僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
淡雪の簡単お料理チャンネル
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【WBC世界Lフライ級戦】戯れ言――王者、拳四朗が大差判定でV8に成功【敗戦の久田哲也は引退へ】

【WBC世界Lフライ級戦】王者、拳四朗が大差判定でV8に成功【敗戦の久田哲也は引退へ】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210422222514j:plain

不祥事を乗り越えてのV8

泥酔して車をボコボコにした件については、示談が成立しているのだったら、個人的には気にしていない。詐欺とか不倫とか不貞、暴行や恐喝ではないし。気の毒だったのは、昨年の12月に挑戦できる筈の久田だった。とはいっても、新型コロナ禍で外国人ランカーを招聘できないからという事情でのWBC1位(指名挑戦者)っぽく、可能ならば次戦で統一戦が組めますように、というWBCの配慮かも。試合結果は予想通り。実質フルマークに近いユナニマス・デシジョンで王者の手が上がった。

 

4月24日

会場:エディオンアリーナ大阪

WBC世界Lフライ級タイトルマッチ

判定3-0(119-108×2、118-109)

 勝利 王者

    寺地拳四朗(29=BMB)

    戦績:18勝(10KO)無敗

      VS

 敗北 同級1位

    久田哲也(36=ハラダ)

    戦績:34勝(20KO)11敗2分

 ※)拳四朗はV8に成功

 

スポンサーリンク

 

両者については以下の記事を

拳四朗と久田に関しては、過去に記事しているので、そちらを参照の事。

Lフライ級で最強王者と目されている拳四朗に、ぶっちゃけると同級世界王者の中で最も評価が低い京口紘人(WBAスーパー王者)に負けてから、新型コロナ禍という事情があり、ダイレクトに世界再挑戦する久田という構図になっている。

最低評価王者の京口に勝てなかったのに、どうやって最高評価王者の拳四朗に勝つんだ? というボクオタの所感を、久田は覆せるのか。

 ◆合わせて読みたい◆

www.youtube.com

試合内容を振り返る

TV放送されていないから、観ていない。

独占配信しているチャンネルもマイナーである。それに、スコアとニュースを見れば、想像するのは容易だ。

お情けで1Rは久田に振れるかもしれないが、2Rに奪ったダウンで早くも拳四朗が試合を支配。久田の動きを見切り、間合いを掴む。序盤4回まではジャッジも2ポイント、久田に与えていたが、そこから先はフルマークで拳四朗。

KOこそならなかったが、圧倒&圧勝。

久田は「倒されなかったから健闘」と形容するべきかもしれないけれど、実力差が大きく惨敗といったところだろう。相手になっていなかったという評もチラホラ。

試合内容(とスコア)を比較しても、京口より拳四朗は数段上にいるボクサーだ。

 

後の記者会見で久田は引退を表明している。

V13&四団体統一を

目下の敵は、新型コロナと時間とマッチメーク(人気がない故に困難)だ。

京口とは違い、例の不祥事が足を引っ張ってYouTubeチャンネルは失敗に終わっている。WBAスーパーの京口はWBOのソトとの統一戦路線が濃厚だ。共にマッチルームと契約しているので。

よって統一戦のターゲットは、一度は流れてしまったIBF王者のアルバラードになるだろう。来日できれば、になるけれど。

京口がタノンサック・シムシー(タイ)とのV4戦をクリア後に、WBO王座を吸収&WBA内の統一戦に生き残る――という少なくても3戦を挟んだ後、首尾よくIBF王座を吸収した拳四朗と四団体統一戦ができれば理想だと、個人的には思っている。

 

新型コロナ禍が続くと仮定して

V9戦:日本王者の矢吹正道=安パイ

V10戦:木村 翔=やや強敵

V11戦:加納 陸=超案パイ

V12戦:IBF王者=勝利濃厚

V13戦:京口紘人=案パイ

IBFとの統一戦だけは、頑張って日本に呼ぶか、あるいは敵地に赴くしかない。

京口も正直いってソトとカニサレスに勝てるか微妙なところだ。ソトがWBA王座を吸収してしまった場合は、ファイトマネーも含めて日本に呼べるかなぁ?

比嘉大吾が西田凌佑に敗北

西田に判定負けを喫してしまった。

 

別に驚かないし、意外でもない。

 

単純に西田が強いってだけ。

Sバンタムで日本5位にランクされており、3戦目で大森将平(ウォズ)に勝っている逸材だからね、西田は。比嘉が不利と思っていたボクオタも多かった筈。

普通に世界戦線に絡んでくるボクサーだ。

戦績は4勝(1KO)無敗

 

実力的に完敗なだけに、比嘉のロードバックは厳しい道のりになりそうだ。

比嘉の方は17勝(17KO)2敗1分

堤 聖也(7勝5KO2分)との試合も限りなく負けに近かったしなぁ(汗

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆