僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【随時更新版】戯れ言――“モンスター”井上尚弥の全戦績(GIF付き)について【19勝16KO無敗】

【随時更新版】“モンスター”井上尚弥の全戦績(GIF付き)について【19勝16KO無敗】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106042848j:plain

井上尚弥、全レコード

生年月日:1993年4月10日

アマ戦績:81戦 75勝 (48KO/RSC) 6敗

ニックネーム:モンスター

パウンド・フォー・パウンド:最高3位

国内評価:日本ボクシング界で歴代最強

海外評価:世界屈指の破壊的パンチャー

所属:大橋ジム(日本)

19戦19勝16KO無敗

世界戦14勝12KO無敗

獲得タイトル

  • 日本Lフライ級王座
  • OPBF東洋太平洋Lフライ級王座
  • WBC世界Lフライ級王座
  • WBO世界Sフライ級王座
  • WBA世界バンタム級王座
  • IBF世界バンタム級王座
  • リングマガジン誌バンタム級王座
  • WBSSバンタム級初代王者

関連書籍(著書)

勝ちスイッチ(井上尚弥、単行本)

真っすぐに生きる。(井上尚弥、単行本)

プロデビュー戦(49キロ契約8回戦)

2012/10/02(1戦目)1勝1KO

〇4回KO 2:04

 OFBFミニマム級7位 クリソン・オマヤオ(比)

 

ノンタイトル(50キロ契約8回戦)

2013/01/05(2戦目)2勝2KO

〇1回KO 1:50

 タイ王者 ガオフラチャーン・チューワッタナ(タイ)

 

Lフライ級ノンタイトル10回戦

2013/04/16(3戦目)3勝3KO

〇10回TKO 1:09

 日本Lフライ級1位 佐野 友樹(松田)

 

日本Lフライ級タイトルマッチ

2013/08/25(4戦目)4勝3KO

〇判定(3-0) 10R

 田口 良一(ワタナベ)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106190915j:plain

※)日本タイトル最短記録タイ

  田口は後のWBA&IBF統一世界Lフライ級王者

 

東洋太平洋Lフライ級王座決定戦

2013/12/06(5戦目)5勝4KO

〇5回TKO 2:51

 同級2位 ヘルソン・マンシオ(比)

 

WBC世界Lフライ級タイトルマッチ

2014/04/06(6戦目)6勝5KO

〇6回TKO 2:54

 アドリアン・エルナンデス(メキシコ)

※)世界タイトル初戴冠(当時の日本最速)

 

WBC世界Lフライ級タイトルマッチ

2014/09/05(7戦目)7勝6KO

〇11回TKO 1:08

 同級13位 サマートレック・ゴーキャットジム(タイ)

※)初防衛に成功

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2014/12/30(8戦目)8勝7KO

〇2回KO 3:01

 オマール・ナルバエス(亜)

※)2階級制覇達成(世界最速歴代2位タイ)

  ナルバエスはWBO世界2階級王者

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2015/12/29(9戦目)9勝8KO

〇2回TKO 1:20

 同級1位 ワルリト・パレナス(比)

※)初防衛に成功

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2016/05/08(10戦目)10勝8KO

〇判定(3-0) 12R

 同級1位 デビット・カルモナ(メキシコ)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106191221j:plain

※)2度目の防衛に成功

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2016/09/04(11戦目)11勝9KO

〇10回TKO 3:03

 同級1位 ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ)

※)3度目の防衛に成功

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2016/12/30(12戦目)12勝10KO

〇6回TKO 1:01

 同級10位 河野 公平(ワタナベ)

※)4度目の防衛に成功

  河野は元WBA世界Sフライ級王者

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2017/05/21(13戦目)13勝11KO

〇3回TKO 1:08

 同級2位 リカルド・ロドリゲス(米)

※)5度目の防衛に成功

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2017/09/09(14戦目)14勝12KO

〇6回終了TKO 負傷ではなくギブアップ

 同級7位 アントニオ・ニエベス(米)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191106191451j:plain

※)6度目の防衛に成功

  初の海外(アメリカ)進出

 

WBO世界Sフライ級タイトルマッチ

2017/12/30(15戦目)15勝13KO

3回TKO 1:40

 同級6位 ヨアン・ボワイヨ(仏)

※)7度目の防衛に成功

 

WBA世界バンタム級タイトルマッチ

2018/05/25(16戦目)16勝14KO

〇1回TKO 1:52

 ジェイミー・マクドネル(英)

※)3階級制覇達成

 

WBA世界バンタム級タイトルマッチ

2018/10/07(17戦目)17勝15KO

〇1回KO 1:10

 同級4位 フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)

※)初防衛に成功

  WBSS1回戦を突破

  パヤノは元WBA世界バンタム級S王者

 

IBF世界バンタム級タイトルマッチ

2019/05/18(18戦目)18勝16KO

〇2回KO 1:19

 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

※)後に2団体統一王座とIBFが認定

  WBA王座はユニファイドに昇格

  WBA戦ではないが2度目の防衛と認定

  リングマガジン誌バンタム級王座に認定

  WBSS準決勝を突破

 

WBAスーパー&IBF
統一世界バンタム級タイトルマッチ

2019/11/07(19戦目)19勝16KO

〇判定(3-0) 12R

 WBAスーパー王者 ノニト・ドネア(比)

f:id:ayafumi-rennzaki:20191108161416j:plain

※)WBAはV3、IBFはV1に成功

  アリ・トロフィーを獲得

  WBSSバンタム級制覇

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ◆合わせて読みたい◆

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆