僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【独り暮らし】戯れ言――冷蔵庫の賢い収納術について【自炊用の中身を紹介】

【独り暮らし】冷蔵庫の賢い収納術について【自炊用の中身を紹介】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

――【スポンサー検索】――

 

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200623215631j:plain

最近、冷蔵庫を整理した

料理のメインを鍋に変えられたらな、という思いから冷蔵庫の収納を見直した。

鍋料理に関しては以下の記事を参照だ。

◆合わせて読みたい◆

 

賞味期限が切れている食材やタレ等の処分も行った。冷凍したまま、思い出せない程にかなりの長期間、放置していた肉と魚も。解凍しても食べるのは無謀だろう。

中身がスッキリしたところで、皆さんに冷蔵庫の収納具合を紹介しようと思った。

ぶっちゃけ、備忘録に近いけれど。

独身者でもファミリー向けを買おう

かつて僕は単身者用サイズの冷蔵庫を使っていた。

メリットはなかった。

壊れてから今のファミリーサイズの冷蔵庫を使っている。中身はスカスカで構わないというか、ギチギチに詰め込んだら内部空気の循環が悪くなり、冷蔵効果が落ちるだけではなく、電気代も余計にかかるだろう。当然、寿命も短くなる。

単身者向けでもファミリー向けでも、昔の冷蔵庫とは違い消費電力に差は少ないし、収納スペースもほぼ上に伸びるだけだ。

ハッキリ言う。単身者でもファミリー向けサイズの冷蔵庫を購入した方が得である。

収納はこんな感じ

冷蔵室(4層構造)

まずはメインの冷蔵室をご覧あれ。

生活の知恵に溢れている。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200623222252j:plain

 

4段構造になっている。

実に見やすく整理整頓できたと自画自賛だ。

スッカスカという印象を受けるかもしれないが、これ以上、余計な物を入れると独身者では消費し切れないのが現実だ。つーか、これくらいがノンストレスな収納である。

世の中の整理下手な主婦は、このシンプルな収納術を見習って欲しい。

では、説明していく。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200623222926j:plain

 

最上段に収納してあるのは、醤油・麺つゆ・白だし・料理酒、そしてマーガリンだ。

白だしと料理酒はあまり出番がない。

マーガリンは割と良い物にしている。健康を考えると、パンに塗るのはバターの方が好ましいのだが、マーガリンの味が好きなのだ。

 

その下の段――上から2番目の棚には、納豆パック・豆腐パック・出汁焼き卵パック・パン粉が入っている。除湿用の木炭も。パン粉は非常に用途が多いが、基本的にはグラタンの焼き目を付けるのに用いる。

限られたスペースであっても知恵と工夫により、1つの棚にここまで多くの材料を収納できるというノウハウが充分に発揮されていると言えるだろう。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624053607j:plain

 

3番目の棚は野菜がメインだ。

もやし・にんじん・はくさい・ニラやきのこ、と多種類の野菜を効率よく整理している。そして卵もこの棚にした。

多くの者は「ドアの棚」の最上段に収納したがるが、常に卵の残りを把握する為に、最も視界に入ってくるポジションにしたのだ。これぞ生活の知恵というやつだ。

 

1番下の棚には、出汁入り味噌とタッパーに入れた肉(鶏むね肉)である。

味噌は豚汁専用だ。いつも使い切れない。

肉は白だし少量と料理酒に浸けてある。上の野菜と共に鍋にする予定だった。過去形なのには理由がある。半額総菜の買い過ぎで鍋を作る余裕がなくなり、上の野菜はそのまま野菜炒めに、タッパーの肉は冷凍室にと、計画的なやり繰りをした為だ。

これくらい冷蔵室を効率よく使っていると、ついうっかり魔が差して半額弁当や半額総菜を大量に買ってしまっても、収納場所に困る事はない。正直に白状すると、半額品で埋まった冷蔵室を見る度に自己嫌悪に陥るのだが、それは内緒だ。

 

スポンサーリンク

 

ドアの棚

両開きではなく1ドアである。

ほら、予算の関係で。2ドアは高いのだ。

3段になっているので紹介だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624054840j:plain

 

最上段にはケチャップ・マヨネーズ・からし入りマスタード・大根おろしパックが収納されている。チューブのにんにくとチューブのしょうがは、うっかり切らしている。気が向いたら買う。ここに卵を入れる人が多いだろうが、僕は確固たる信念をもってここに前途の物を配置しているのだ。

基本、賞味期限の内に使い切れない物を割り切って置いておく。チューブ品以外は、思ったより減りが遅いのだ。かといって、あまり容量が少ないサイズでも不便だし。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624055425j:plain

 

真ん中は、調味料とかソースとかドレッシングだ。最も活躍している棚である。

刺身醤油はお気に入りだ。冷奴や卵かけご飯の時は、この刺身醤油+麺つゆという黄金タッグが僕の舌を楽しませてくれる。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624055737j:plain

 

最下段は、当然だがミネラルウォーターだ。

それと昆布ポン酢とか味ぽんとか和風おろしポン酢とか、残り少ないタレも。

ジュース類やコーヒーは常備していない。野菜ジュースにしてもトマトジュースにしても、基本的には1パックで飲み切る主義だ。糖分がけっこうあるので、飲み過ぎ防止の為だ。なお、お菓子類は家では摂取しない。職場では付き合いで口にするけれど。それと、たまにコンビニでお菓子(主にポテチ)を買うが、散歩しながら食べ切る様にしている。

コーヒー(無糖ブラック)も自販機100円で250mlと決めている。割高にして雰囲気を楽しむのだ。下手に安い物を大量に買うと、つい飲み過ぎてしまうから。

冷凍室(上下2段)

ファミリー向けサイズにした理由は、この冷凍室の容量である。

単身者向けだと、ここに冷凍食品を買い溜めできない。独り用冷蔵庫だと、他に専用の冷凍庫が必要になると思う。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624060819j:plain

 

見ての通り、ギッリシと詰まっている。

むろん仕分けされているので説明だ。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624061011j:plain

 

上段はパスタがメインとなっている。

冷凍ピザや冷凍グラタンも。

他には洋風の冷凍野菜。それからカニクリームコロッケ等の洋風の総菜だ。

名付けるのならば洋風ゾーン

ここは常に一杯でないと不安になる。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200624061243j:plain

 

下段はチャーハンやドライカレー、ビビンバといったご飯類がメインである。

それから冷凍餃子も。美味しいよね餃子。

和風の冷凍野菜はこちらだ。

和風&中華ゾーンだ。割引品に拘っている。

まとめ

如何だっただろうか? 

冷蔵庫の収納に自信がないという方は、コメント欄に相談して欲しい。相談者のSNSにでも収納様子をアップしてくれれば、最適な収納方法をアドバイスできると思う。冷やかしを防止する為に有料になるけれど。

僕の冷蔵庫の収納テクニックは上に紹介した通りだ。さすがに世界一を名乗るのはおこがましいが、控えめにいって日本一の冷蔵庫収納家だろう。まあ、東洋一は微妙かも。

こうして「お役立ち」情報を発信するのも、ブロガーとしての醍醐味だ。

それでは、また。

 

最後に、念のため付け加えておくが、真に受けない様に。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆