ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【レンジ】戯れ言――冷凍パスタについて【簡単】

【レンジ】戯れ言――冷凍パスタについて【簡単】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180709050134j:plain

 

ここ近年、冷凍食品の進化が凄まじい。

レンジでチンするだけなので、物臭な僕は非常に助かっている。

今回はパスタについて語ろうと思う。

下()は冷凍庫にストックしてある冷凍パスタだ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180709045833j:plain

 

 

全て定価では買っていない。半額セールでの買い込みが基本である。

弁当や総菜の割引品とは異なり、かなりの長期間、保存がきくし。

コストパフォーマンス的に、4割引以上の冷凍パスタは最強と言ってよいではないだろうか?

 

雑破に一皿180円とする。

 

電子レンジを使用した際の電気代や、ちょっと手間をかけてプライパンで温めた場合のガス料金、共に微々たるものであろう。

 

対して、乾燥パスタを茹で、パスタソースを温め、具材を炒めて合体させる場合。

 

それぞれの品質とお値段に依るが、まともな商品だと合計で200円は下らないだろう。

ペペロンチーノなら安いだろうが。

 

それにたったの一人前に手間をかけたくない。

 

シンクに捨てる事になるパスタの茹で汁も、勿体ないではないか。環境にも優しくない。それに、冷凍パスタの味が素晴らしいのであれば、無理に一人前を茹でたり、具材を炒めたり、ソースに絡める必要はないだろう。

 

そんなワケで、僕の自宅パスタはほぼ冷凍食品である。

ちなみに下写真は『旨盛り ゆず香る和風醤油』だ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180728080508j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180728080620j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180728080702j:plain

 

 

写真だと美味そうに見えないかもしれないが、味はバッチリである。

続いて紹介しよう。

次は、『もちもち食感生パスタ 小柱の明太子クリーム』だ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180820081401j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180820081455j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180820081548j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180820081631j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20180820081717j:plain

 

 

どうだろうか? 2度目だけあって最初よりも旨そうに撮れていると思う。

iPhoneのカメラで光源やレフ板を用いていない割りには上出来だ。

味はもちろんバッチリである。

 

3つ目はボンゴレ。

『THE PASTA ボンゴレビアンコ』だ。ボンゴレとペペロンチーノはパスタの中でも特に好物だったりする。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20181005153255j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20181005153404j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20181005153458j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20181005153536j:plain

 

 

とはいえ、冷凍パスタのみではない。

たまに3割引き以上ならば惣菜パスタも購入する。ちょっとした贅沢といえよう。

下()のシリーズとか、美味しいのでお勧めだ。

 

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20180728081346j:plain

 

 

もっとも数人分を作るのならば、冷凍食品より普通にパスタを茹でた方が安上がりなので、お子さんがいる主婦(主夫)の方には参考にならないだろうけれど。

独身男性だと、こんなものだったりするのです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村