:plain

 

 

灰汁(あく)が浮いてくるので、丁寧に全て取り除く。

残念ながら、この行程だけは『絶対に』手抜きできない

ここを手抜きすると、いくら超簡単レシピでも味が大惨事だ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815133429j:plain

 

 

良い感じになった。

苦労して、丁寧に灰汁を除去した(要・数分)甲斐があっというものだ。

この時点でスープを味見。うん、悪くない。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815133649j:plain

 

 

火を止めて、固形ルーを投下。

できるだけ余熱で溶かした後、再び弱火で煮込んでいく。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815133825j:plain

 

 

ホワイトシチューっぽい外見になった。

いや、ホワイトシチューなのだが。

この時点だと、まだルーが緩くて、とろみ不足か。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815134334j:plain

 

 

ここで追加の固形ルーと、好物のペンネを。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815134455j:plain

 

 

最後に牛乳とマーガリンで味を調整して、完成である。

スライスチーズも千切って入れてある。これがいいコクを生み出すのだ。

 

正直、写真は必要なのか疑問を覚えるが、テキストのみだと『コイツ、本当に料理したのか?』と思われるかもしれないので、証拠としてアップした。

 

さあ、食べよう!

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180815134829j:plain

 

 

繰り返すが、味は至って普通である。 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村