僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【家庭用レシピ】人気の定番――お弁当でも活躍なピーマンの肉詰めの作り方について【プロのコツ】

【家庭用レシピ】お弁当でも活躍なピーマンの肉詰めの作り方について【プロのコツ】

区切り線

――【スポンサー検索】――

 


f:id:ayafumi-rennzaki:20200618062548j:plain

【 注)写真はフリー画像によるイメージです】

ピーマンの肉詰めとは

誰もが知っているとは承知ではあるが、一応、正式にメニューの解説を。

 ピーマンの中に挽肉(豚と牛)のタネを入れて焼いた料理。

トルコ(地中海)料理が発祥とされ、煮込み料理であるロールキャベツの遠い親戚のようなもの、かもしれない。日本ではピーマンを縦半分に割ったものがよく用いられるが、上部を切り取って種を除いた空洞部分にハンバーグや肉団子のタネを詰めたものもある。

引用:ピクシブ百科事典

実践レシピ

材料(8個分)

  • 牛豚の合い挽肉(200g)
    牛8:豚2か牛7:豚3で
  • 塩(2g)
  • 胡椒(適量)
  • 卵(1個)
  • たまねぎ(大1/4個)
  • にんにく(1/2片)
  • パン粉(大さじ2)
  • 牛乳(大さじ2)
  • ピーマン(中4個)
  • 小麦粉(適量)
  • サラダ油(適量)
  • ソース 
     ケチャップ(大さじ1) 
     ウスターソース(大さじ2) 
     本みりん(大さじ1) 
     醤油(大さじ1)

上記には付け合わせのサラダ等は含まない。

肉ダネはピーマンのサイズによっては余るかもしれないが、その場合は冷凍保存するか、ミニハンバーグとしてお弁当のオカズにでも。付け合せはレタスが彩り的にお勧めだ。

下拵え

①挽肉を常温に戻しておく

ハンバーグと同じである。基本的に肉ダネはハンバーグと同じ作り方でOKだ。

脂が冷えたままでは肉と混じり合わない。

②にんにく

おろし金ですりおろす。

面倒ならばチューブ品でもOK

③たまねぎ

フードプロセッサーで粉々にする。

ペースト状にする必要はない。

包丁でも出来るが、自炊するのならばフードプロセッサーは買っておいて損はない。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200322233302j:plain

山本電気 マルチフードプロセッサー MB-MM56SL シルバー 道場六三郎監修 フープロ ステンレスボウル 静か 氷 冷凍 山芋 離乳食 パン生地 スープ スムージー みじん切り ミンチ ハンバーグ 時短 日本製 MBMM56SL

 

④ピーマン

まずは半分に切る。

ヘタ、ワタ、種を綺麗に取り除く。

白い部分は全部除去して良い。

調理スタート

①たまねぎを炒める

フライパンにサラダ油をひき、みじん切りにしたたまねぎを弱火で炒る。

水分が抜けて飴色になったら火を止め、別皿に移して常温で冷ます。 

②ピーマンの内側に小麦粉

肉ダネとピーマンが剥がれない様にする為に、ピーマンの内側に小麦粉を振りかける。

片栗粉でも代用できる。

茶こしで振りかけてもよいが、こんな便利グッズも存在していたりするので紹介。

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20200322233302j:plain

粉糖ふり器 粉ふるい器 小麦粉ふりふりストッカー ( 粉糖ふり 粉糖振り 製菓道具 お菓子作り 調理器具 便利グッズ キッチングッズ ) 【3980円以上送料無料】

 

③溶き卵、牛乳、パン粉を合体

ボウルにこの3つを入れて混ぜる。

④肉ダネを捏ねる

上のボウルに、すりおろしにんにく、合挽き肉、飴色たまねぎ、塩、胡椒を加えて、丁寧に捏ねる。手で捏ねる場合は水流で手のひらを十分に冷やしてから。木べらを使えばグッド。

⑤ピーマンに肉ダネを詰める

中に空気が残らない様にしっかりと。

ハンバーグとは違って、ピーマンという土台があるので簡単な筈だ。 

肉面は水平にしよう。その方が焼き行程で綺麗に焼き目が付く。

⑥焼き行程

たまねぎを炒めたフライパンを使う。油が足りなければサラダ油を追加。

中火でフライパンが温まったら、肉面を下にして焼いていく。詰め行程以外で、ピーマン内の肉をいじるのはNG。剥がれやすくなってしまう。

時間は2分が目安だろう。肉面にやや強めの焼き焦げが付いている頃合い。

ひっくり返して、ピーマン面を下に。焼き目が不十分でも焼面を戻さない様に。

フライパンにフタをして、弱火で8分ほど蒸し焼きにする。

肉の中心部まで火が通っているかの焼き加減の確認だが、調理用温度計は(肉詰めが崩れるので)使えない。オーソドックスに串を刺す方法でいく。出てきた汁が透明ならばOK。もしも濁っていたら再び蒸し焼きし、再確認。

⑦ソースを作る

ピーマンの肉詰めを皿に移した後、フライパンに残った肉汁を用いてソースを作る。順番は本みりん⇒醤油⇒ケチャップとオイスターソース。ケチャップとオイスターソースは好みで量を増減しよう。かき混ぜた後、弱火でひと煮立ちさせて完成。

 

――で、皿に盛り付け完成

参考にしたYouTube

基本的に皆さん、大差ないどころかほぼ同じだった。イメージとしてはハンバーグのガワにピーマンを用いる、そのまんま。 詰める肉の量は割と個性が出ていた。個人的には、あまり肉面が盛り上がる詰め込み具合は好みではない。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

最後に皆さんへ

完全にハンバークの亜流といえよう。

ピーマンの苦味が合わさる事でハンバーグとは別物のご馳走に化けるわけだが、この秀逸なアイデアには感服だ。ピーマンの肉詰め以外にも、肉団子などのアレンジが利くので、ここで紹介した肉ダネは大量に作って冷凍保存しておいても便利だと思う。

コツをまとめると――

ポイントは以下

 

  1. 肉ダネはハンバーグと同じ
  2. ピーマンは丁寧に下拵えする
  3. 接合面には小麦粉か片栗粉
  4. 肉ダネはしっかり詰める
  5. 肉詰め行程以外では余計にいじらない
  6. 蒸し焼きの時間は充分にとる

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆