僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダー画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【ミドル級帝王の落日】戯れ言――ゲナンジー・ゴロフキンのIBF王座再戴冠について【デレブに辛勝】

【ミドル級帝王の落日】戯れ言――ゲナンジー・ゴロフキンのIBF王座再戴冠について【デレブに辛勝】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191006215236j:plain

無敵だった帝王も37歳という現実

今回の相手——デレブヤンチェンコ(以下、デレブ)は強敵だった。以前、ゴロフキンはこのデレブとの指名試合を回避(逃げたというよりもビッグマッチ優先の為)して、IBF王座を剥奪されている。その王座はデレブとダニエル・ジェイコブス(米)の決定戦で争われ、ジェイコブスがスプリットの判定で辛勝、そしてジェイコブスは統一戦でカネロにタイトルを奪われた。カネロもデレブとの指名試合を拒否し、IBF王座を剥奪、という経緯となっている。デレブは2度目の決定戦。GGGとしても楽観視できる筈がない。

だが、全盛時の実力ならば「ミドル級史上で最強・最高」とまで評され、かつてはPFPの1位に君臨した帝王、ゴロフキンである。たとえデレブという強敵であっても明白に粉砕して、帝王復活を印象付けるのでは、と期待されていた。

しかし、現実は――

 

10月5日(日本時間6日)

会場:米ニューヨーク、MSG

IBF世界ミドル級王座決定戦

判定3-0(115-112✕2、114-113)

 勝利 同級3位(元3団体統一王者)

    ゲンナジー・ゴロフキン(37=カザフスタン)

    戦績:40勝(35KO)1敗1分

      VS

 敗北 同級1位

    セルゲイ・デレブヤンチェンコ(33=ウクライナ)

    戦績:13勝(10KO)2敗

 ※)GGGは王座奪還に成功

ミドル級の帝王、GGG

世界戦で18連続KOを誇る強打者。

最強の代名詞。カザフスタンの英雄。

37戦目でジェイコブスに判定を許すまで、世界戦オールKO勝ちであった。

最新の42戦目までを通算しても世界戦は――

24戦22勝(19KO)1敗1分

文句の付けようのない数字といえよう。

世界戦の前半部分は、勝っても評価できない雑魚のオンパレードだが。これはGGGに非はなく、単純に強い相手とのマッチメークに漕ぎ着けられなかった為である。

 

獲得した世界タイトルを列挙してみると。

WBAミドル級王座(防衛10=スーパー王座へ)

WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛9)

WBCミドル級暫定王座(防衛4=正規王座へ)

WBCミドル級王座(防衛4)

IBFミドル級王座(防衛4=剥奪)

※WBA、WBC、IBFは統一王者でもあった

IBFミドル級王座(再戴冠:防衛0)

 

複数階級制覇がトレンドとなっている現在、獲得したベルト本数自体は案外、少ないなという印象だったりする。WBAタイトルは19回も防衛しているが。

40戦目でカネロことサウル・アルバレスとの再戦に敗北するまで、通算で39戦38勝(34KO)1分というレコードであった。

長い間、不人気で不遇だったゴロフキン

WBA王座11度目の防衛戦(30戦目)で、元世界王者ダニエル・ゲールと戦うまでは、売れない芸人の地方巡業みたいな寂しい防衛ロードを強いられていた。

桁違いに強くて不人気、そして無名。当時の人気ボクサー達はゴロフキンみたいなボクサーと戦ってもメリット皆無(デメリットばかり)なので、彼は安いファイトマネーでひっそりと小さい会場で世界戦(防衛戦)を10試合も消化していたのだ。どれくらい不遇だったのかというと、WBA4度目の防衛戦で淵上誠(八王子中屋)が挑戦でき、WBA7度目の防衛戦で石田順裕(グリーンツダ)が挑戦できたくらいである。ホテルの小さなホールが会場だった事も。日本人世界王者のローカルファイトと大差ない。元WBAスーパーウェルター級暫定王者で、アメリカにてカークランドを撃破し、WBO王者にも挑戦していた石田はともかく、世界での実績0の淵上が(敵地とはいえ)挑戦できたのだから、その不人気ぶりが伺えよう。マニアやボクオタしか知らなかったのだ、本当に。

共に3回でKO負けしている。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20191007051854j:plain

f:id:ayafumi-rennzaki:20191007052052j:plain

【引用元——上(AFP通信、石田戦)下(ボクシングニュース、淵上戦)】

 

淵上はゴロフキンの周囲をダンスしていただけで、一方的に殴られ続けた。試合になっておらず、あまりのレベル差に観ていて悲しくなった。石田は序盤から全く相手になっていなかったのに、「なんか打ち合ってもいけそう」と錯覚したらしく、真正面から豪快にワンパンチで吹っ飛ばされた。

間違いなく全盛時であった頃のGGGで、日本人がこんな怪物に勝つなんて、地球の公転が逆になっても無理だろうと思った。この当時のゴロフキンと今の村田が試合をしたら、早くて2R、遅くても5RくらいまでにKOされるであろう。というか、ミドル級史上で勝てるボクサーなど存在しなかったという次元だった。

拳の中に鈍器でも仕込んでいるのでは? という破壊力を誇っていたのだ。井上尚弥の強打も規格外だが、彼の強打はタイミングと角度、そして踏み込みによる効果も大きい。対してゴロフキンの拳は、なんかコレ色々とおかしくね? と見ていて頬が引き攣る感じの凄みがあったのだ。

全盛時のゴロフキンの凄み

とにかくパンチが硬質だ。そして威力がある。

ジャブの的中率が高く、しかもジャブだけで相手が弱っていく。

その上でビッグパンチを持っており、かつコンビネーションで連発が可能。

スピードは並よりマシといった印象だが、ステップが細かく位置取りが良い。プレッシャーの強さ、掛け方の巧さと相成って、相手は簡単に追い込まれていくのだ。

ブロックを中心としたガードが堅甲で、加えて顎が頑強ときている。

とにかく打たれ強い。

アウトボックスは基本的にせず、強打で相手を粉砕するのが基本スタイルだ。

石田戦を見れば分かるが、当時JBC未公認だったWBOミドル級タイトルマッチでディミトリー・ピログ(ロシア)を相手にフルラウンド戦った石田を、3ラウンドで失神KOに追い込んでいる。ピログもワンサイドで石田に勝っているが。注)ピログのラストファイトは石田戦。怪我でフェードアウト。20戦全勝(15KO)だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

試合の流れ

初回、動きが固いものの先制のダウンをゴロフキンが奪う。

だがデレブのダメージは浅かった。幸先の良いスタートを切ったゴロフキンは、続く3回にも有効打でパンチカットさせる。得意技だ。デレブは右目の上を切ってしまう。

早いラウンドでKO決着か――

そう思われた矢先、ボディブローを中心にデレブがペースアップ。ほぼ互角の流れだが、スピード負けしているゴロフキンの印象が悪い。

顎よりもボディを嫌がっているゴロフキンは、5ラウンド、明らかにボディを効かされて力なく後退していまう。腰を落とす場面も。

一進一退の攻防――ゴロフキンは上のガードは確かなのだが、しきりにボディを気にしており、攻められている時のイメージが強い。

ジャブは普段よりも空を切るが、それでも的確にデレブの顔面を弾いていた。

パワーショットの数は明白にデレブ。だが、ジャブの被弾数を挽回できる程の差は、GGGが決めたパワーショット数と比べても無かったといえよう。スタッツを確認しても、それは間違いなかった。

ファンが愕然となったのは、ゴロフキンのスタミナ切れとパンチングパワーでもデレブに後塵を拝した事であろう。かつては殺人級という破壊力を誇ったGGGのジャブだったが、デレブは平然と受けていた。決まった強打もKOできそうな気配がまるでなかった。デレブの顔面は凄い事(ボコボコ)になっていたけれど。

後半はデレブが支配していただろう。有効打に差はなかったけれど。

ダウンと前半の貯金もあり、判定での小差勝ちに異論はない。

両者の顔を見比べても、それは明白だ。

ポイントでは逃げ切った、ゲームをものにしたが、純粋な勝負論からすれば負けに等しいとも評される内容だった。評価は下がった。それも急降下である。当然ながらデレブはリマッチを希望している。

ゴロフキン、37歳での衰え

デレブが強かった事を差し引いても、この日のゴロフキンは酷かった。

観客は正直で、判定結果の発表にざわめき、おそらくは初であろうGGGへのブーイングも巻き起こる。当然、勝者に笑顔はなかった。

トレーナーを代えた影響もあっただろう。スタイルチェンジを模索している感じは、確かにあった。すぐに普段通りのボクシングに戻り、かつパンチ力が落ちていたが。

スタミナの劣化も顕著だった。

下半身の不安定さも。連打で上半身が流れるGGGを目にしようとは。

どうにか判定まで逃げ切ったが、下手をすればKOされていた可能性すら。

37歳——人間、いつかは衰える。

那須川天心とのエキシビションで、亀田興毅がそれを見せつけてくれた。まだ30代前半なのに、ストイックで節制に徹していた現役に別れを告げ、ハイボールを愛飲する生活になったら、見る影もなく弱くなってたもんなぁ。準備期間の短さもあったが。

ゴロフキンのスタイル——鉄の顎と強打に裏打ちされたKOマシンは、打たせない事を最優先するボクサーと比べると寿命(ピーク)が短いのは分かり切っていた。むしろピークアウトの兆しはあったとはいえ、カネロ2まで強さを保っていた事の方が驚きかも。敗戦でも、あの試合は素晴らしかった。

今日の出来だと、村田にも充分にチャンスがある。

前半勝負に賭けて、とにかく腹を狙っていけば良いのだから。今のGGGのパンチならば、村田であれば簡単に倒されないのでは? 逆に村田のパンチでGGGを倒せる可能性は充分だと思う。

最強の名を欲しいがままにしてきた帝王。

しかし今は、前(カネロ1で引き分けた時)に村田が言った通りに「すでに魔法(幻想)は解けている」状態だ。

ここからゴロフキンが復活してくれれば、と願うが現実的ではないだろう。

僕にとっての、この日は――

GGGが世界タイトルに復帰した日ではなく。

かつての帝王が落日した、終わりの始まり。

どんなスーパーボクサーにも引退は訪れる。

全盛時のゴロフキンの強さと栄光は、何年たっても過去にはならないのだから。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆