僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【簡単】戯れ言――自分で茹でたパスタ料理について【レシピ】

【簡単】戯れ言――自分で茹でたパスタ料理について【レシピ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214030618j:plain

パスタ料理にチャレンジ

家庭でのパスタといえば、現代(今)だと圧倒的に冷凍食品がよいという人が多いだろう。特に単身者にとっては。なにしろ余計な手間が一切掛からない上に、コストパフォーマンスに優れている。そして味も抜群なのだから。

 ◆合わせて読みたい◆

 

とはいっても、だ。

YouTuberがパスタを茹でて自分で料理している様子を目にすると、それはそれで羨ましく思ってしまう自分がいたりする。ペペロンチーノとかは殊更にだ。ペペロンチーノだけは、本物の味は冷凍食品では無理な気がするではないか。

パスタ王のペペロンチーノ

www.youtube.com

 

こんな風な本格的なやつに、ちょびっと憧れを抱いてしまった僕は、なにを血迷ったのか(アルコールの勢いもあって)スパゲティの麺を買ってしまったのだ。

初となる一度目は見事に失敗した。

それはとても記事として公開できる代物ではなく、しかし僕はリベンジを誓う。

今回は再挑戦の様子を伝えようではないか。

手作りパスタに挑戦したいと思っている人達よ、僕に勇気づけられてくれ。

材料を揃える

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031359j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031411j:plain

 

まずは材料を紹介した。

うん、パスタ王が披露したペペロンチーノはもっと腕が上がってからにしよう。

今日はボンゴレビアンコ――しかも出来合いのソースを絡めるバージョンである。コスパ的には、このソース+ウィンナーであっさりと冷凍食品(200円前後)と同じくらいだ。いいんだよ、損得勘定ではないのだから。ロマンだよ、ロマン。

 

――では、手始めにお湯を用意だ。

普通にガスで沸かす。王道中の王道である。

料理、スタート

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031434j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031449j:plain

 

沸騰したら塩を入れる。

塩分控えめとかは、この時は忘れよう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031516j:plain

 

余っていたウィンナーを投入。

無くても問題ないが、出来合いソースのあさりのみではタンパク質不足だ。

正直いうと賞味期限だからだが。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031551j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031647j:plain

 

麺を入れた。恰好いい入れ方だ。

この瞬間のみ、僕はパスタ王になる。

いや、パスタ王を名乗るのは流石に失礼か。

言い直す。

そう、僕はパスタ王子だ。

英語で言うと、プリンス・オブ・スパゲティ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031703j:plain

 

ちょっとだけ芯が残るまで茹でる。アルデンテだよ、アルデンテ。分かるだろ? ステーキでいうとミディアムレアみたいにメジャーワードである。

強気に攻めていく。

前回は芯を残し過ぎてパスタが固かった。不味くて最後まで食えない程に。

さあ、フライパンに移行だ。 実際は同時進行しているけれど。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031738j:plain

 

出来合いのパスタソースであるが――説明では電子レンジか湯煎となっているが、僕はパスタ王子としてフライパンで加熱だ。パスタ王子っぽく茹で汁も追加して。

そしてウィンナーをフライパンへ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031810j:plain

 

乳化なんだよ、乳化。

YouTuberのパスタ王みたく呟いた。あまり意味は理解していないけれど。

ソースが蒸発して、いい感じだ。

麺の茹で具合も(たぶん)いける! パスタ王の真似をして、1本だけ味見してみたが、ぶっちゃけよく分からなかったのはここだけの話である。前回よりはマシだろう。前は味見を略して大惨事だった。

華麗に最後の仕上げといこう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031845j:plain

 

パスタとソースを絡める。

写真撮影技術が最低なので、アレに見える。

現物はかなり美味しそうであった。

お願い、信じて!

これにて完成!

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031901j:plain

 

よし、急いで火を止めた。

ソースが蒸発し過ぎであったので。

お皿に盛りつける。

実食タイム

f:id:ayafumi-rennzaki:20191214031918j:plain

 

う、う~~ん?

あまり美味しそうに見えないなぁ(汗

Photoshopで加工した方がいいかも。僕が「料理系YouTuberになるのは無理だ」と改めて思った。動画として公開してもBADの嵐になりそうである。

ラストに実食の感想を。

失敗ではない。立派に成功だ!

 

まあ、ぶっちゃけ冷凍食品の方が旨いという味だったが。

 

しかし手軽に作れるので、まだまだチャレンジする意味はありそうだ。

研鑽し、腕を磨こう。

いつの日か、パスタ王みたいな美味しいペペロンチーノを作る為に――

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆