ヘッダー画像
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
MENU

【ボクシング】戯れ言――作られた世界王者について【村田諒太/亀田三兄弟】

【ボクシング】戯れ言――作られた世界王者について【村田諒太/亀田三兄弟】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

 

WBA世界ミドル級レギュラー王座を失った村田諒太(32=帝拳)に対する、マスコミの掌返しが行われた。

ロブ・ブラント戦の試合内容があまりにも不甲斐なく、かつ技術レスで、また極一部のニワカファンの期待を裏切ったからに他ならない。

 

けれど、コアなボクシングファン、長年のファンは掌返しはしなかった

 

村田がある種の犠牲者だと分かっていたから。

 

そもそもガチのボクシングファンは、ガチである程、徹頭徹尾、村田の実力を評価していなかったのだ。純粋な世界ランカーレベルと戦って、ここまで通用しないのは流石に想定外かもしれないが。元からして彼がミドル級の『トップ・オブ・トップズ』と戦える水準に程遠いくらいは、ほぼ全てのボクシングファンが承知していた。

 

それを承知の上で、村田諒太にミドル級の夢をみていたのである。

 

村田本人(実力を除く)を叩く要素も皆無だったのもある。

ただ好青年をメディアで演出している(若き日は一匹狼的不良だった模様)彼は、いわゆるボクサーに礼儀正しさを求める層には受けが良く、ニワカファンに実力不相応に持ち上げられたりもしていた。

 

ニワカファンというと、僕は真っ先にアンチ亀田を思い浮かべるが、そのニワカ達は嫌いな亀田の記事(ブラント戦前)へのヤフーコメントで[ 今は井上や村田という本物がいるので、亀田はいらない ]といった旨の内容をコメントしていた。

 

パウンド・フォー・パウンド6位の井上と、金メダルというメッキで装飾していた村田――といった両極端な2名を比較対象にしているあたり、本当はボクシングに興味がなく、ボクシングの知識も皆無なのだろう。ただ亀田憎しというだけで。

 

ブラント戦では、残念ながら等身大の村田が白日の下に晒されてしまった。

 

僕は村田に勝って欲しかった――故に、かなり色眼鏡をかけた勝敗予想をしてしまう。ブラント相手ならば、どうにか判定勝ちを拾えるのではないか? と。

V2に成功すれば、GGG戦が実現するかもしれないのだ。そう思いたかった。

 

現実は残酷だったけれど。

 

ネット工作員もそれなりにいた筈だ。その工作員達による「村田は本物」「村田は強い」「村田ならばGGGにも通用する」といった書き込みも多かった。

日本の様々なメディアも、ブラント戦は内容(勝ち方)が問われる試合で、村田はビッグマッチへと向かう、という論調で統一されていた。反して敗戦予想の記事はなかった。それに加えて、なんと海外のオッズすら村田が有利と出ていたのだ。

 

村田自身はどれくらい自分を強いと思っていたのだろう? エンダム戦の頃は「自分が本当に世界に通用するのか半分懐疑的だった」という旨のコメントを残している。では、ブラント戦に臨むにあたっての自信は? 村田は亀田を批判した過去がある。つまり自分のレベルは亀田よりは上だと思っていた筈。実際は、亀田よりも技術レベルは下であった。ブラント戦(の内容)を経て、村田もそれを痛感しているだろう。亀田は自分の実力が世界レベルでは並程度だと自覚があっての、あの試合運び(特に興毅はアウトボクサーだったし)であったが、村田は本当に自分が『トップ・オブ・トップズ』と戦えるレベルにあると勘違いしていた、否、フジと電通に勘違いさせられていたのかもしれない。ならば残酷な悲劇だ。

 

試合直後は「まさか」の敗戦と報じられ、それから論調が変化していき『真実の村田』が述べられる様になる。

 

ニワカファンや業者が多いと思われるヤフーコメントも、長年のコアなボクシングファンによる『真っ当な』村田への実力評価が大多数を占める様に変化した。

ハッキリと――

 

――作られた世界王者だ、と。

 

亀田や井岡がTBS偽王者ならば、村田は電通ボクシング芸人である、と。 

けれど、あえてニワカファン達に問いたい。

 

近年の日本ボクシング界において、作られていない世界王者は、どれだけ存在するのか? と。

 

井上尚弥でさえ、かなりマスコミに作られている箇所がある。

Sフライ、バンタムへの階級アップに成功し、ナルバエスやパヤノといった評価を得られる相手と戦えた幸運もあるが、Lフライ時代は戴冠試合以外は、そんな絶賛する様なキャリアでもないし、《モンスター》というニックネームが浮いてさえいた。

 

まあ、井上尚弥自身が、デビュー当初は《モンスター》なる大仰なニックネームは、あまり好きではなかった様だが。

井上陣営は「自分より強い相手ならば、敗戦しても構わない」というスタンスである。故に大橋ジムとの契約において「弱い相手とは試合したくない(意訳)」という条件を突きつけた。毎度毎度、ボクサーの成長過程において、適度な力量の相手や格上の相手とマッチメークできる筈もないので、かなり無茶な条件であるが。

大橋会長がマッチメークに身心を注げば、井上がその実力および才能に相応しい評価を世間やファンから得るのは、時間の問題ではあった。

 

けれど、井上尚弥は(日本ボクシング界で)例外中の例外といえる。

弟の拓真のマッチメークがそれを物語っている。まともな相手はヤップくらいか。しかも、そのテストマッチだけで世界戦に挑む模様。国内サバイバルマッチを生き残ったが、逆にいえば国内サバイバルマッチ程度のレベルだ。

 

近年で『作られた世界王者』のイメージが最も強い日本人ボクサー(世界王者経験者)は、やはり亀田三兄弟と井岡一翔だろう。ニワカファンならば特にだ。

身も蓋もない言い方をすると、彼等はキャラ作り(宣伝)に失敗した。

亀田家のパフォーマンス程度は、海外ではヌルイ部類なのだが、日本人はボクシングの興行においても、世界王者に礼節と品格を求める層が根強く残っている。ぶっちゃけ、試合以外はいかにプロレスして盛り上げてなんぼ、なのだが、どうも日本のファンはプロレス要素を嫌う傾向が顕著なのだ。亀田にしても井岡にしてもパフォーマンス部分は、放送作家が台本を構想している筈だし、生放送でなければノーチェックでの放送などあり得ないのだが。岩佐が陥落した試合での、和毅の乱入は本当にレア中のレアなケースだろう。当然ながら後にJBCから厳重注意を食らう羽目に。

 

しかし、技術的に試合を観られる長年のボクシングマニアは『日本人世界王者の基準としては』亀田と井岡の実力に一定以上の評価をしている。

特に井岡は、アメリカでの復帰戦で、アローヨ相手に実力を証明した。その試合は、アンチ井岡も相当数が黙り込んだ。

 

ここでニワカファンに残酷な現実を突きつけると、ボグシングマニアにとっての『作られた世界王者』の筆頭格は、実は亀田三兄弟や井岡一翔ではない。

 

ズバリ、長谷川穂積と山中慎介の2名だ。

 

長谷川はウィラポンを破って戴冠した試合は見事であった。

というか、 熟山竜一 、ジェス・マーカ、鳥海純を破った頃がボクシングマニアにとっての長谷川における評価のピークだったであろう。WBCバンタム級タイトルV6戦の相手――ファッシオの噛ませ犬っぷりは、亀田もビックリなレベルであった。

そこから先はWBCと蜜月な帝拳によるマジックにより、ランキングだけは立派な噛ませ犬を豪快にKOしていた(むろんボクオタにはボロクソに叩かれていた)が、ちょっとまともな相手(モンティエル、ジョニゴン、キコマル)には、逆にパタパタとKOされていた。

その被KOっぷりは世界レベルではハッキリと弱いとの印象だ。正直いってキコマル程度にあの倒されぷりって、どんなに酷い防御技術なのだろうか。

それでも諦めずに3階級制覇したその足跡と人柄は、日本ボクシング界では燦然と輝いているけれど。雑魚相手の防衛ロードで、KOの味をしめずに本来のアウトボクサーとしてのスキルに磨きを掛けていれば、ジョニゴンはともかくモンティエルとキコマル程度には勝っていたと思うと、実に惜しい才能だ。本当に才能はピカ1だった。

 

山中慎介については、まさしくザ・帝拳ボクサーといった感じだ。

その内実を探れば、亀田三兄弟が偽物やインチキだったら、山中は超ウルトラ偽物だろってくらいに酷い。それくらい作られた世界王者だから、ルイス・ネリ相手に実力を露呈してしまった時に、マスコミ主導でヒステリックな程に拒絶反応を起こしてしまった。まあ、防衛後期にはすでにピークアウトしており、ネリとのリマッチでは、タイミング良く当たった軽い右ジャブで腰砕けになる程、衰えていたけど。

亀田を引き合いに出して、長谷川や山中を本物と喧伝してしまった為に、技術的な面でどんなに無様を晒しても、マスコミとしても世間に対して引っ込みが付かなくなっていた。ネリ戦に関しては、ドーピングとか体重超過以前に(再戦は特に)技術的に全く通用していなかった。あれだけ技術に差があると、山中が減量しないで5キロくらいハンデをもらっても、同じ様に倒されていただろう。

亀田興毅=バンタムは適性階級ではない、亀田和毅=バンタムは適性階級ではない、であるので、亀田とのバンタム級での実力比較は難しい。Sフライで興毅との試合を想定するにしても、興毅の河野戦なんて、アウトボックスできなくなっているくらい衰えていたし。河野と打ち合っている姿は、地元判定で勝ちにしてもらった韓国人との試合よりも無様だった。もう、これ亀田興毅じゃないだろ、と。内藤と試合した頃どころか、まともにアウトボックスできた頃なら、河野くらいは楽にポイントアウトできていたのに。

Sバンタムで(減量苦のない)和毅と試合していたら、普通に負けていたと思う。というか、山中と和毅はピーク時が違い過ぎるので、直接対決での評価は論外だろう。和毅はこれからピークを迎えるボクサーだ。マクドネル戦も一番大きな敗因は減量苦による後半の失速だったし。

 

だが、恐ろしい事にヤフーコメントでは[ 長谷川と山中は亀田とは違い、真の世界王者で本物 ]という論調が強いのだ。

それこそ逆に『作られた世界王者である事』に対する証左だと感じるけれど。

 

じゃあ、逆に作られていない世界王者は?

 

近年の日本ボクシング界に限定(井上尚弥は除く)すると――

①伊藤雅雪(WBO世界Sフェザー級王者)

②木村翔(WBO世界フライ級王者)

③田中恒成(WBOミニマムからフライ3階級王者)

 ※)作られている以上の対戦相手の質ゆえ

④内山高志(WBA世界Sフェザー級スーパー王者)

 ※)ただし日本国内でのみ、と強調する

⑤三浦隆司(WBC世界Sフェザー級王者)

 ※)ただし海外での試合に限定する

⑥拳四郎(WBC世界Lフライ級王者)

 ※)世界挑戦時の日本タイトル放棄は酷いが

 

個人的には、井上尚弥+この6名くらいでは?

作られていない王者だ、と胸を張ってライト層のボクシングファンに云えるのは。

残りは大なり小なり『作られた世界王者』だと思う。

 

マスコミや資金力云々を除き、実力や才能という観点でいえば、上記した長谷川と山中にしても『日本人世界王者としては』かなりの上位に存在する。

それを云ったら、井岡一翔、亀田興毅、亀田和毅だって上位レベルだ。酷評して申し訳ないが、亀田大毅だけは普通に下位だと思う。ディフェンスとフィジカルは上々だったのだが、いかんせん攻撃がド下手で。コンビネーションやカウンタースキル以前に、強振したフックが悉くオープン気味なのがとても気になった。兄と弟の技術(センス)の半分でもあれば、3階級制覇できていたと思うのだが。

 

総括すると、『作られていない世界王者』なんて本当に稀少なのだから、別にそこまで『作られた世界王者』を批難する事はないだろう。

 

インチキしても、ツケは必ずボクサー本人が支払う羽目になるのだし。

近年だと、長谷川、山中、村田と完膚なきまでに『メッキが剥がされる』というイメージで叩きのめされている。因果応報は必ずくるのだ。

岩佐みたいに話題にすら上がらないケースも多い。久保に至っては、世界王者候補の日本王者ではなく、並の日本王者に勝てるのかすら、ネタ抜きで本当に怪しかったし。

井岡一翔にしても亀田和毅にしても仮に偽物だったならば、その内、実力の無さを露呈する負け方を晒すから、アンチはその時を楽しみに待てばいい。

 

それを思えば、完全燃焼できた三浦隆司は本物ならではの特権だった。

内山みたいにピークアウトしての引退も、それはアスリートの宿命だ。

つーか、負ける時は負ける。

それは決して恥じゃない。

井上尚弥だって、いつかは負ける。前途した様に「自分より強い相手に負けるのは仕方がない」というスタンスだし。

敗戦を肥やしに、欠点を克服して強くなっていくボクサーも数多い。

ビッグマッチ路線の超一流ボクサーに至っては、強敵に負けても相応のファイトマネーをゲットできればオッケーというのが身上だ。日本くらいだろう、たった1度の敗戦をここまで深刻に受け止めるのは。100万円の試合で十連勝するよりも、1000万円ゲットしての1試合噛ませ犬の方が儲かる、というのが海外のボクサーだ。

 

ロマチェンコと激闘して評価をあげたリナレスですら、(統一戦を除き)戴冠は全て決定戦である。

リナレスだって、かつては帝拳マジックに守られていると揶揄されていた。

 

粗を探して叩くよりも、ボクサーの良い面をというか、興行なんだから、その辺を理解して、より深くボクシングを好きになって欲しいと願う。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村