僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【家庭用レシピ】人気の定番――おいしい豚の生姜焼きの作り方について【プロのコツ】

【家庭用レシピ】おいしい豚の生姜焼きの作り方について【プロのコツ】

区切り線


f:id:ayafumi-rennzaki:20200317235039j:plain

【 注)写真はフリー画像によるイメージです】

生姜焼きとは

誰もが知っているとは承知ではあるが、一応、正式にメニューの解説を。

 生姜焼き(しょうがやき)とは、ショウガの汁を加えたタレに漬けた肉を焼いた日本料理。豚肉を基本とするレシピであり、単に生姜焼きと言えば「豚の生姜焼き」を意味する。和製英語ではポークジンジャーとも呼ばれるが、これは厚みのあるロース肉を用い、洋風の味つけを施したソテータイプの肉料理を指すことが多い。英語ではginger fried porkと表記される。

ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテ時などの豚肉によるビタミンB群補給に適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。

引用:Wikipedia

実践レシピ

材料(2人分)

  • 豚肉(250g)
    ロースが基本だがバラでもOK
  • ショウガ(1個)
  • 醤油(大さじ2)
  • 本みりん(大さじ2)
  • 料理酒(大さじ2)
  • 砂糖(小さじ2)
  • 玉ねぎ(1/8個)
    好みで、その半分でもOK
  • ニンニク(1/4個)
    好みで、その半分でもOK
  • 塩コショウ(適量)
  • 薄力粉(適量)
  • キャベツ(1/4個)
  • ミニトマト(4個)
  • キュウリ(1/8本)
  • サラダ油(適量)

ロース肉の種類については「切り落とし」「生姜焼き用」「薄切り」「厚切り」「トンカツ用」どれでも構わない。各自が好きなものを。

キャベツ、ミニトマト、キュウリは付け合わせ。この辺の組み合わせも各々自由に。

ぶっちゃけ、タレのベースは市販の完成品でも味に大差はないと思う。

下拵え

①豚肉を常温に戻し、筋を切る

これは肉料理における基本中の基本。 

バラ肉の場合は筋切りは要らない。筋切りは切れ込みを入れる程度でOK

②付け合わせを用意

キュウリはスライス、1皿に2~3片。

ミニトマトは2個ずつ。キャベツは千切りに。

 

③ショウガ、ニンニクと玉ねぎをすりおろす

ニンニクと玉ねぎは一緒にしてOK。

ショウガは隔離しておく。

なお、ニンニクと玉ねぎは隠し味なので、苦手な人は使う必要はない。

調理スタート

①肉に下味をつける

肉に塩コショウを降った後、薄力粉をまぶす。

この行程を省き、タレを漬け込むのもあり。漬け込むタレは市販品でもいいだろう。

②タレを作る

ショウガを除く、醤油+本みりん+料理酒+砂糖+玉ねぎ+ニンニクを混ぜ合わせる。この時点で手抜きせず味見をし、自分の好みに調整する様に。なお、みりん風は使わずに必ず本みりんで。

④肉を焼く

十分に加熱したフライパンにサラダ油をひき、肉を入れる。

火加減は中火から強火で。バラや切落しでない場合、肉はあまり動かさない。しっかりと焼き目を付ける為に、ひっくり返すのは1度か2度。

余計な油(脂)をキッチンペーパーで丁寧に拭き取ってから、タレ(用意した3/4ほど)を絡めて焼く。火加減は中火くらいで、煮詰めない様に。

焼き加減が照り焼きっぽくなったらショウガを入れて、好みの味に調整。

強火にして残りのタレを投下して仕上げる。強火でみりんのアルコールが飛べばOK

キャベツ等の付け合せもスタンバイ。

 

――で、皿に盛り付け完成

参考にしたYouTube

検索すれば沢山ヒットするが、無難な動画をピックアップしておく。

基本、タレを絡めて手早く焼くだけの料理なので、これといって難しい事はないだろう。 むしろ失敗する方が珍しいし、注目といった秘伝も発見できなかった。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

最後に皆さんへ

超カンタンで美味しい家庭料理、それが豚の生姜焼きだ。人気メニューなのも、この記事を書くにあたって納得と再認識した。焼き過ぎて肉を固くしたり、タレを入れ過ぎて煮詰めてしまったり、盛り付け時、タレが余計にたっぷりになったり、油(脂)ギトギトにでもしない限り、どうやっても不味くはならないと思う。

薄玉ねぎのスライスを入れて焼く場合は、肉をサルベージしてから十分に火を通した方が良いだろう。生に近い食感が好きという人は別にして。

コツをまとめると――

ポイントは以下

 

  1. タレを入れる前に余計な脂を拭く
  2. 漬け込んだ場合、タレを拭ってから焼く
  3. フライパンに残ったタレは皿に注がない
    ※バラ肉で丼にするなら逆でタレを注ぐ
  4. お皿は温めておく

購入は以下のリンクから

楽天からどうぞ。

使う肉によってタレを独自にアレンジしてみるのも面白いかも。

 

 
 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆