僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【寒い冬】戯れ言――自宅で手作り豚汁について【独り者レシピ】

【寒い冬】戯れ言――自宅で手作り豚汁について【独り者レシピ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201054911j:plain

 

実に久しぶりとなる自宅レシピ記事である。

多忙になってしまい、食レポはもちろん自炊する時間的余裕がないのだ。本当はこういった記事ももっと書きたいのだが。

 

ってなわけで、なんと12日ぶりの完全休日という事もあり、何か作ってみようと思い立った次第である。メニューは冬の寒さにピッタリな、豚汁にしよう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201060717j:plain

 

ジャンボパックで余ってしまい冷凍保存していた豚肉を使う。

豚バラだった筈。健康を考えるとロースの方がいいのだが。

それに加えて、水炊き系の鍋に加えようと思って放置してあった鶏だんごも。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201060924j:plain

 

野菜は手軽にコレで済ませる。

トップバリュー『野菜ミックス とん汁の具』だ。2袋使う。

手抜きにも程があるが、これでいいのだ!

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201061102j:plain

 

だし入りみそ、と木綿豆腐。豆腐は絹ではなく木綿派だ。

この味噌も賞味期限内に使い切れないのは明白である。今回は白だ。豚汁なので赤は論外として、僕は合わせ味噌も大好きだ。

 

じゃあ、早速、作っていこうか。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201061315j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201061332j:plain

 

解凍するのが面倒なので、そのまま炒める。少し焦げてしまう。

軽く火が通り、解けたらOKだ。火を止めて野菜パックを投入する。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201061516j:plain

 

フライパンの余熱で解凍する。

肉と野菜をちゃんと混ぜ合わせよう。

そして水を入れて、弱火で煮る。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201061620j:plain

 

当たり前だが、灰汁が浮いてくるので、丁寧に掬って除去する。

おたまじゃなくてスプーンで。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062015j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062037j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062100j:plain

 

煮込み過ぎないように、豆腐だけは後入れだ。箸で崩す。

ここで火を止めて、みそを溶かしていく。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062224j:plain

 

溶かしたら、風味が飛ばない程度に一煮立ちだ。

本当は沸騰させない方が望ましいが、そこまで凝らない。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062318j:plain

 

あらら? まだ灰汁が残っていたので、これも取る。

そして――完成だ!!

所要時間は、たったの30分以下だったりする。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062412j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190201062432j:plain

 

試しに一口すする。

うん、味はいたって普通である。味の調整は不要だった。

これだけあれば、3日はご飯のお供になるだろう。寒いから痛みにくいし。

満足だ。冬はやっぱりコレだと思った。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆