僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
淡雪の簡単お料理チャンネル
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【真のPFPキング】戯れ言――天才テレンス・クロフォードがショーン・ポーターをKO撃破【WBO世界ウェルター級V5】

【真のPFPキング】天才テレンス・クロフォードがショーン・ポーターをKO撃破【WBO世界ウェルター級V5】

区切り線

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20211123190752j:plain

スポンサーリンク

 

 

この男、ポーターさえもKOする

YouTubeを始めている関係で、リアルタイムでの記事アップが無理になってしまっている。クロフォード有利は動かないだろうし、明白に勝つだろうとは思っていた。でもKOやストップ(TKO)は難しいかな、と。元ウェルター級世界王者(IBFとWBCをそれぞれ防衛1)にして、過去3敗しているがKO負けはないタフガイが、ショーン・ポーターという歴戦の勇者である。だからポーターさえもKOに下した天才に僕は驚愕した。この男こそ、まさしく天才中の天才であろう。真のパウンド・フォー・パウンド・キングはこのクロフォードだ。

 

11月19日(日本時間11月20日)

会場:米ラスベガス

   マンダレイベイ・リゾート&カジノ

WBO世界ウェルター級タイトルマッチ

TKO10回1分21秒

 勝利 同級王者

    テレンス・クロフォード(34=米)

    戦績:38勝(29KO)無敗

      VS

 敗北 同級2位

    ショーン・ポーター(34=米)

    戦績:31勝(17KO)4敗1分

 ※)クロフォードはV5に成功

クロフォードは約1年ぶりの試合

前回の試合で、ケル・ブルックを4回で沈めている。

 

◆合わせて読みたい◆

 

このブログでクロフォードを扱ったのはこれだけだ。アミール・カーン戦は「なんだこりゃ」みたいな終わり方だったので書かなかった。いや、クロフォードに非はないのだが。

そういえば忙しくて、ライバルであるエロール・スペンスJr.の記事も2つしか書けていない(判定勝利が続いたのもあったが)。だが、幸いにもポーター戦は記事していた。

 

◆合わせて読みたい◆

 

スペンスJr.はポーター戦後に交通事故を起こし、そこから再起(?)、いや復帰して元2階級王者のダニー・ガルシアに判定勝ちしている。あの英雄パッキャオと戦う予定であったが、自身の網膜裂孔で試合が流れてしまった。

27勝21KO無敗

世界戦は――

ケル・ブルックに11回KOでIBF王座獲得

ピーターソンに7回終了TKOでV1

無名の咬ませ犬相手に1回KOでV2

V3戦が――

◆合わせて読みたい◆

世界戦で初の判定(4戦4勝3KO)

で、ポーターに判定勝ちしてWBC王座吸収

5戦5勝3KO

上述したガルシア相手に判定勝ち(3試合連続判定)

6戦6勝3KO

 

う~~ん、対戦相手の質は申し分ない反面、クロフォードと比較するとなぁ(汗

対比の為にクロフォードの世界戦もまとめよう。

 

①対リッキー・バーンズ(判定)

 WBO世界L級王座獲得

②対ユリオルキス・ガンボア(KO)

 WBO王座V1

③対レイムンド・ベルトラン(判定)

 WBO王座V2

④対咬ませ犬(KO)

 決定戦でWBO世界SL級王座獲得

⑤対咬ませ犬(KO)

 WBO王座V1

⑥対咬ませ犬(KO)

 WBO王座V2

⑦対ビクトル・ポストル(判定)

 WBC王座吸収・WBO王座V3

⑧対咬ませ犬(KO)

 WBC王座V1・WBO王座V4

⑨対咬ませ犬(KO)

 WBC王座V2・WBO王座V5

⑩対ジュリアス・インドンゴ(KO)

 4団体統一・WBC王座V3・WBO王座V6

⑪対ジェフ・ホーン(KO)

 WBO世界W級王座獲得

⑫対ホセ・ベナビデス(KO)

 WBO王座V1

⑬対アミール・カーン(KO)

 WBO王座V2

⑭対咬ませ犬(KO)

 WBO王座V3

⑮対ケル・ブルック(KO)

 WBO王座V4

⑯対ショーン・ポーター(KO)

 WBO王座V5

世界戦16戦16勝13KO無敗

 

世界戦16戦16勝14KOの井上尚弥(12月に17勝15KOは確実)と比較しても、数字の上では劣っていない。対戦相手の質はLフライ~バンタムの井上では太刀打ちできないレベルだ。ナルバエスとドネアくらいだし、評価を得られる対戦相手は。

ケル・ブルックとポーターを連続KOは素晴らしいの一言に尽きる。

カネロといい、クロフォードといい、市場価値が高いボクサーは対戦相手も相応のマネーが得られるから好カードを組むのが容易い。カネロと戦ったプラントが約11億円でポーターが最低保証4億5千万円である。もしもカシメロに1億円を支払えるだけの市場価値が井上にあれば、とっくの前にWBO王座は吸収しているのだが。

ウェルターに上げてから6戦6KO

スペンスJr.との対戦が実現しなければ、Sウェルターに階級アップかもって話だ。

スケジュールにもよるが、スペンスJr.が次戦でWBAスーパー王者のヨルデニス・ウガスとの3団体統一戦に勝利した後、クロフォードとの試合に応じれば、歴史上で唯一無二になるであろう2階級での主要4団体統一王者が誕生する可能性が高い。

懸念材料は34歳という年だけか。

ピークアウトが近づいているのは間違いないだろう。打たれていないとはいえ、残された(全盛期の)時間は2~3年くらいと見るが、果たして。

 

スポンサーリンク

 

試合内容を振り返る

第1ラウンドはオーソドックスでスタートしたクロフォードに対し、ポーターは好調にアタックを仕掛けていた。

しかし次のラウンドからクロフォードはサウスポーにスイッチ。右構えはペースを相手に取られると判断すると、すぐに構えを変えて相手のアジャストを防ぎ、自身のペースを作り直す。スイッチヒッターの強みだ。

 

序盤は「これぞポーター」という試合。

 

でもクロフォードは手を焼きつつも、的確な左右への動きと右リードがしっかりと機能していた。中盤以降は、ポーターの入り際にカウンターを合わせる様に。

後半にいくにつれてクロフォードがポーターをコントロールして、試合を支配している雰囲気が濃厚になる。

 

互いに持ち味を活かしつつ、攻防一体であったり攻守が目まぐるしく入れ替わったりで、とにかくハイレベル。そしてキレッキレでスピーディだ。

 

カネロの試合が「ファイトプランを忠実に遂行して勝つ」印象ならば、クロフォードは本当に「天才がスキルとセンスを発揮して相手を上回る」というイメージだ。スイッチヒッターなのも含めて、こういうのを「真の天才」と呼ぶべきだろう。

 

第9ラウンドまでのスコアは、1ポイント差が2人、3ポイント差が1人でユナニマスでクロフォードであったが、それだけ競った試合内容であった。

 

決着は第10ラウンド—―

最初のダウン、ダッキングを読んでそこにカウンターを合わせている。

 

www.youtube.com

 

加齢による衰え以外でクロフォードが負けるイメージが湧かないかな、マジで。

スキル的には彼がPFPナンバーワンだ。

ポーターはキャリア初のKO負けをもって、その輝かしいキャリアに終止符を打った。恥ずべき敗戦ではない。勇者の最後に相応しい好ファイトだったのだから。この試合でポーターの価値は1ミリだって落ちなかった。

 

スペンスJr.との頂上決戦の実現を強く望む。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆