僕は【戯れ記事《ゴト》遣い】

「戯れ言遣い」ならぬ「戯れ記事遣い」を名乗るブロガーです。 雑記系ですが、読んで損したと憤慨されても困ります。 だってコレは「戯れ言」だから――

ヘッダーPC画像 ヘッダーSP画像
淡雪のマジカルくっきんぐ
  •   
  •   
 — 最 新 記 事 —

【暗号資産(通貨)】戯れ言――ビットコインが初の500万円タッチについて【Bitcoin】

【暗号資産(通貨)】ビットコインが初の500万円タッチについて【Bitcoin】

f:id:ayafumi-rennzaki:20180529140913j:plain

 

さあ、戯れ言 記事 ゴト を始めようか――

 

f:id:ayafumi-rennzaki:20210209203115j:plain

未だに仮想通貨と呼ぶ者達

日本での名称は「暗号資産」、そして国際的には「暗号通貨」――その実相は革新的な「デジタル・ゴールド」にして、正体はブロックチェーン技術の一端だ。

 

暗号通貨(国際的な認識・名称をここでは優先する)の事を否定する分には各々の見解だから、まあ、別にどうでもいいのだが、仮想通貨なる間違った意訳を未だに呼称している者が日本には多い様に見受けられる。前提として仮想通貨じゃないっての(苦笑

 

仮想通貨という間違った呼び方をして「仮想だから実在しない」とか否定する者が、実は職場にも数名いるのだ。仮想だから云々もなにも、ビットコインは暗号通貨であり仮想通貨ではないのだから「仮想とかンな事を言われてもなぁ」という感じである。

 

ヤフコメでも目立つ。

暗号通貨を何故か仮想通貨と間違って呼ぶ人達。

というか、ヤフコメだとビットコイン以外のアルトコインの記事になると、コメントが激減する哀しさ。おそらく悲しい程に理解していない。彼等にとって仮想通貨=ビットコインであり、ビットコインは電子マネーだと激しく勘違いしている。

暴落したら損するから「今の内に」手持ちの仮想通貨を売れ売れと職場の人達が言ってくる

正確な枚数は、職場の人達には言っていない。

アルトコインは別のコイン(イーサリアム等)でフェイクを入れているし。

実際はビットコインを0.8枚、ビットコインキャッシュを1.6枚、リップルを3300枚、モナーコインは忘れた(笑

モナーコインは1600円で高掴みして塩漬け状態なので、もう興味がないのだ。一部の利確で原資は抜いている。

ビットコインキャッシュも8万円の時に買ったから、含み損。こちらは「基軸通貨がビットコインからビットコインキャッシュに替わる疑惑」が出た時に抑えておいた保険(よって1.6枚のみ)だから、別に含み損で沈んだままでも問題なし。

リップルは24円くらいだっけ。当初はリップルが僕にとっての本命で、1XRPが5000円くらいになるのを期待していたんだよなぁ。もうダメっぽいが。

で、メインとなっているビットコインは58万円の時に買っている筈である。

 

確定申告が不要な範囲で利確した分も含めて、総額で90万円使っていない。

 

2017年の頃からホールドしており、その年のバブルを含めて90万円分は充分に「当事者として」暗号通貨を楽しませてもらった。暴騰や暴落といったチャートや暗号通貨関連のニュースは、実際にホルダーでなければ楽しめないだろう。

 

仮にだが今この瞬間、全ての暗号通貨の価値がゼロになったとしても、投資した90万円は楽しめたし、勉強にもなったので、一片たりとも後悔はしないと断言できる。

 

ただ職場の一部の人間がウルサイんだよ(苦笑

200万円になった時

「下がったら損するから、売れ売れ」

「200万円が天井だ」

300万円になった時

「下がったら損するから、売れ売れ」

「300万円が天井だ」

400万円になった時

「下がったら損するから、売れ売れ」

「400万円が天井だ」

 

200万円から下げた時

「ほら、売っておけば良かったのに」

300万円から下げた時

「ほら、売っておけば良かったのに」

400万円から下げた時

「ほら、売っておけば良かったのに」

 

今日も言われたよ

「500万円が天井で、ここから暴落するかもしれないから、今こそ売れ」

 

ちなみに、その連中ってビットコイン以外の暗号通貨を知らないし、ライトニングネットワークどころかブロックチェーンすら知らない。ビットコイン=よく解らない電子マネーだと思っている。

よく解っていないどころか、色々と誤解しているのに「下がったら損するから売れ売れ」と口を出してくる、不思議な連中だ。お猿さんなのかな?

 

取引所の手数料、キャピタルゲインに対する課税と確定申告の手間暇を考えたら、細かく回転させるメリットは希薄だと説明しても、理解して貰えない。しかも損益通算できない可能性が高い様だ。素人は現物ホールド一択だろう。

仮に250万円の時に1ビットを売って、そのまま買い戻さなけば、400万円が底である今だと150万円の損(機会損失)になるのだが。

というか、0.8ビットコインをフィアット(しかも日本円)に戻す必要性が、今の僕には経済的に皆無だと説明しても、売れ売れという連中は「暴落したら損をするぞ」と思考停止している不思議。

 

別にゼロになっても何も困らないし前途した通りに初期投資分は楽しめたから後悔しないが、10年後に5000万円以上の値に上がっていたら、400万円~500万円程度の時点でビットコインを手放した事を激しく後悔するのは確実だろう。

 

人生、楽しんだ者の勝ちである。

ビットコインはその楽しみの1つだ。

 

スポンサーリンク

 

常に課税が約半分と嘘つく人達

これはネットで散見できる。

まるで「少しでも利益が出たら、その半分が税金でもっていかれる」とミスリードするのだ。おそらく故意に嘘(デマ)を流布している。

 

雑所得扱いで、その他の収入との合算で累進課税になるだけだ。

 

最大税率を取られる利益だと4000万円の利確とかになるだろうし、金に困っていなければ、月10万円の利確(年で120万円)とかに抑えれば、税金なんてそんなに掛からない筈。年195万円以下、年330万円以下の利確が節税のラインか。

 

というか、デイトレやスイングトレードだったら、株やった方が良いだろう。

10年単位の長期ホールドすれば、最低で1ビットコイン2500万円、予想だと5000万円、夢の値で1億円になる可能性が高いというのがビットコインの強みだ。

 

僕の場合はビットコインのみで考えて、0.8枚だから10年後に1ビットコイン5000万円で4000万円分の資産、1億円で8000万円分の資産、これをホールドするだけで得られるかもしれないという夢を楽しめる。宝くじより現実的だ。

今からビットコインがゼロ円になっても、1ビットコイン500万円換算で余剰資金400万円が消えただけ。10年後に8000万円に成長するかもしれないのだから、400万円時点で霧散しても、まあ、それはそれだよねっていう。

 

というか、全世界で僅かに2100万枚(ロスト分を加味すると実際は1600万枚)しか存在しない超レアアイテムがビットコインだ。

 

東京オリンピックの記念硬貨よりもコレクター的な価値があると思うので、金に困らない限りフィアットに代えるなんて勿体ない真似はしないつもり。

日本の「なんとかpay」のダサさ

「なんとかpay」が多過ぎである。

せめて国内で規格を統一してくれ。

 

暗号通貨は日本以外では続々とプラットフォームが整備されていっているが、日本で流行っている「なんとかpay」は何なの?

スマホでアプリを起動⇒QRコード類を表示⇒専用機器にスキャン

全く便利じゃないんだが。

ってか、めっちゃアナログチックだ。

IT感が希薄にも程がある。

 

これは2017年の頃から周囲に言っているが、今のスマホでのQRコード決済って、喩えるのならば「スマホが普及する前のポケベル」みたいなものだ。

実際、画面にQRコード表示させてバーコードスキャンって、ポケベル並にアナログ。

 

これも暗号通貨の技術進歩およびプラットフォームの普及に従って、ウォレット間での瞬間送金・瞬間決済になっていくと予想する。

 

基軸通貨であるビットコインではなく、日常生活での決済用にアルトコインが生き残るとは思うけれど。僕もその時には、手持ちのビットコインは資産として弄らずに、日本円を決済用の暗号通貨に替えるだけだ。

 

世界(下手すれば日本だけQRコード支払いに取り残される)の電子マネーが暗号通貨で行われる真のキャッシュレス時代がいつになるのかは、僕なんかには分からないが、1つだけ言えるのは、まさか2021年2月にビットコインが「予想より遥に早く」500万円にタッチするなんて夢にも思っていなかった(笑

 

マジな話をすると、実際に気にしているのは、各コインのチャートよりも暗号通貨市場の時価総額なんだけどね。

 

管理人による電子書籍はコチラ。

◆配信電子ストア◆