僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   

【JKおもらし漫画】戯れ言――公共のトイレ個室で立て籠もる人について【便座でスマホいじり】

【JKおもらし漫画】戯れ言――公共のトイレ個室で立て籠もる人について【便座でスマホいじり】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417120300j:plain

 

これはツイッターで公開された漫画を基にした記事だ。

いい感じに拡散された模様で、某まとめサイトでも取り上げられた。なかなか面白かったから僕も遠慮なく引用し、個人的な見解を述べていきたいと思う。

話題を呼んだツイッター漫画

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417223818j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417223851j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417223917j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417223938j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417224009j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417224030j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20190417224055j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

まずは率直な感想

これに異論を唱える人は皆無と思うが――絵、上手いな。
それから漫画も上手い。無駄なコマがないし、スムーズに読める。

「自分を美化して描いている」なんて的外れな意見(感想)も目にしたけれど、美化じゃなくて、純粋に作者さんの絵柄だろう。

作り話だという人への反論

創作だったとしても、それはそれで別に問題はないのだが。

売り物(有料)として公開されているわけでもないし。ロハで万人に公開している作品で、かつノンフィクションでなくフィクションであっても、誰かを具体的に中傷してもいない。あくまで過去話を漫画化というかたちでSNSによって拡散しただけである。

 

JKなのに高校生くらいのアルバイトを「クソガキ」呼ばわりは変だ、という意見に対しては、かつてJKだった作者さんの「今の視点」だからだ。

 

粗相(漏ら)したのは「小ではなく」だ、という突っ込みも無粋である。

マイルドに小だと表現しているだけで、小だと偽るつもりならば、最初から「猛烈な尿意」としていただろうし、腹が下る擬音や、5コマ目での「プーン」という臭いも、ちょっとあれだ。ひょっとしたらアンモニア臭かもしれないが、腹痛からの「ギュルルルル」「ボゴロロロロ」という獰猛な胃腸のうねりから、小はないだろう小は。

そこは察して読んであげるのがマナーといえよう。

 

それから家電の形状からして、それなりに昔の話だろう。

スマホどころかガラケーですらない。

 

スポンサーリンク

 

 

この漫画で主張したかった事

公共のトイレ(個室)に長時間、立てこもるな――これに尽きる。

本当に迷惑だから。

仮に、ちょっとスマホをチェックしたくなっても、待っている人がいたり、トイレに個室が1つしかない場合は、JK(常識的に考えて)自重するべきだ。

公園のトイレはまだまだ綺麗とは言い難いが、今時は店舗や駅、空港のトイレは必要以上に綺麗かつ快適になってしまっている。時間に余裕があったり、暇だったりすると、つい便座に腰を下ろしたままスマホを弄りたくなるのも、心情としては理解できない事もない。

しかし、この漫画の様な悲劇が起きないとも限らないので、ちょっと魔が差してスマホを弄ってしまっても、せいぜい5分以内で出てあげよう。

 

また、アルバイト定員がサボるのは(客に被害を出さなければ)勝手であるが、店内に1つしかないお客様と従業員兼用のトイレ個室を占拠するのは以ての外だ。

こういった対外的な事案は、店側にとってシャレにならない。

客同士でのトイレトラブルならば、話は別になってくるが。

 

最後に一言。

下校時で不幸中の幸いだった。

いや、本当は登校時だったのかもしれないけれど。

実際(出勤時の朝に)、犬のではなくトラック運転手の生産物と思われる立派な大を、コンビニの駐車場で発見した事があるし。トイレまで駆け込む余裕すらなく、ギリギリでズボンとパンツを下ろしたんだろうなぁ、と何ともいえない気分になった。

人間、大人になっても漏らす時は漏らすのである。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆