僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【お手軽】戯れ言――久しぶりに自宅でハンバーグを焼いた件について【成形済み出来合い品】

【お手軽】久しぶりに自宅でハンバーグを焼いた件について【成形済み出来合い品】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430204307j:plain

成形済みの肉ダネを購入

自宅ハンバーグといえば挽肉を手捏ねした「手作り」を想起する方が大半だと思う。しかし世に出ている「店頭品ハンバーグ」には様々な形態があり、フライパンで焼く手前の行程まで完成している成形済みハンバーグのタネもちゃっかりと売られているのだ。

30パーセント値引きで買ったそれを、今回は久しぶりに焼いてみようと思った。

理由は以下の記事だ。

家庭用レシピ企画のハンバーグ記事

◆合わせて読みたい◆

 

資産化でき、かつ「検索して辿り着いてくれた方に有用な情報」を――というコンセプトで『家庭用レシピ』シリーズをSUBカテゴリ化して始めている。現在、13品の家庭料理をレシピとして記事にした。まだまだレパートリーは足りない。

料理系YouTuberを研究している身としては、 久しぶりに家でハンバーグを焼こうと思い立ったのだ。ぶっちゃけ、この記事より上のレシピ記事方が有用・有益であるが。

 

それはそうと、この前に作ったグラタンは実に良い出来であった。

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430210855j:plain

 

写真だと今ひとつっぽいが、実物は会心の出来で、過去最高といえよう。ちょっと自慢したくなったではないか。いや、まあ、インスタントのグラタンソース製ではあるが。本当に(自分好みで)美味しかった。

俺はやればできる子――そんな暗示が掛かる。

材料を揃える

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430211051j:plain

 

付け合わせはローソンストア100で買ったミックスベジタブルにした。

フライドポテトとかポテトサラダでも良かったが、健康を考えて糖質を抑えたかったのだ。脂質の塊であるハンバーグを食べるのにナニ言っているんだ、という感じだが。

実は裏側がちょっと変色しているのは、ここだけの話である。

冷蔵庫の中で保管しているとはいえ、賞味期限を2日ほどオーバーしてしまった(汗

料理、スタート

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430211836j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430211847j:plain

 

サラダ油をひいて、付け合わせのミックスベジタブルから炒めていく。

中火で適当に。とりあえず生でなければいいやって大雑把な塩梅だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430212026j:plain

 

途中で塩と胡椒を降る。

どうして途中からだと思う?

単に入れ忘れていただけだ。

焦げ付く前に完成とした。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430212037j:plain

 

さあ、次はいよいよハンバーグを焼く。

脂はサラダ油ではなくバターだ。

断っておくが、ちゃんと肉は(1時間ほど放置して)常温に戻している。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430212932j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430213211j:plain

 

良い感じだ。

肉ダネを投入する。

火加減は強めで。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430213232j:plain

 

ちょっと厚い気がする。

これでは中心まで日が通り難いのでは?

よし、潰そう

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430213455j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430213610j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430213508j:plain

 

うん、失敗した(苦笑

片方の形が無残に崩れてしまう。

とはいえ、このまま焼くしかない。

弱火にし、蓋をしてしばし蒸し焼きに。

ひっくり返したい欲望を抑え込む。

待て、まだだ。じっと待つのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430223606j:plain

 

ひっくり返さなくても、反対側が色づいた。火の通りは充分の筈。

流石にOKだろう。

よし、ひっくり返すぞ!!

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430223740j:plain

 

焦げてる(泣

ちくしょう、大惨事だ。

焼き過ぎた。

でも、食えない程でもない。

中火にして続行だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430223940j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430223953j:plain

 

その、ええと、生焼けよりは、まあ。

ほら確実に火が通っているから安全だ。

ソースを作ろう。

もう凝ったソースを作る気は失せている。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430224149j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430224159j:plain

 

バター、ケチャップ、ウスターソース。

そしてトンカツソースと醤油を少々。

配分は目分量で。

肉汁もあるし、失敗はしないだろう。

実食タイム

f:id:ayafumi-rennzaki:20200430224402j:plain

 

箸で焦げを取り除いてから食べた。

普通な味だった。

やや焼き過ぎたのは否定できず、肉がボロボロと崩れる感じである。

ストロングゼロのお供だったので不味くなければオッケー。

 

――次こそは上手く焼きたい。

胸中にリベンジを誓うのであった。

 

スポンサーリンク

 

新フライパンでリベンジを

今までのフライパンはテフロンが限界に達していた。具体的にいえば、冷凍餃子を焼いたならば、皮がひっついて剥がせなくなるくらいに。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707141317j:plain

 

そこで僕は新しいフライパンを買った。

軽さを犠牲にしてテフロンが長持ちするのを。

底面の綺麗さが段違いだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707141513j:plain

 

これからは、このフライパンで料理していく。

よろしく、新しい相棒よ。

材料を揃える

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707141710j:plain

 

前回よりも、ちょっと安い肉だ。

そして安定の半額品である。

付け合せは、冷凍の『洋風ミックス野菜』の残りをソテーする事とした。

両方とも解凍して常温に戻した。

料理、スタート

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707141937j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707141952j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142007j:plain

 

サラダ油ではなく胡麻油を使ってみた。

人参が一欠片しかなかった(泣

でも、まあ、残り物だしこれでいいか。

いよいよ肉を焼く。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142145j:plain

 

フライパンがツルツルの滑らか。

これなら肉がひっつく心配なしである。

焼け具合が楽しみだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142445j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142501j:plain

 

うっ!

焦げてる(泣

またやってしまったよ、くそ。

爪楊枝さしたら、肉汁が。

割と透明な汁なので、前回みたいにヘラで潰す必要はなさそうである。テフロンが劣化していないからか、箸で簡単にひっくり返せた。

よし、蓋して蒸し焼きタイムだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142725j:plain

 

蓋は旧フライパンのを流用している。

弱火にして、暫し待つ。

焦るな、焦るな、じっくり火を通すのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707142858j:plain

 

こんなものであろう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143001j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143019j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143035j:plain

 

なんだかんだで旧フライパンよりはマシな感じに焼けている。

ちょっと焦げが多いが、それ以外は割と改心な出来栄えかも。

さあ、ソースを作るか。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143208j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143224j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143240j:plain

 

肉汁をベースに、ケチャップとウスターソースに醤油&本みりんで軽く煮詰めた。

味は適当でよい。

今回は新フライパンのテストなので。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200707143408j:plain

 

良い焼き具合だった。

う~~ん、こんなに楽に焼けるのならば、もっと早くフライパンを買い替えておけば良かたかな? フライパンは消耗品。今度からはケチらずに買い換えよう。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆