僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
淡雪の簡単お料理チャンネル
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【PFP1位の4階級制覇王者】戯れ言――最強サウル・“カネロ”・アルバレスが8回終了TKOでサンダースを撃破【世界Sミドル級3団体統一戦】

【PFP1位の4階級制覇王者】サウル・“カネロ”・アルバレスが3回TKOでサンダースを撃破【世界Sミドル級3団体統一戦】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210506060741j:plain

カネロ、4団体制覇まで残り1つ

前戦(2月)から3ヵ月という最小限の間隔にて、カネロは3団体統一戦に臨む。相手を選ばない。否、金になる強敵ばかりを求めている。今日の相手は30戦全勝無敗、2階級制覇王者であるビリー・ジョー・サンダースだ。苦戦すら予想される難敵であった筈だが、カネロは完璧なゲームメイクによってWBO王者を一蹴してみせた。

 

5月8日(日本時間5月9日)

会場:米テキサス州

   アーリントン、AT&Tスタジアム

WBA(S)・WBC・WBO世界Sミドル級王座統一戦

TKO8回終了

 勝利 WBA(S)・WBC統一王者

    サウル・アルバレス(30=メキシコ)

    戦績:56勝(38KO)1敗2分

      VS

 敗北 WBO王者

    ビリー・ジョー・サンダース(31=英)

    戦績:30勝(14KO)1敗

 ※)カネロはWBAがV3、WBCがV2、3団体統一

 

スポンサーリンク

 

精力的に試合をこなすカネロ

この前の試合までは以下の記事を参照して欲しい。

◆合わせて読みたい◆

 

メイウェザーとは違い、階級を上げてもパワー&アタックで魅せることが可能な、この素晴らしき最強・最高ボクサーの全盛期をこの目で見れて、ボクオタとしては幸せなことこの上ない。そう、我々は生きた伝説を目の当たりにしているのだ。

試合内容を振り返る

サンダーズも健闘したが、完勝だった。

compuboxのスタッツによると――

 

  カネロ サンダース
トータル 70/206(33%) 60/284(21%)
ジャブ 96 168
パワーショット 110 116

 

8回までのスコアは77-75、78-74×2とユナニマスでカネロである。

サウスポーのサンダースは、おそらく対カネロとしては最適な戦い方を披露した。事実、サウスポーを得意としないカネロは試合序盤のみ、ややサンダースを持て余している感があった。しかしカネロは対サンダースの戦略を完璧は形で遂行する。

相手のジャブをものともせずに、カネロは右ボディを中心に組み立てて、たえずサンダースにプレッシャーをかけながらロープ際へ追い込んでいく。強い。そして精密だ。卓越した攻撃的なディフェンスがこの戦法を可能にする。

手数とヒット数で大幅に見劣りしていないサンダースであったが、ラウンドを重ねる度にダメージを蓄積させられ、余力を失っていく。採点以上に差は広がる一方だ。

 

そして最終ラウンドとなった8回に、カネロは渾身の右アッパーを決めた。

着弾したのはサンダースの右目だ。

 俺はTKOになることを分かっていた。それが真実だよ。当てた瞬間に彼の骨を折ったのは感じていたし、彼がリングに戻ってこれないとも思っていたからね。だからすぐに俺はエディ(トレーナー)に『もう彼は出てこないだろ』と言ったんだよ

 

試合後に行われた米放送局『FOX Sports』の取材で、主催者である英プロモート会社『マッチルーム』のエディ・ハーンCEOはサンダースの状態を伝えた。

 今は何も見られる状態にないそうだ。サンダースは何も見ることができていないと聞いている。彼のトレーナーであるマーク・ティブスとも話したが、今の彼を外に連れ出すのは危険な状態だと言っていた

次戦はいつ、誰と?

棄権勝ちとはいえ、相手に言い訳を許さないパーフェクト・ノックアウトでサンダースを葬り去ったカネロは、9月にも標的としているIBF王者カレブ・プラント(米、20戦全勝12KO)との4団体統一戦に駒を進めそうだ。

 

あるいは、宿敵であるゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン、41勝36KO1敗1分)とのラバーマッチに進むのか。GGGとの第3戦は行われるとしても、Sミドル級になるだろう。GGGは階級を上げないと思うけれど。

 

スポンサーリンク

 

高山はやっぱり負けた

この日のセミファイナルで行われたWBO世界Lフライ級タイトルマッチ。

9回2分44秒、レフェリーストップによるTKO負けに、高山勝成は散った。

そりゃそうだろうな、と。

準備期間は僅かに3週間だったし。

そもそも万全でも勝てっこない実力差である。確かにストップは早かった印象だけれど、どう頑張っても逆転の芽はなかったから、妥当といえば妥当なタイミングだ。

32勝12KO9敗1NC

現役続行の意向だが、京口はスケジュールが空いていないし、拳四朗も次戦は矢吹正道でほぼ決まりだ。IBF王者のアルバラードに指名してもらえなければ、世界戦の機会はもう巡ってこない気がするのだが。ひょっとしたら、試合枯れしてしまっているWBA正規のカニサレスからのオファー待ち?

 

V3に成功したエルウィン・ソト(メキシコ)は19勝13KO1敗にレコードを伸ばした。次戦は同じ『マッチルーム』と契約している京口との統一戦になるのだろうか?

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆