僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
MENU

【2019年2月3日】戯れ言――今年の恵方巻きについて【節分】

【2019年2月3日】戯れ言――今年の恵方巻きについて【節分】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190203104939j:plain

 

今年も節分の季節がやってきた。

鬼はぁ~~外! 福はぁ~~内!

豆は撒かない。後片付けが面倒だから。

 

しかし商業イベントと承知で、今年も恵方巻きを食べようと思う。

恵方巻き。

元は関西の縁起物である。

その名称の始まりは1989年だ。広島県の某コンビニが「関西には節分に風習として太巻きを食べる」と、『恵方巻き』なる新製品をブチ上げたのだ。

いや、ちょっと待て!

 

1989年って僅か30年前である。随分と歴史浅いな。

 

プロボクシングの4大世界タイトル(WBA、WBC、IBF、WBO)で、最も後発なのがWBOなのだが、そのWBOよりも歴史が浅かったとは。ちなみに最古がWBA(世界ボクシング協会)で、そこから分裂してWBC(世界ボクシング評議会)が発足する。次いでIBF(国際ボクシング連盟)が誕生し、最後にWBO(世界ボクシング機構)という順番だったりする。現状、ボクサーに人気なのは融通を利かせてくれるWBAタイトルだ。WBCもそこそこボクサー側に融通を利かせてくれるし、もっともニワカ層には知名度がある。逆にIBFは運営が厳格すぎてボクサーに嫌われている。最後発のWBOが現状で1番権威があるっぽい。4大タイトルは全て同格だが。

 

話が逸れた。

広島県の某コンビニ発だったのが1998年から全国商業展開され、2000年以降、完全に認知度を得たといえよう。

一応、20年くらいの歴史はあるのだ。

 

ぶっちゃけ、関西での起源――オリジナル恵方巻きは知らない。

というよりも、オリジナルの恵方巻きは恵方巻きなのか? 諸説ある様だが、詳しくはWikipediaを参照ねがう。巻き寿司そのものは、250年くらい前(文献初登場が1749年)からみたいだ。

リンクはコレね。ブラクラじゃないので信用してくれ。

それに現在では販促用の商業イベントとしての便乗、いや、アレンジ商品の方が幅を利かせている印象である。いかにも商魂たくましい日本らしいではないか。とはいっても、昔と違い、今の大衆は簡単に騙されたりはしないが。

 

ちなみに、この記事は蘊蓄系ではない。

単に今年の節分はコレを食べました、という日記だったりする。SEO的には無い方がマシであろう、いわゆるゴミ記事だ。日記系の記事はGoogleからのサイトの評価は落ちてしまうが、それでも何となく書きたかったのだ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190203174749j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190203174808j:plain

 

イベント限定で恵方巻きを騙っているだけの、ただのサラダ巻きである。

サイズ的にこれくらいで、僕には丁度いいのだ。

 

方角を向いて丸かじりもしていなく、普通に箸で食べた(実際には昨夜が3日で、これを書いたのは4日の早朝なのだが)。そして、今朝のニュースを観る限り、案の定、今年も大量の廃棄品が問題になっている模様。どうして入荷数を調整できない。

来年は海鮮巻きがいいかな。ただし半額で買えるのならば。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆